サイトトップへ

更新情報

検索する

キャナァーリ倶楽部1st写真集発売記念イベント


  Last Updated: 2008/06/30
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

つんく♂プロデュースによる9人組アイドルユニット「キャナァーリ倶楽部」がファースト写真集2冊をリリース(アスキー・メディアワークス)し、その発売記念イベントが行われました。(2008年6月28日 福家書店銀座店)

2冊のタイトルがちょっと長いのですが、次のとおりです。
『キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 個の巻 初めてのサイパンひとりじめ ソロショット集 by キャナァーリ倶楽部!』
『キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 集の巻 水着、サイパン、キャナァーリ倶楽部!』

キャナァーリ倶楽部 集合写真
後列左からあゆべえ、うっちぃ、おっきゃん、りっぽん、まっちゃん
前列左からいくっち、おがまな、みっきー、えり~な

それではイベント前の共同インタビューの様子をお届けします。

――リーダーはいないんですか?
みっきー「いないんですけど、仕切ってくれるのはあゆべえです」
――初の写真集、2冊同時に出した感想は。
あゆべえ「やっと来たというか、私たち初めての写真集なのでずっと楽しみにしてたし、個人的に海外が初めてだったので、素な喜びが写真集に出てると思うのですごくうれしいです」
――サイパンでの思い出は。
みっきー「サイパンに行って、踊っているシーンがあるんですけど、最初はそれは予定されてなかったんですよ。ロケ地に行ったらちょうど屋外のステージがあってみんなで踊ったんですけど、すごく楽しかったです」
――逆に大変だったことは?
多くのメンバー「まぶしかったです」
まっちゃん「すごく日差しが強いんで、まぶしくて目を開けるのが大変でした」
みっきー「9人でいると目を開けるタイミングが難しいんですよ。誰かが一人目をつぶっていたりするので」
――今回の写真集はつんく♂さんは何といってましたか?
みっきー「『ええやん』みたいな(笑)。いつもほめていただくんですけど、初の写真集ということで、いい言葉をもらいました」

キャナァーリ倶楽部 集合写真

――キャナァーリ倶楽部の名前の由来は?
おっきゃん「キャナァーリは鳥のカナリアから来ていて、9人がそれぞれカナリアのような歌声で歌うグループというところから名づけられました」
――芸能活動での目標は?
あゆべえ「もちろん、名前を日本に広められるように、国民的アイドルグループになりたいです」
――ライバルは?
あゆべえ「ライバル? 特には。キャナァーリ倶楽部は我が道を行くって感じなので、【個の巻】の写真集を見ればわかるように、11歳から23歳という、すごくいろんな世代の女の子がいるので、その魅力を感じていただけたらなと思います」

――あゆべえは最年少の子と12歳離れているわけですが、違和感などは。
あゆべえ「あの~(笑)、1年もやっているので慣れたんですけど、学校の話とか聞いたりしてて、昔を思い出すというか(笑)。本当に新鮮な気持ちでみんなの若いエキスを吸って自分も若返っていきたいなと思ってて(笑)」
――いちばん年下のえり~なさんはどうですか?
えり~な「みんなやさしいお姉さんです(メンバーみんなに喜ばれ)。待ち時間に宿題とかやるんですけど、みんなが教えてくれて本当にやさしいお姉さんです」
――いちばん大人ですね。(メンバー、ウケる)
みっきー「そうなんです。わかります、やっぱり? しっかりしてるんです」
――1年ぐらい活動してきてどうですか?
えり~な「今まで歌とかダンスとか全くやったことがなくて、キャナァーリ倶楽部入って初めて舞台も歌もダンスもやったんですけど、最初は本当にできるのか心配だったんですけど、メンバーのみんなが教えてくれて、今ではダンスも少しずつできるようになってきてて、歌もすごく下手だったのにうまくなったかなって思います。とても勉強になってます」

