サイトトップへ

更新情報

検索する

AKB48第5回じゃんけん大会レポート(1) 優勝者・渡辺美優紀囲みインタビュー


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

「AKB48グループ じゃんけん大会~拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦」が行われ、渡辺美優紀さん(NMB48/SKE48兼任)が優勝し、ソロデビューが決定しました。本記事は優勝決定直後のメディア向け囲みインタビューの様子をお届けします。(2014年9月17日 日本武道館)

渡辺美優紀 Photo
渡辺美優紀 1993年9月19日生まれ、奈良県出身 155cm 血液型B型。
NMB48チームBII、SKE48チームS

★「無欲! 無欲!」

――おめでとうございます。
「ありがとうございます」
――まず、率直な感想を聞かせてください。
「本当にじゃんけんは今まで弱い人生だったので、本当に実感とかなくて、ファンのみなさんにソロデビューという形で恩返しできることがすごくうれしいし、一人というのがちょっと不安なので、みなさんにささえてもらいながら頑張りたいと思います」
――予選から勝ちあがって1位は初めてですね。
「こんなに勝ったのが初めてです」
――じゃんけんに勝つ秘訣はどんなところにありますか?
「今回は予選のときに電話でじゃんけんしたので、そのときにまったくの無欲で、『負けてもいいや』と思いながらやったら3回も勝って、気づいたら武道館にたどりついてたので、本戦も無欲で何も考えずに笑顔でにこにこしながらやったら優勝しちゃいました」
――最後まで無欲でいられたんですか?
「『無欲!無欲!無欲!無欲!』って思い続けました。勝ちたいと思わないようにして」

渡辺美優紀

★かわいらしさを伝えるのには自信があります

――ソロデビューですが、どんな曲を歌いたいですか?
「かわいらしさを伝えるのには自信があるので、かわいいのがいいなって思うんですけど、秋元先生が私がいちばん輝ける曲をくださると思うので、どんな曲でも楽しみにしたいと思います」
――今日の衣装はわるきー?
「これは『うる星やつら』のラムちゃん風わるきーなんですけど、こんな感じでわるきーのしっぽがついてて、かわいいなって思います」
――かわいい系とわるい系だと?
「あー、どっちも魅力的ですよね。わるきーのファンの方もいてくれてるし、みるきーのファンの方もいてくれてるので、どっちも好きです」
――両方入れ込んだ曲にしてほしいと?
「えー? どうなんでしょう。私は自分ではかわいいのがいいなとは思ってます」
――タイトルをつけるなら?
「タイトル?難しいなぁ……タイトル『超絶かわいいみるきー』(苦笑)」
――売れますかね?
「ちょっとセンスが……今のはなかったことに。秋元先生のすばらしいセンスで」
――わるきーが前面に出た曲となったらどんな曲に?
「わるきーが前面に出た『わるきー』ってタイトルの私のはじめてのソロ曲があるので、それは筋肉をさわらせてよ、おねだりしてかわいらしいわるきーなので、私、ちゃぷちゃぷとかも言っているので、ちゃぷちゃぷでもいいですし、なんでもかわいくしちゃいます」

渡辺美優紀
優勝者の椅子に座ったところです

――AKBで積み上げてきた記録を個人で引っ張っていかなきゃいけないんですけど……。
「そうですね、じゃんけん大会でソロデビューははじめてなので」
――プレッシャーはないですか?
「めっちゃありますよ。みんな聞いてくれるかな、とか思うので、ここにいてくださってるみなさんは、私のファーストソロデビュー曲をぜひ聞いてください。お願いします」
――まず記者からですか?
「はい。(インタビューされているテレビ局の)みなさんもです」
――これもおねだりなんですか?
「かもしれないです。買ってくださいますか?」
――このあとなんですけど、どなたに優勝の報告をしますか?
「おかあさんです。たぶんすごく喜んでくれてると思います。泣いちゃうぐらい喜んでくれてるんじゃないかなと想像してます」
――ソロの歌手というのは夢だったんですか?
「ソロでされているアイドルの方とか、松浦亜弥さんとか本当にすごく尊敬しているので、そんな風になるのが夢だったので、きらきら輝けるソロのアイドルをできるようにここで頑張ります」
――次のシングルの選抜も発表されました。
「うれしいです。たくさんいて若い子とか新しいメンバーもたくさん入ってて、ダブルセンターがまゆゆさんと宮脇咲良ちゃんだったり、また新しいAKB48が見られるんじゃないかなと思って、私も楽しみです」

