サイトトップへ

更新情報

検索する

島田晴香(AKB48)PHOTOBOOK『そんな生き方』発売記念イベント


   Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2018 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

2017年にAKB48を卒業した島田晴香さんが卒業記念に出版したPHOTOBOOK『そんな生き方』(竹書房)発売記念イベントが行われたのでその様子をレポートします。(2017年11月10日 福家書店新宿サブナード店)

島田晴香
島田晴香プロフィール 1992年12月16日生まれ、静岡県出身 161cm 血液型B型

――フォトブックが出来上がってみて手にした感想を聞かせてください。
「めっちゃかわいいです。たぶんAKB48で見せたことのない表情とかたくさんあったり、AKB48でグラビアをやる担当ではなかったので、レアなお尻とか胸とか、いろんなカットを見れるので、とてもきれいに撮っていただいてお気に入りの1冊になりました」
――どういったコンセプトで作られたんですか?
「AKBで選抜さんはよく(フォトブックや写真集を)出されたりするんですけど、非選抜としてAKBの表も裏もいろいろ見てきたので、そういう非選抜メンバーの思いとかもいろんな方に知っていただきたいなと思って、スタッフさんにご相談させていただいて出すことになりました」

島田晴香お気に入りカット1島田晴香お気に入りカット2
島田晴香お気に入りページ(2枚目は新橋で撮影)

もうひとつのお気に入りは「新橋」で撮影

――お気に入りのショットは永尾まりやさんとかぶった(壁ブラの)写真だそうですが、永尾さんと比べてどうですか?
「いや、永尾さんには勝てないですよ、セクシーさでは」
――セクシーポーズとかは?
「やりましたけど、慣れてないのが丸分かりというか、やっぱり、永尾の写真集も買ったんですけど、色気では勝てないですね(笑)。でも自分なりに25歳にもなるので、大人っぽい表情とかもやりましたし、勝負というよりかは、逆にポーズが被ったのが同期だし、運命的なものを感じました」
――それは相談なく?
「もう、本当に。見てびっくりして。え?みたいな。考えてること同じやん、みたいな」
――撮影期間はどのぐらいだったんですか?
「2日間です」
――どちらで撮ったんですか?
「撮影場所は、新橋とか(笑)。お気に入りのショットがもうひとつありまして、これ、新橋です。寄ればね、パリも新橋も変わらないと思っているので。これお気に入りですね。メンバーからも『これどこで撮ったの? イタリア?』みたいに言われ、『いや。汐留』みたいな。メンバーには『え?海外じゃないの?』っていう風にめっちゃ言われて」

島田晴香
こういう取材ではよくある「前かがみ」のポーズも照れながらもしてくれました。

下着のショットは見てほしい

――面白かったショットとか恥ずかしかったとかありますか?
「私、グラビアをあまりやったことがなかったので、今回、水着じゃなくて下着がメインなんですけど、下着になることも撮られることにも慣れてないので、ずっといろんなかわいい子たちの写真集を見て、表情とか勉強して。あとは、Googleとかで、『モデル 下着』で検索して表情とかポーズとか真似してたりして、そこは結構試行錯誤しましたね。下着のショットは見てほしいですね」
――それは過激なんですか?
「過激な部分もありますし、朝起きて寝起きっぽい感じで撮った写真もありますし、幅広くあるので見ていただければ」
――水着じゃなくて下着を選んだのには意味があるんですか?
「水着って、(グラビアや生写真を)見たことはファンの方も見たことはあるんでしょうけど、25歳にもなる1人の女性として女性らしい一面を見せるってなったときに下着のほうが、下着の華奢感とかレースとか、水着にはない魅力的な部分が下着にはあるので、それで女性らしさが出ればいいなと思って下着だけにしました」
――点数をつけたら何点ぐらいでしょう?
「写真も文章もですし、まわりのスタッフさんも協力してくれたので、私は100点満点中100点で。最初で最後なので悔いのない1冊になりました」
――メンバーの反響もあると思うんですけど、同期の島崎遥香さんは何か言ってましたか?
「ぱるちゃんには発売前に渡してたので、感想を聞いたら、私、ぱるるってスキップできないイメージだったんですよ。スキップできない軍団の中にいたと思ってたら、『私、スキップいちばん出来るんだけど』って(ぱるるに)怒られて。『私一番自慢できるのスキップなんだけど』ってなって、『ごめん、これ囲み取材のときに訂正しておくね』って言ったら『訂正しといて』って言われました。ぱるるのことが結構出てくるので『私のこと好きすぎやろ』って言われました。読んで感動してくれたみたいで、うれしかったです」
――大場さんは?
「美奈にはまだ渡せてなくて、横山には渡すことができたんですけど、横山は帰り、同じ車だったんですけど、暗い中で自分で携帯でライトをつけて本文を読んでくれてて、まだ読んでる途中だったので、感想を聞けてないんですけど、そこまでして読もうとしてくれてる姿勢を見てうれしいなと思って。感想は明日に会うので聞きたいと思います」
――チームKのキャプテンの峯岸さんは?
「みぃちゃんは『これ本当に島田?』って言われて。『私ですよ』って。みぃちゃんも竹書房さんから先に出されてたので相談とかしてたんですよ。どういう風にすればいいのかなって。私には初めてのことだったので、みぃちゃんは、(出来上がった本の中身も)見てくれて、『このとき、こういう風に島田、思ってたんだ。全然気づかなかった』って言ってくれたり、(村山)彩希とかこじまこ(小嶋真子)は『島田さんのセクシーショット見れないです』とか言ってました」

