サイトトップへ

更新情報

検索する

アイドリング!!!『B.L.T. U-17 sizzleful girls Vol.4』発売記念イベント


  Last Updated: 2007/11/11
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

テレビ情報誌『B.L.T.』から17歳以下のアイドルを特集した写真集『B.L.T. U-17 sizzleful girl vol.4』(東京ニュース通信社)が発売され、その発売記念イベントが行われ、アイドリング!!!がゲストの回を取材してきました。(2007年11月10日 紀伊國屋書店新宿南店)

アイドリング 画像
左より江渡万里彩(4号)、谷澤恵里香(7号)、横山ルリカ(9号)、フォンチー(8号)、外岡えりか(6号)

今回の写真集には福田沙紀、谷村美月、南沢奈央、橋本甜歌、岡本杏理、AKB48、アイドリング!!!、志田未来、緑友利恵、高山侑子、Buono!が登場しています。

イベントにはアイドリング!!!から17歳以下の江渡万里彩(えとまりあ)、外岡えりか(とのおかえりか)、谷澤恵里香、フォンチー、横山ルリカの5人が登場。イベント前にお話をうかがいました。

――撮影時の印象やエピソードを。
外岡えりか「撮影場所が樹海だったんですけど、テレビの特集とかで樹海ってすごく怖いイメージがあったので、怖かったんですけど、みんなと一緒にいたら意外と楽しくて、それがすごく印象に残っています」
フォンチー「すごく太陽がまぶしくて、カメラを見るのもきつかったぐらいなんですけど、その分私たちも太陽に負けじと輝いているので、いい表紙になったと思います」
横山ルリカ「私は以前、一人で出させていただいたんですけど、5人で撮るのは違う感じがしてすごく新鮮で楽しめて、すごく良かったと思います」
谷澤恵里香「私は十和田湖でしたっけ? (違いますの声)……西湖に行ったんですけど、初めて湖を見たんですけど、すごくきれいだし、みんなが一緒だったんで遠足気分で楽しめました」
江渡万里彩「樹海といっても明るいところでも撮れて、初めてだったんですけど楽しい思い出になりました」

外岡えりか 画像
外岡えりか
1991年6月11日生まれ、神奈川県出身

フォンチー 画像
フォンチー
1990年12月16日生まれ、神奈川県出身

――いつもテレビで活躍しているみなさんがこういう形で写真集になったわけですが、ご覧になった感想を聞かせてください。
外岡えりか「すごくきれいに撮ってもらえていて、自然の光がきれいでとてもうれしかったです」
フォンチー「表紙撮影ということで、表紙をやりたかったし、おっきく飾ってもらったのがうれしいです」
横山ルリカ「CSのテレビで映っている画面と、この本の表紙を見たときに写った感じが違うんだなということを思って、まわりの人からこういう風に見られてるんだなって思いました」
――何が違ったんですか?
横山ルリカ「テレビだとわからないオーラみたいなのがかもし出てて、テレビできらきら輝いてないわけではないんですけど、違った感じがしてうれしかったです」
谷澤恵里香「テレビだとあんまりアイドルっぽいことをしてないじゃないですか。変顔をしたり口を開いたり。写真はアイドルっぽく撮っていただいたので、うれしかったです。本業だなって感じがして」
江渡万里彩「先週の放送でも言ったんですけど、元気なところが出ててうれしかったです」

横山ルリカ 画像
横山ルリカ
1991年9月27日生まれ、神奈川県出身

谷澤恵里香 画像
谷澤恵里香
1990年11月15日生まれ、東京都出身

江渡万里彩
江渡万里彩 1993年3月17日生まれ 千葉県出身

――いつもは9人だけど5人だということで何か違った感じはしました?
外岡えりか「ラジオだと10時過ぎのラジオ番組が大人組しか出れないんですけど、子供組だけで出られるのが唯一あってうれしかったです」
フォンチー「いつもだったらお姉さまがたに引っ張ってもらってたんで、U17の私たちだけだったら、すごい空気が新鮮なんですけど(笑)、違う感じがしていいなって思いました(笑)」
横山ルリカ「大人組が入っても平均年齢が17歳なんですよ。アイドリング!!!は14歳から21歳なんですけど、密集した感じがあっておもしろかったです」
谷澤恵里香「ささいなことで不安になったり怖かったりキャーキャー言ったり、まとめ役の人がいなくて……楽しかったです」
江渡万里彩「9人でも元気なんですけど、5人だと年齢が低いから若々しさがある元気というのがあっていつもと違う雰囲気でできたなぁって思いました」

――今度12月15日に品川ステラボールでライブイベントをするわけですが、その準備の状況や意気込みを。
外岡えりか「それなりに一人ずつ着々と頑張っているので楽しみにしてほしいと思います」
フォンチー「これから歌とかダンス練習も入ってくると思うので、それに向けて頑張っていきたいと思います」
横山ルリカ「あと1ヵ月なんですが、まだ当事者の私たちが分かっていないことがたくさんあるので、短期決戦型で頑張りたいと思います」
谷澤恵里香「去年もやったんですけど、また劇をやるので、それに向けて集中したいと思います」
江渡万里彩「8月にシークレットライブという形でやらせていただいたんですけど、今回またひとつ段階が上がったライブになるので、みんなで準備をしてパーフェクトなステージにできるように9人で頑張ります」

当日は500冊限定で完売となり、会場ではカレンダーの販売も行っていて、かなり多くの人が集まっていました。(撮影・取材 岡田)

握手の風景

cover B.L.T. U-17 sizzleful girl Vol.4
東京ニュース通信社
1,200円(税込)
写真集
2007年11月7日

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.