サイトトップへ

更新情報

検索する

MisiaのLiveは私を放心状態にする


Updated:2002/01/14
Released:2001/01/04

本稿は2000年5月発行のスクランブルエッグ第11号に掲載された記事を加筆したものです。本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
written by 岡田隆志 © Copyright(c)2000-2008 Takashi Okada

Misia『THE TOUR OF MISIA 1999-2000』のツアー最終日となる1月30日、横浜アリーナへ行ってきた。9号に「ライブに行かなくても十分すぎるほど満足感を得られる」と書いたものの、2000年元旦発売のアルバム『LOVE IS THE MESSAGE』の最後に入っているライブ収録曲「LOVIN' YOU」を聴いたら無性に生のライブが見たくなってしまった。

始まる前から私の心臓の鼓動は高まるばかり。何をそんなに高ぶる必要があるのだろう、と自問自答しながら開演時刻を待つ。予定時刻を30分弱過ぎたあたりで、ハイトーンのイントロで「K.I.T」が始まった。いきなり鳥肌が立つ。なじみ深い1stアルバムのメドレーで観客を魅了する。息つく間もないダンスビートがアリーナを興奮の渦につつみ込む。

ステージが始まって度肝を抜かれたのは、CDとまったく変わることのないボーカルのクオリティだ。CDで聴き込んだ声や歌が寸分違わずステージで再現されている。ライブではボロが出てくるものだが、彼女の声はCDに吹き込まれた時点でかなり磨き抜かれ、完成されていたのだということが確認できた。

中間部でやや長めのMCコーナー。彼女のステージでのしゃべり声はふだんのラジオ(※1)とは違い、トーンが高いのはテンションの高さを証明するものだが、このあたりでようやく落ち着いたようで、ほっとする瞬間だった。そして曲は2ndアルバム中心になっていく。
(※1)J-WAVE ACROSS THE VIEW「Misia's SISTA'S SOUL」(毎週金曜20時~21時30分) 。2000年10月~2001年9月毎週土曜24時~24時55分

衣装が変わってからの2部の前半はバラッド系。そのクライマックスともいえる「忘れない日々」の朗々と歌い上げる声の響きになぜか涙腺が緩んでしまう。曲間の長いブレイクのあとアップテンポに変化し、ステージはクライマックスに突入。私はこのあたりからやや放心状態気味。批評家、業界人ぽい冷静さはもうなくなっていた。ただたた曲に、声に、ステージに溺れるだけ。

いつの間にか私の大好きな「Never gonna cry!」で本編は幕を閉じる。「BELIEVE」「陽のあたる場所」「つつみ込むように…」のシングル3連発のアンコールに客席は大盛り上がり。ダブルアンコールもあり、横浜アリーナに来たファンは大満足だったにちがいない。

以上が、ライブに行っていない人のことを配慮した、客観的事実も含めたライブレポートである。

私は9号の最後に「(Misiaのアルバムは)今後の執筆・編集活動に大きな影響を及ぼすだろう」と書いた。そう書いたことはすっかり忘れていたのだが、このライブを見て当時受けたショックと同じ、いや、それ以上のショックを受けてしまった。

私はミュージシャンをやっていたせいか、歌詞(言葉)は最後のほうに入ってくる。歌詞が日本語であろうと、声の響きやグルーブ感を先に感じる。いっぽうで今の私は何かを表現するために文字(言葉)を選んでいる。

Misiaのライブで、この矛盾を突きつけられるとは思ってもみなかった。「音楽の前では言葉は無力だ」――放心状態になりながら、このライブで感じたことをなんとかして言葉として焼きつけたい野望をMisiaは次々と粉々に打ち砕いていく。

冷静な観察力をなくしたわけではない。彼女の身体の動きから見て、本質的には8ビートの人だということを確認できたし、客層が必ずしも洋楽16ビートを求めているわけでもないこともわかった。徐々に歌謡曲に寄っている曲調に個人的には不満を持ちつつも、彼女のライブの歌声はアルバム以上に完璧で、その凄さが次第に私から批評精神を奪っていくのだ。

このツアーのテーマは「LOVE IS THE MESSAGE」だ。私には歌詞のなかの「LOVE」はよくわからないが、彼女の持つ声の響き、その豊かさ、美しさはまちがいなく彼女の内面から発せられたものであると感じている。あんなに広い会場なのに、1対1でいる錯覚を覚えるほどストレートに彼女の「VOICE」によるメッセージは私には伝わった、とここで高らかに言っておきたい。Misiaが好きでライブ未経験の人は次回はぜひとも見ておくことをおすすめする。

●曲目リスト(2000.1.30横浜アリーナ)

  1. K.I.T
  2. Tell me
  3. I'm over here
  4. 小さな恋
  5. Key Of Love
  6. sweetness
    ~はがき紹介~
  7. 愛しい人
  8. アツイナミダ
  9. キスして抱きしめて
    ~衣装替え~
  10. 星の降る丘
  11. 忘れない日々
  12. INTO THE LIGHT
  13. THE GLORY DAY
  14. Never Gonna Cry!
    ~アンコール~
  15. BELIEVE
  16. 陽のあたる場所
  17. つつみ込むように・・・
  18. One!
  19. It's just love

※このライブはDVD『MISIA LOVE IS THE MESSAGE THE TOUR OF MISIA 1999-2000』に収録されている。

●関連サイト

[この記事の先頭へ]

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

通信販売のご案内
カンタン予約ページ
バックナンバー一覧

第12号

11号目次
半年で10kgやせるための2つの原則
大谷みつほ、ミュージカル「小公子セディ」に出演
浜崎あゆみ、椎名林檎だけではない!~本誌登場アーチストインデックス
Editor's Eye~MisiaのLiveは私を放心状態にする

第10号
第9号
第8号
第7号