島田晴香画像島田晴香画像

「エロ本じゃないよ!」

「みんなで『これ、エロ本じゃん!』って言ってて(苦笑)。『エロ本じゃないよ!』って。(高橋)朱里とかも『島田さん、エロっ。こんな姿初めて見ました』ってびっくりされたんですけど、みんな『島田さんきれいですね』って言ってくれて、最後の最後頑張って良かったって。プロレスからの撮影だったので、(体重の)絞り期間が短くて頑張ったので」
――過酷なダイエット?
「そうですね。3週間で6キロぐらい落として大変でした。食べ物大好きなので」
――3週間で6キロってどうやって落とすんですか?
「サラダとかブロッコリーとか食べてましたけど、毎日有酸素運動。走ったり、プール行ったりして必ず運動はするようにしてました。でカロリー制限をして、って感じですかね」
――6キロやせてみんな気づいてましたか?
「みぃちゃんや真子に、『顔のパーツが浮き出てきたね』って言われました。埋まってたから(苦笑)。痩せたら顔がこけるじゃないですか。鼻とか目がぱっちりしてきたから、彫りが深くなったね、じゃないですけど、(輪郭が)浮き出てきて、『調子いいじゃん』って言われましたけど、撮影終わってすぐ食べちゃったんで『あれ?戻った?』って言われて。リバウンドすぐしちゃうんで。13日に卒業公演があるんですけど、それに向けてまた絞ってたので。今は結構状態がいいです」
――卒業すると恋愛解禁になりますけど、そちらのほうはどうでしょうか。
「そういう(恋愛してる)自分が想像できなくて、でも自分の中でやりたいこととか、いろいろ休憩したいなという部分があるので、新しい出会いとか新しい土地に行ってみたいなと思っているので、そこでいい出会いがあったらいいなとは思っています」

島田晴香 画像3

一人でフランスの立ち呑みバーで…

――卒業されたらどうしようと思ってらっしゃるんですか?
「8年間頑張ってきていろんなことをここで経験させてもらったので、とりあえずちょっとは休みたいなと思ってて、自分のやりたいことを模索しながら新たな準備をしていこうかなとは思っています」
――フォトブックに入ってた新橋で撮ったシーンが海外で見れるかもしれないですか?
「旅行に行くのが好きで、一人でも結構、日本国内や、一人でニューヨークに行ったりとか、この前もパリとか行ったりしたんですけど、一人でいろんなところに行くのが好きなので、ちょっと休憩をしがてらどこかに行けたらいいなと思ってますし、家族旅行も全然行けてなかったので、家族でどこか行けたらいいなと思っています」
――英語はしゃべれるんでしたっけ?
「しゃべれはしないんですけど、ジェスチャーとかコミュニケーションでどうにでもなるので、パリ行ったときもニューヨークに行ったときもジェスチャーで。一人でフランスに行ったときも一人で立ち呑みバーに行って、隣にいるフランス人の方と何言ってるかわからないまま乾杯したりするぐらい、一人で行けるので、どこの国に行ってもやっていけるんじゃないかなっていう自信はちょっとあります」

お渡し会の様子の画像
お渡し会の様子

結婚について

――女性として結婚願望みたいなものは?
「女性として結婚もしたいです。何歳までにというのはないんですけど、いずれは結婚して、子どもは2人か3人ぐらい欲しいな。でもみんなに『子沢山で、前にも後ろにも子ども抱えてスーパーにいてそう』って言われるんですけど、本当にそういう楽しい家庭を持てたらいいなと思ってます。すごくあこがれがあります」
――結婚が決まったらなんらかの形でファンの方に報告してくれますか?
「そうですね、やっぱり結婚するってなったらなんらかの形で報告できたらいいなとは思ってます」
――今日の衣装について何かこだわりはありますか?
「フォトブックの中にある、自分の私服で、ファンの人にも見つけてほしいなっていうポイントで。今回はフォトブックの中から飛び出してきたよ、って感じです。同じ感じで見てもらえればうれしいなと思って。身近に感じてくれたらいいなと思って選びました。25歳なので、大人っぽい服を着ようと心がけてます、最近。ちょっとレースで大人っぽい感じでピンクっぽい感じで仕上げました」

