サイトトップへ

更新情報

検索する

AKB48チーム8 劇場公演後インタビュー(7)【岡部麟、佐藤七海】


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

ご好評いただいているAKB48チーム8『PARTYが始まるよ』劇場公演後インタビューシリーズ第7弾は茨城県代表・岡部麟さんと、岩手県代表・佐藤七海さんです。(2014年11月24日 AKB48劇場)

佐藤七海、岡部麟
左より佐藤七海、岡部麟

『PARTYが始まるよ』公演について

――公演を何回もやってきて、自分なりの楽しみ方、見せ方が最初と比べたら変わってきたんじゃないかと思うんです。どんな風に変わってきていますか?
岡部麟「MCを任されていたので、最初のころはMCのことで頭がいっぱいで、踊りながらMCのことを考えたりしてたんですけど、最近は、みんなもMCに慣れてきて、突っ込んだりもしてくれるので、ダンスにもすごく集中できるし、アイコンタクトしながらパフォーマンスができるようになりました」
――最近公演ではいつも笑ってますね。
岡部麟「見てくれる人がニコッてしてくれるんですよ。つられてニコッてしちゃうんです」
――ななみんはどうですか?
佐藤七海「最初は踊りを頑張らなきゃとか、精一杯やらなきゃ、って思ってたんですけど、最近はお客さんを楽しませようって思ってきてて、自分が楽しむだけじゃなくて、来てくださる人に楽しんでもらえるように手拍子する振りだったら、手を前に出したりとか、特に『AKB48』は本当に盛り上がってくれるので、指さしとか頑張ってます」

佐藤七海
佐藤七海(さとう・ななみ)2000年1月19日生まれ、岩手県出身、中学3年生。ニックネーム:ななみん

目が合った人が恋人です

――それぞれのユニット曲について聞かせてください。
佐藤七海「『クラスメイト』でゆいゆい(小栗有以)と手をつないで出てくるじゃないですか。あれを恋人つなぎにしました。あと、ゆいゆいと目を合わせるときは手をぎゅっとしたり、ゆっくりの曲だから人の目を見たり」
――ゆっくりだからこそリズムの取り方が難しくないですか?
佐藤七海「16ビートでリズムを取るのがすごく難しくてできなくて大変だったんですけど、今はもう慣れてできるようになりました」
――岡部さんは『あなたとクリスマスイブ』です。
岡部麟「あなクリは振りがないから、自分の感情を自分で考えてやるんですけど、そういう振りをひだあやちゃん(左伴彩佳)と一緒に考えて、どうやって見せようかってリハーサルでいつも話し合ってるんですけど、最近はお客さんを見て、本当の恋人同士の曲だから、目があった人は恋人だと思っていいんですよ!って感じでやってます(笑)」
――それMCで言えば盛り上がるのにね(笑)。
岡部麟「それをあまり言える機会がないんですよ」

岡部麟
岡部麟(おかべ・りん)1996年11月7日生まれ、茨城県出身。ニックネーム:(公式は)おりん、りんちゃん(ですが、最近は「りんりん」と言われることが多いです)

「前田敦子です」

――基本的な質問で申し訳ないんですけど、名前の由来を教えてもらえますか?
岡部麟「『りんとした』子になってほしいところから来たそうなんですけど、全然なれなかった(笑)。期待はずれ(笑)」
佐藤七海「私は七つの海って字じゃないですか。7つの海って世界の海の意味らしくて、世界の海くらい大きな心を持ってほしいという意味だそうです」
――岡部さんの声が前田敦子さんの声に似てるって言われたのはいつからなんですか?
岡部麟「プリウスのCMの発表会のときに、リハーサルのときには何も話さなかったのに、本番で話を振られて、よし、しゃべるぞと思ったときに、いきなり指原さんに(前田敦子さんの声に)似てるって言われて『えー?』ってなりました」
――似てると言われてどうですか?
岡部麟「入ったときは雰囲気が似てると言われたことはあったんですけど、声を言われたのは初めでだったから、『いや、うそでしょ』って思って」
――ものまねとかしないんですか?
岡部麟「それがいやだ(笑)。しませ~ん」
――ってその声が似てるんですけど(笑)。
佐藤七海「やってみて」
岡部麟「前田敦子です」
佐藤七海「似てる~」
――ほら(笑)。※音声なくてすみません。公演MCや握手会などで確認してください。

岡部麟
岡部麟(2014年8月6日撮影)

佐藤七海
佐藤七海(2014年8月6日撮影)

『制服の羽根』紹介と全国ツアーの意気込み

――『制服の羽根』のおすすめポイントを教えてください。
岡部麟「ひとつめは隣の人と8(エイト)ポーズを作ることです。そこをファンの人が隣の人とやってくれたら(『47の素敵な街へ』の)“♪笑顔の輪”みたいになれるのにって思います。あとは歌詞と振りが一致していて、かわいい振りがいっぱいあるから、そういうところを見てもらいたいです」
佐藤七海「衣装では帽子のところにタイヤがついててかわいいんですよ。胸のバッヂが県の形になってます。一人一人少しずつ違ってて、リボンとかネクタイとかいろいろです」

――全国ツアーに向けて意気込みを聞かせてください。
佐藤七海「16人で回るんですけど、関東・東北メンバーと山梨でやるんですけど、関東・東北メンバーが大好きなので、一緒にできることだけで幸せなんですけど、いっぱい曲もやる予定ですし、まだ何もリハーサルをやっていないから不安でいっぱいなんですけど、みんなが楽しんでくれるんだろうなぁ、と考えたり、先輩たちのコンサートの動画を見てたりすると興奮してくるし、ユニット曲が楽しみですね」
岡部麟「たぶんユニット曲がその人のイメージに合っててこの人の個性や魅力を出せるんじゃないかっていう気がしているので、そこは一番楽しみです。あとは先輩たちの盛り上がる曲もやるから本当に楽しみだし、会場のある県ごとになんか違う演出ができたらいいんじゃなかなって思っています」

全国ツアー、楽しみですね。(撮影・取材 岡田)
・AKB48 Team 8単独全国ツアー情報 (出演メンバー)
・TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー チケット先行発売のお知らせ

佐藤七海、岡部麟
これが「制服の羽根」の振り付けに出てくる「新8ポーズ」だそうです。

cover 希望的リフレイン Type-IV(仮)初回限定盤
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日
cover 希望的リフレイン Type-D 通常盤
キングレコード
1,646円(税込)
CD+DVD
2014年11月26日

・AmazonでAKB48をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.