サイトトップへ

更新情報

検索する

鈴木ゆきDVD『透明少女 鈴木ゆき』発売記念イベント


  Last Updated: 2005/10/30
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

『Pure Smile』(竹書房)シリーズを作った担当者が“少女”時代のニーズに対応した新シリーズ『透明少女』の第1弾として鈴木ゆきさんがフィーチャーされ、その発売記念イベントが行われました。(2005年9月10日 ラムタラMEDIA WORLD AKIBA)

Photo(鈴木ゆき) Photo
1987年1月17日生まれ、埼玉県出身、156cm B82 W58 H80

初めて下着にチャレンジ

――フィジー島のロケだそうですが、どうでしたか?
「フィジー島は海がきれいでした」
――DVDの中身を簡単に紹介してください。
「初めて下着をやりました。でも水着とあんまり変わらない気分でした(笑)。あとクラシックバレエを踊ってるんですけど、今までよりもちゃんといっぱい踊って、きれいに撮れてると思います」
――下着のシーンは見てほしいですか?
「初めてやってることなので見てほしいです。見てほしい?(笑) うん、まあ、見てほしいです(笑)」
――特技のバレエのシーンは?
「そうですね、いちばん今まででちゃんと踊ってて、まあでもきれいに編集してあるかな、みたいな(笑)。ブランクが結構あるんで」
――水着は何着くらい着てるんですか?
「1、2、、4、5…5~6?」
――お気に入りは?
「えー? 赤の競泳水着かな」
――表紙の水着はどうですか?
「ああ、いいんじゃないですか(笑)。でもちょっとだけ大きかったんですよね。どうしよっか、ってなったけど」
――(今、後ろのディスプレイに流れている)赤い水着では木に登ってたりもするみたいですね。
「そうですね、ハハハ(笑)フフフッ(笑)、うん。あっ、この最初のオープニングの赤いビキニのときにつけてるネックレスは現地の人に買わされたネックレスです(笑)。子供が訴えるのでしょうがなく買っちゃいました。で、つけてました」
――『透明少女』の第1弾なので、「ぜひここは見て!」っていうところを教えてください。
「えっと……透明な感じなので見てください(笑)」

なんだそれ、と突っ込みたかったのですが、ここで取材時間終了となりました。次回のイベントレポートをお楽しみに。(撮影・取材 岡田)

Photo() Photo
cover 鈴木ゆき 透明少女
竹書房
3,990円(税込)
DVD
2005年8月26日
Amazonで鈴木ゆきをサーチ
Amazonで鈴木祐紀をサーチ

●関連サイト
PaniPaniキッチン(所属事務所)
鈴木ゆきのアンキシャス[1] - オムツをはかされるんです(スクランブルエッグ編集部企画・取材 4回シリーズです)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.