――あらためて自分で最初から最後まで本文を読み返したときどんな感想を持ちましたか?
「入った頃から8年間の思い出が全部バァっとよみがえってきて、『こういうことあったなぁ、ああいうことあったなぁ』『このときにこういうことあったな』『この子とケンカしたな』とか、すごくいろんな思い出がよみがえってきて、忘れてた思い出も読むことによって思い出した部分もありますし、あ、ここで8年間やってきて良かったなって最後読み終わったとき思いました」

12月3日の島田晴香
最後のフォトブック発売イベント(12月3日 渋谷HMV BOOKS)

後輩やアイドルを知らない人にも読んでほしい

――最後のほうには後輩へのメッセージもありましたけど、言いたいことは伝えきれましたか?
「そうですね。フォトブックには全部伝えたいメッセージも入ってますし、読んでもらえば伝わるかな、って思ってます」
――AKB48やアイドルを知らない人がこの本を読んで、どんな受け止め方をしてもらいたいですか?
「やっぱりアイドルもふつうの人も女の子は女の子なので、繊細だし人それぞれ生き方も違うから、自分らしく無理せず生きるのが一番だよって言いたいです」
――両親には中身は見てもらったんでしょうか。
「パパとママは、買ったって言ってたんですけど、ママはたぶん見てるんですけど、パパがすごい頑固なんですよ。頑固で見ないくせに、全部、フォトブックの告知用の雑誌とか新聞も自分も買って、自分の旅館のデスクに置いてあるのに開いてないらしいです。いつ見てくれるんだろうって思って、今度わざとらしく隣で見てやろうと思ってます」

――今回「そんな生き方」というタイトルですけどAKB48での8年間はどんな生き方でしたか?
「どんな生き方だったんだろう……自分らしい生き方だったと思います。みんなそうだと思いますけど、これから先、誰にも真似できない生き方だったと思うし、一人一人生き方も違うので、私は私らしい生き方でAKB人生を生きてきたと思います」
――自分の卒業公演はどういう風にしていきたいですか?
「麻友さんの卒業コンサートは私いけなかったんですけど、衣装を見たときに、あれほど白が似合う、アイドルって本当にAKBでいうと麻友さんだけなんだなっていうのも思いましたし、そしていろんな後輩から先輩に送り出されている姿を見て、私は13日特別公演という形で私が選んだメンバーに送り出してもらうんですけど、やっぱりメンバーだけじゃなく、スタッフさんとかファンの人にも、『送り出せて良かったな、一歩(背中を)押し出して良かったな』っていうふうに思ってもらえる卒業公演にできたらいいなって思ってます」

SHOWROOM
フォトブック発売記念SHOWROOMスタジオにて。2017年11月9日。村山彩希、小嶋真子と。

写真集カットより(1)写真集カットより(2)
フォトブック『そんな生き方より』

島田晴香卒業公演セットリスト&PHOTO

(2017年11月13日 AKB48劇場)

前座「ウィンブルドンへ連れて行って」(ピンク=久保怜音、青=後藤萌咲、黄=下口ひなな)

M01 転がる石になれ
M02 Virgin love
M03 ALIVE
M04 彼女になれますか?

自己紹介MC(1列目左から)
竹内美宥、島田晴香、横山由依、加藤玲奈、向井地美音
入山杏奈、大場美奈、北原里英、阿部マリア、小嶋菜月、高橋朱里
小嶋真子、田野優花、峯岸みなみ、山内鈴蘭、市川美織

M05 ガラスのI LOVE YOU(島田晴香、竹内美宥、加藤玲奈、向井地美音)
M06 奇跡は間に合わない(島田晴香、横山由依、高橋朱里)
M07 嵐の夜には(島田晴香、北原里英、阿部マリア、小嶋菜月)
M08 思い出のほとんど(島田晴香、大場美奈)
M09 向日葵(島田晴香、入山杏奈、田野優花、山内鈴蘭、市川美織)
M10 心の端のソファー(島田晴香、峯岸みなみ、小嶋真子)

MC(小嶋菜月、北原里英、横山由依、高橋朱里、向井地美音、竹内美宥、加藤玲奈)

M11 真夏のSounds good!
M12 ポニーテールとシュシュ
M13 言い訳Maybe
M14 10年桜
M15 #好きなんだ

MC

M16 あなたがいてくれたなら

―― アンコール ――

E1 前しか向かねえ
E2 強さと弱さの間で

―― MC ――

E3 To be continued.

オフィシャルフォト by (c)AKS

フォトギャラリーがうまく表示されない場合には読み込み直しでください。

島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo 島田晴香卒業公演Photo

島田さんは2017年内をもって芸能界から引退します。今までお疲れさまでした。とともに、彼女がフォトブックを通して残してくれた言葉にも後輩メンバーの方々は参考にしていただければと思います。(イベント撮影・取材 岡田)

島田晴香

cover 島田晴香PHOTOBOOK「そんな生き方」
竹書房
1,944円(税込)
フォトブック
2017年11月10日

AmazonでAKB48の写真集、書籍をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2018 Scramble-Egg Inc.