サイトトップへ

更新情報

検索する

加藤美穂『πの殿堂』(エンタ!371)で100cmのバストを初披露


  Last Updated: 2007/01/03
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

B100cmGカップの新人グラビアアイドル・加藤美穂さんがエンタ!371(スカパー371ch)の巨乳水着番組『π(パイ)の殿堂』に2007年1月に登場します。編集部ではその収録現場におじゃましてお話を聞いてきました。美穂ちゃんの初仕事だそうですので、その初々しい水着姿とともにお楽しみください。(2006年11月 都内スタジオ)

加藤美穂 画像加藤美穂 画像
1988年3月13日生まれ、愛知県出身、156cm B100 W59 H87 血液型A型

初仕事です

――グラビアの仕事を始めるきっかけは何ですか?
「下北沢でスカウトされました」
――今回は実質的に初めての仕事と聞きましたけど。
「全く初めてです(笑)」
――最初に自己紹介と簡単なイメージを撮ってましたが、その感想から聞かせてください。
「楽しかったです、すごく。緊張するかなと思ったら結構楽しめて良かったです」

――愛知県出身ということですけど、愛知には何歳ぐらいまでいました?
「16歳です。高校入学で東京に来ました」
――特技はピアノとバスケットだそうですけど。
「バスケットは毎日やっていたのが小学校6年生ぐらいまでなんですけど、中学校に入ってからも友達と集まってバスケットしてました」
――ピアノも結構やってるって収録で言ってましたね。
「はい3歳ぐらいから15年ぐらい」

加藤美穂 画像加藤美穂 画像

1日かけてサバイバルゲームを

――趣味のなかで「サバイバルゲーム」というのが気になったんですけど、どんなのをやってるんですか?
「フラッグ戦です」
――フラッグ戦?
「フラッグ戦というのは、敵の旗を取ったら勝ちで、丸1日かけて取りあうんです」
――どんな場所でやるんですか?
「今は規制が厳しいので、キャンプ場を貸しきって、とかですね。以前は学校や廃墟でやっていたんですけど、銃の改造とかが厳しくなって買い換えたんです」
――買い換えたって自分のサバイバルゲーム用の銃を持ってるってこと?(笑)
「持ってます」
――さきほどの収録で第2次世界大戦のときに使われたモデルとか言ってたのがそれ?
「はい。AKって言って“アブトマット・カラシニコフ”っていう銃のレプリカを持ってるんです」
――破壊力はどのぐらいあるんですか?
「今は人に当たったら“ちょっと痛い”って思うぐらいで。以前改造してたときにはちょっとあざができるかな、ぐらいで(笑)、ガラスだと割れちゃうかも(笑)」
――だいたい何人でやるの?
「だいたい20人ずつでやるんです」

画像画像

中学生からGカップ

――胸はいつごろから大きくなったんですか?
「中2ぐらいでもうGカップでした」
――そうすると体育の時間でコンプレックスを感じたりした?
「そういうのはなかったですね。でかいものはでかいし、って感じで。ただ制服は困りました。下がすかすかにあいちゃうので恥ずかしかったです」
――バストが100cmになったのはいつ?
「もう中学校3年生には」
――胸以外のチャームポイントは?
「声です。アニメ声?(笑) 成長してない声」
――誰かに似てるって言われたことありますか?
「華原朋美さん、愛ちゃん(卓球少女福原愛)に似てるって言われます」

画像画像

――今日初めてお仕事をしたわけですけど、将来はどういう風に活躍できればいいですか?
「将来はバラエティ番組に出たいし、グラビアもずっと続けたいです。学園ドラマに出てみたいです」
――本当に初めてファンの方とお目にかかると思うのでファンになってくださる方にメッセージをお願いします。
「頑張るから応援してください」

πの殿堂」はバストFカップ以上のπ「パイ」を持つ魅力あるアイドル達をピックアップして、健康的でちょっぴりセクシーな肢体を披露する番組です。初回放送は2007年1月3日19時です。ぜひお見逃しなく。最後にフォトギャラリーで彼女の魅力をもっともっとお伝えしたいと思います。(撮影・取材 岡田)

●加藤美穂ギャラリー&スライドショー(要FLASH)

イメージビューワー使い方の説明をしています。右上のボタンナビゲーションの上にマウスカーソルを乗せてみてください。

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.