キャナァーリ倶楽部 握手の様子
最初に並んでいたファンの方にご協力いただいて握手会の様子をパチリ

――写真集のどんなところを見てほしいですか?
みっきー「『集の巻』は9人にしか出せないカラフルさ、笑顔、元気のパワーをみなさんに見てもらって、みなさんも元気になれるかなと思う仕上がりになっているので、これを見てみなさん元気になってください」
おっきゃん「『個の巻』は全員一緒に撮ってるのと違って、一人一人が1ページ全部写っているので、それぞれの個性がよく分かると思うので、注目していただければと思います」
――着ている衣装はどんなのですか?
みっきー「この写真集でしか着られないような部屋着とか、水着が初披露なのでそこが見どころだと思います」

まっちゃん えり~な りっぽん
まっちゃん(松井友里絵)
1988年4月6日生まれ
東京都出身
えり~な(橋口恵莉奈)
1996年11月18日生まれ
千葉県出身
りっぽん(杉浦里穂)
1992年2月3日生まれ
愛知県出身

――それぞれ挑戦したことがあったら。
まっちゃん「クイズ番組だったりとか、私たちが見せたことのないような素が見せられるようなお仕事をしたいなと思います」
えり~な「ダンスや歌だけじゃなくてキャナァーリ倶楽部の活動を中心として、ドラマとか映画とか、キャナァーリ倶楽部の活動と一緒にやっていきたいと思います」
りっぽん「私もキャナァーリ倶楽部に入ってから歌とかダンスとか経験をさせていただいてるんですけど、これからもっともっと上達して、日本全国に知れ渡るようなアイドルグループになっていきたいと思います」

みっきー おっきゃん おがまな
みっきー(丹羽未来帆)
1989年9月27日生まれ
愛知県出身
おっきゃん(岡田怜子)
1993年6月19日生まれ
埼玉県出身
おがまな(小川真奈)
1993年7月2日生まれ
埼玉県出身

みっきー「個人的には写真も歌もダンスも大好きなので、今度はソロ写真集なんかを出せたらなと思います」
おっきゃん「私もまっちゃんと同じなんですけど、バラエティ番組に出られたら面白いかなと思っています」
おがまな「今9人でライブやイベントをやってるんですけど、徐々に大きなホールで歌ったり、屋外ライブとかたくさんの人たちの前で歌えるようになっていきたいと思います」

うっちぃ いくっち あゆべえ
うっちぃ(内田由麻)
1994年11月7日生まれ
茨城県出身
いくっち(大浦育子)
1989年9月22日生まれ
奈良県出身
あゆべえ(高田あゆみ)
1984年10月20日生まれ
千葉県出身

うっちぃ「ファンクラブがあるんですけど、ファンクラブのみなさんと一緒にお食事会とかそういうコミュニケーションをとっていきたいと思います」
いくっち「個人個人ダンスや歌をスキルアップして、いつかはドームツアーをやりたいと思います」
あゆべえ「私は日本で活躍したあとに、アジアに進出して(メンバーから歓声)外国で大きいイベントとかライブをやってみたいなと思います」

名前だけは知ってても実物を見たことのない方、ライブに触れたことのない方、まずは写真集から確認するというのもひとつの方法です。

全く知らない方に一応基本的事項を説明しておきますが、キャナァーリ倶楽部はつんく♂さんがプロデュースしていますが、ハロー!プロジェクトとは無関係で、メンバーの所属事務所はスペースクラフトです。

1stシングルは「SWEET & TOUGHNESS」でカップリングが「夢を信じて」。これは90年代に「南青山少女歌劇団」がリリースしたもののカバー曲。当時のアイドルファン、ミュージカルマニアなら一度は公演を見たことがあるはずで、筆者も当然ながら見ています。

「キャナァーリ倶楽部」のライブは秋葉原の石丸電気SOFT2の7Fでかなりの回数を重ねています。ライブのときには常に入場列が長く並んでいるのも、秋葉原の隠れた風物詩ともいえます。最後に写真集の中から数点を紹介します。(撮影・取材 岡田)

キャナァーリ倶楽部 水着写真

cover キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 集の巻 水着、サイパン、キャナァーリ倶楽部!
アスキー・メディアワークス
3,465円(税込)
写真集
2008年6月26日
cover キャナァーリ倶楽部 ファースト写真集 個の巻 初めてのサイパンひとりじめ ソロショット集 by キャナァーリ倶楽部!
アスキー・メディワワークス
3,465円(税込)
写真集
2008年6月26日
・Amazonでキャナァーリ倶楽部をサーチ

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.