サイトトップへ

更新情報

検索する

仲村みう写真集『制服放浪記』発売記念イベント


  Last Updated: 2008/02/21
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

ミスヤングマガジン2006の仲村みうさんの2007年6月に発売された2nd写真集『制服放浪記』(ワニブックス)の発売記念イベントレポートをします。(2007年7月1日 福家書店新宿サブナード店)

仲村みう 画像仲村みう 画像
仲村みうプロフィール 1991年3月14日生まれ、岩手県出身、155cm B83 W54 H83 血液型B型

ファンのお家を訪問

――どんな特徴がある写真集ですか?
「これはですね、ファンの方のお家に行ったりとか、大阪の名所を回ったりとか、制服で仲村みうが旅ではないんですけど、放浪してます」
――ファンの方の家に行くというのは?
「募集をブログでして、その中からピックアップして」
――埼玉、名古屋、大阪、大分、宮崎とずいぶんいろんなところに行ってるみたいですけど、撮影の期間は?
「4日間です。すごくつらくて。自分が失くしてないと思ってたのに切符を失くしたのが自分のせいになってたりとか。実際自分が失くしてたんですけど(笑)。本当にプライベートな部分が赤裸々に出てます。修学旅行のような感覚でいろんなところに」
――思い出に残っているのは?
「各ファンのお家に」
――何軒ぐらい行ったんですか?
「4軒行ったんですけど、4軒ともまったく違うんですよ。同じファンなのに。でもすごく楽しかったんですよね。自分の周りにはないもの(グッズや商品)がガーっと並んでいるので」
――ファンの家で水着になったりしてるの?
「そうですね。制服を着ていて、ふつうにその場で脱いだりして。(ファンの人が)毎日寝てるお布団で横になったりとかして(笑)、仲村の香りを残しつつ、ね(笑)」

仲村みう 写真1仲村みう 写真2

みうの部屋は“ぱっと見”、ふつうです

――びっくりしたことは?
「こだわりの品がすごくあるんですよ。ガンダムとかすごくある人は二次元と三次元を両立させててすごいなとか。名古屋は人形がすっごいいて、しかも仲村が自前の人形を持っていき、一緒に写真を撮らせていただきました。大阪では三次元だと谷村新司さんしか興味がないという女性の家に行ってまいりまして、マンガがすごく並んでいるなかで少女マンガがほとんどなくて不思議な感じでした。最後のお家は宮崎なんですけど、すごい広い一軒家に一人で住んでるらしいんですよ。まったく生活感がないんですよ。そこに仲村、水着で入っちゃって良かったのかなって思って。同じファンなのにこんなに違うんだということに驚きましたね。時期が早いんですけど、海にも入ったんですよ」
――ちなみにみうちゃんのお部屋はどうなってるの?
「ふつうですよ。ふつうにテレビがあってベッドがあって、フィギュアが並んでるくらいで」
――アイドルものはあるんでしょ?
「DVDは隠してあります(笑)。ぱっと見はふつうです。ちょっと引き出しあけるといろんなものが出てきますけど(笑)」
――ちょっと変わった感じの写真集でしたけど、どうでした?
「最初聞いたときにすっごい面白そうだと思って乗り気だったんですけど、電車移動が大変で(大分の)湯布院に行くときは5時間座りっぱなしで、それで『自分、やばいかも』と思って。ハードだったんですけど、出来上がったものを見て、今回はグラビアが好きでない人も見ててふつうに面白い気がするし、水着だったりセクシーな部分もあるので、大満足です」

仲村みう 画像Photo
写真集にも出てくるフィギュアを持ってきていました。

昨年後半は休業騒ぎでごたついていましたが、『FRIDAY』の記事を第一ステップにして、ブログもつい先日再開しました。複数の消息筋によりますと、『FRIDAY』の記事はかなり事実に近いようですので、活動復帰も遠くないうちに訪れるのではないかと思われます。復帰したときには応援よろしくお願いします。(撮影・取材 岡田)

cover 仲村みう写真集「制服放浪記」
ワニブックス
2,625円(税込)
Book
2007年6月26日
・Amazonで仲村みうをサーチ
電子書店パピレスで仲村みうをサーチ
楽天ダウンロードで仲村みうをサーチ (いもクラ写真集はこちら)

●関連記事

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.