サイトトップへ

更新情報

検索する

『st.Doll EXHIBITION Vol.3』ライブイベント


  Last Updated: 2004/11/16
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

本サイト11月後半Recommended Eggsの坂田知美さんが入っているユニット「st.Doll(エスティー・ドール)」の東京での初ライブがありましたので取材してきました。(2004年11月7日 四谷Live Inn Magic)

Photo(st.Doll)
後列左から山口真依、松下絵美子、伊藤麻耶、安田恵美、徳田愛子
前列左から川野永梨香、中村美紀、坂田知美、蜂谷晏海

st.Dollは2003年12月に初ライブを名古屋で行い、2004年8月に2回目のライブ、そして今回の3回目は東京で行うことになり、小学校6年から20歳までの9人編成でダンスや歌を次々と披露してくれました。

今回のステージは全部で13曲。うちオリジナルは4曲。振り付けを覚えるのが大変そうですが、このステージのためにどのぐらい練習したのか聞いてみると、1回5時間、週に1~2回を2ヵ月ぐらい練習したそうで、練習の成果は出ているようで、戸惑ったりする場面はありませんでした。

この日会場で販売していた、坂田知美さんの1stCD「White Bell」(オリジナル曲)のレコーディングには1日7時間・3日かかったとライブで言っていました。歌詞がわかりやすい歌い方をしていた知美ちゃん。レコーディングでは何が難しい?と聞いてみると、「音程を取るのが」と答えていました。

Photo Photo Photo Photo Photo
山口真依(高1)
松下絵美子(中2)
伊藤麻耶(高1)
安田恵美(20歳)
徳田愛子(中1)
Photo Photo Photo Photo  
川野永梨香(小6)
中村美紀(小6)
坂田知美(中3)
蜂谷晏海(小6)
 

彼女たちは名古屋在住なので、トークのときに、ちょっとだけ名古屋弁を話してしまった(ほかの人はほとんど気づいてなかったと思いますが)のに自分で気づいて直したメンバーがいたので、終演後にちょっと突っ込んでみました。

――トークのときに「だもんで」って名古屋弁を言ってたのを直したけど、気をつけてるの?
「はい。けど、言っちゃう(笑)」
――学校では名古屋弁しゃべってるんだよね。
「はい」
――使い分けるのは難しくない?
「難しいです」

と、本音を語ってくれました。

東京のお客さんはノリがいいそうで、ライブを楽しくできたそうですが、終演して取材が終わったら最終ののぞみに間に合いそうにもなかったので、「どうやって名古屋に帰るの?」と聞いてみたら、「バスで」という返事。翌日月曜日には学校がある人がほとんどで、なかには宿題をやってなくて怒られると嘆いていた子もいました(笑)。

また東京に来られるように活躍を期待しています。オフィシャルサイトにメンバーたちの感想が掲載されています。なお、この日発売された坂田知美「White Bell」(c/w Hapi♥Hapi Birthday)はオフィシャルサイトで通信販売しています。知美ちゃんは翌週にはまた上京し、千葉県のマザー牧場で「CS発!美少女箱」のロケに参加しました。(撮影・取材 岡田)

Photo
Photo

st.Doll EXHIBITION Vol.3 曲目リスト
1.mind
2.true blie
3.Summer Rain
4.HANABI
5.手を握って歩きたい
6.White Bell
7.Hapi ♥ Hapi Birthday
8.BRAVO MONSIEUR LE MONDE
9.愛のために
10.Get Happy
11.Don't wanna cry
12.BEFORE DAWN
13.One Way

Photo() Photo

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.