サイトトップへ

更新情報

検索する

神園さやか2ndシングル『さすらい鴎』発売記念ミニコンサート


  Last Updated: 2004/05/01
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

本サイトRecommended Eggsでもおなじみ、現役高校生演歌歌手、神園さやかさんの新曲『さすらい鴎』の発売(4/21)を記念してミニコンサートが行われました。(2004年4月25日 川崎アゼリア)

神園さやか
今回のバックオーケストラはプチ・アンサンブル・センゾク。
指揮を務める渡部亨氏が主催する洗足学園音楽大学のゼミのメンバーを中心としたグループ。

2003年8月のデビュー曲『初めての人』が青春歌謡だったのに対し、今回の『さすらい鴎』は本格的な歌謡演歌。アンサンブルとの生演奏との息もぴったりで本人は「歌いやすかった」と感想を述べてくれました。

デビューから続いている、神園さやか10万人握手キャンペーンがこの日、6万人目を迎え、記念撮影イベントや、新曲の等身大パネル(ヤフーオークションでかなり高値で落札されたらしい)も抽選でプレゼントという特典がありました。取材陣の私たちも、10万人の一人として握手させていただきました。

photo photo
10万人まであと4万人 抽選で等身大パネルをプレゼント

翌日からも過密なキャンペーンスケジュールで忙しい中、さやかちゃんにお願いして、本サイト読者のために直筆メッセージで新曲『さすらい鴎』の紹介をしていただきました。

直筆メッセージ Photo
  これが「ハイ~ッ!」の決めポーズ
(4/28 東十条ミュージックショップダン)

キャンペーンの合間に少しお話をうかがいました。

――昨年末のレコード大賞新人賞のときは少し緊張してたように見えたけど……。
「もう、すごく緊張してました。今でもあのときどういう風に何したのかほとんど覚えてないんですぅ」

――(直筆メッセージにあるように)今回の曲は江差が舞台なんですね。
「はい。唄い出しのところは江差追分をイメージした部分で、『ヤンサノエー』というのは漁で魚を獲るときに網を上げるときのかけ声なんです」

――江差には行ったことはありますか?
「まだです。札幌から車で6時間ぐらいかかるらしいんですよ。でも早く行きたいです」

ミニフォトアルバム
ここに神園さやかちゃんの写真やツーショット写真を入れておくのが正しい使い方でしょう。
 
 

――ところで、キャンペーンでCDを買うと神園さやか特製フォトアルバム(写真入れ)がもらえるんですね。あれ、すっごく欲しいんですけど。ファンの人にも大好評みたいですよ。
「なくなり次第終わってしまうと思いますので、早く握手しに来てくださいね」

――今後の予定は。
「京都へ行って、ゴールデンウィークは広島で、そのあと大阪です。5/11(火)のNHK歌謡コンサートでは母の日特集なので新曲は歌わないです。5/16(日)のBS日本のうたでは新曲を歌います。ぜひ見てくださいね」

――疲れませんか? 大丈夫ですか。
「疲れてても寝たら直ります。あと、甘いものとか、地方の名産品を食べると元気がでます」

――がんばってください。ところで、昨年のインタビューのときに「8歳のときの私が見てみたい」と言っていたので当時の取材スタッフに調査したところ、発掘してきました(笑)。独占発掘スクープです(笑)。
「わーーーーー。私このとき、おニューの服ですごくうれしかったんです。よく男の子と間違えられていました」

Photo(8歳のときの神園さやか) スクランブルエッグ2号記事
スクープ!これが8歳の神園さやかちゃんだ!
(撮影・Flower Rain)
「スクランブルエッグ」第2号より。
大黒摩季「チョット」を歌っていました。

よく見るとちゃんと面影が残ってますよね。長年地道に取材活動を続けていると、こういう発掘の場面に出くわすことがあるので、なかなかやめられません。神園さやかちゃん同様、スクランブルエッグもよろしくお願いします。(撮影・取材 岡田)

●関連記事
神園さやか3rdシングル「哀愁航路」発売記念秋葉原キャンペーン
Recommended Eggs - 神園さやか
神園さやかスペシャルインタビュー
神園さやか、越谷らぽ~れでデビューキャンペーン
クラウン創立40周年記念ニューアーティストオーディション

●関連サイト
Golden Music HomePage(所属事務所)
神園さやか(日本クラウンサイト内神園さやか情報)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.