サイトトップへ

更新情報

検索する

原田まり『WINNING LAP』月刊フューチャーアクトレスDVD発売記念イベント


  Last Updated: 2005/07/24
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2004年10月から翌年3月までテレビ東京で放送された『激漫ティービー』から生まれた「月刊フューチャーアクトレス」シリーズ、原田まりさんの『WINNING LAP』の発売記念イベントが行われました。(2005年6月25日 LaOXアソビットシティ1番館)

Photo(原田まり) Photo
写真右はA級ライセンスを持っているところ
1985年2月12日生まれ、京都府出身 168cm B86 W59 H87、血液型AB型

レースには出たんだけど

――今回のDVDについて見どころの紹介をお願いします。
「前作は部屋のなかでしゃべってもいず、しっとりとしたシーンが多かったので、今回はゲームをしてしゃべってる感じ、お部屋のなかでふつうに遊んでる感じのところが見どころです」
――DVDのなかで自家用車も出てたんですが。
「はい、一瞬ですけども(笑)」
――結構よく乗られてるんですか?
「そうです。足周りとかは固くしています」
――“グラドルレーサー”として初レースに参加したそうですがいかがでしたか。
「ゴールデンウィークにNetsカップのワンメイクレースでヴィッツに乗ったんですが、あまり計画性がなく出場したので、あんまりいい結果は出なかったんですけど楽しかったです」

――結果は?
「100台以上出て、すごい最後のほうでした」
――レースは男女混合なんですか?
「はい、そうです。女性はすっごい少ないですけど何人かいます」
――自家用の車もヴィッツなんですか?
「いえ、違います」
――レーサーとしての目標はあるんですか?
「いえ、特に(笑)。楽しく走れたら」
――事故しそうになって怖い経験はないんですか?
「事故したんですけど、でも大丈夫です」
――今後ともトライしていく予定はありますか?
「はい、関西シリーズがあってそちらにも」
――レースクイーン(モバイルキャストチームインパル)をしているときに、レーサーがどういう走りをしているか気になるものですか?
「いえ、もう次元が違いすぎるので(笑)」
――最後にもう一度作品のアピールポイントを。
「これを撮影したのが実は1stよりも先で何もわかってないときに撮ったんですよ。だから新鮮さやリアルさが出てるんじゃないかと思います」

Photo

レースのほうも頑張ってレースクイーンを自分で選べるぐらいになれば楽しいでしょうに、と思うのは私だけでしょうか。(撮影・取材 岡田)

cover 月刊フューチャーアクトレス 原田まり
ポニーキャニオン
3,990円(税込)
DVD PCBE-11521
2005年6月15日
cover Start for you!
イーネット・フロンティア
3,990円(税込)
DVD
2005年4月1日
Amazonで原田まりをサーチ

●関連サイト
mariluism マリルイズム 原田まり FAN site
原田まりのアンキシャス[1] - レーサーデビュー間近!? [ドリームアイドル](スクランブルエッグ編集部企画・取材 4回シリーズ)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.