渡辺美優紀
優勝の瞬間

――総選挙では選抜に漏れてしまって返り咲きという形になりましたが。
「そのときにファンのみなさんに何かこのままではだめだなと思って、何か絶対に恩返ししたいという気持ちを持って今までやってきたので、じゃんけんで自分でソロデビューをつかめたことがすごくみなさんに恩返しできるんじゃないかなと思って本当にうれしかったです」
――スピーチのときにもおっしゃってましたが。
「それが一番です。本当にみるきーコールをしてくださって、すごい胸に響いて感動したし、メンバーが『おめでとう、頑張ってね』って言ってくれて気持ちが伝わってきて、頑張らなきゃって思いました」
――優勝できるかも、と思った瞬間はありました?
「まったく1回も思わなくって、決勝のときにこじはるさんを目の前にして、『え? 負けてもいいや』って思っちゃって自分でも驚きました。本当にこれは八百長じゃないんです! ちょっと意地悪書かないでくださいね。ガチで自分でびっくりしました」
――AKB48グループでソロデビューをした方が8人ぐらいいて、その方と並ぶわけですが。
「そんなに歌がうまいほうではないので、ぜひみなさんに教えていただきたいし、でもかわいさでは負けないので、それは期待してください」

渡辺美優紀
優勝が決まり、客席から「みるきー」コールを受けたときの表情

――NMB48からソロデビューをするのは初めてですけど、そのあたりはどう感じていますか?
「まさか自分がはじめてのNMB48からのソロデビューだと思わなくって、さや姉がシンガーソングライターの夢を持ってて、私もアイドルとしてぶりぶりなアイドルとしてソロデビューしたいなと思ってたんですけど、やっぱりすばらしい歌唱力のあるさや姉が隣にいるのであんまり言えなかったんですけど、でもこういう形で自分でじゃんけんで勝ってソロデビューができて本当に夢みたいなんですけど、ちゃんとそれを現実にみなさんに笑顔を届けえられるように頑張りたいと思います」
――今まで追い風も向かい風もあると思うんですけど、『やっと』という言葉が印象に残ってますが、ファンの前でこれを成し遂げたいというのはありますか?
「ファンのみなさんがソロデビューしてほしいとか、センターに立ってほしいとか、そういう気持ちが伝わってきてて、私もあきらめたくなかったので、絶対にいい楽曲にしたいし、今まで以上に愛されるAKB48にもしていきたいし、私で良かったなって言ってもらえるように頑張りたいと思います」
――選挙で今年はランクを落として苦しい分もあったと思うんですが、こうして自分を運を掴み取ったということについてはどう思いますか?
「でもこれは絶対に自分一人の力じゃないと思ってて、本当にたくさんのファンのみなさんの力だったり、応援してくださるスタッフのみなさん、メンバーのみんなからパワーをもらって優勝できたと思うので、感謝の気持ちを忘れずに100%の力を出していきたいと思います」
――今日のじゃんけん大会に臨むに当たり、特別な願かけとか、勝負パンツできたりとかしましたか?
「勝負パンツ? ふつうのパンツはいてきたし、何も今日までに特別なことをしたことがなかったので、本当に無欲の勝利だったので特になにもなかったです」
――20歳を振り返ってファンの方に。
「もうすぐNMB48デビュー4年目になりますし、自分もあさってに21歳の誕生日を迎えるので、私にとってもファンのみなさんにとっても最高のプレゼントをお届けできるように精一杯頑張っていきたいと思いますので、みなさん応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

シングルの発売日は未定ですが、今後の彼女の活躍にご期待ください。(撮影・取材 岡田)

渡辺美優紀
渡辺美優紀優勝のお祝いに駆けつけるNMB48の小谷里歩(左)、山本彩(右)

cover AKB48 タイトル未定 Type-I(仮)(多売絵柄生写真付き)
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日

※本シングルはじゃんけんシングルではありません。
cover Type II(仮)
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日
cover Type III(仮)
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日
cover Type IV(仮)
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日

・AmazonでAKB48をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.