サイトトップへ

更新情報

検索する

瀬戸山清香(元EARTH)オリジナル曲でライブ始動


  Last Updated: 2008/05/13
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2000年から2005年まで活動したボーカルユニット「EARTH」のメインボーカル、瀬戸山清香(さやか)さんが2008年5月16日のライブに向けて活動を本格化します。縁があってお話する機会がありましたので、これまでのことや、ライブの意気込みなどをお聞きしてきました。(2008年4月)

瀬戸山清香画像1瀬戸山清香画像2
瀬戸山清香プロフィール 1987年4月3日生まれ、宮崎県出身、163cm B89 W59 H86 血液型A型

12歳にデビューしました

――EARTHは日本レコード大賞新人賞などを受賞したダンス&ボーカルユニットでしたが、知らない方もいるかと思います。今もまだお若い瀬戸山さんが何歳ぐらいのときの話ですか?
「12歳の2月23日にデビューしました」
――当時はものすごく忙しかったんじゃないですか?
「子どもすぎて地に足がついてないし、前も後ろもわからないんで、目まぐるしくてあんまり覚えてないんですよ。記憶がほとんどないっていうか」
――2005年までっていうことは高校生ぐらいの世代までやっていたってことですよね。
「17歳の1月で解散して、自分でバンドをやってました。曲とか歌詞を書いてみたくて」
――今の事務所に入って活動するようになったのはいつ頃なんですか?
「今年に入ってからです」
(※マネージャーと最初に会ったのは2年ぐらい前のことだそうです)

袋とじでFLASHだから…

瀬戸山清香 画像3

――で、『FLASH』(2008年3月18日発売号)でグラビアが出ましたが、グラビアはあまりやったことなかったですか?
「それが初めてでした」
――どうでした?
「うーん、まぁ、こういう世界もあるんだなって」
――でも撮り始めると意外に抵抗なかったんじゃない?
「まぁそうですね」
マネージャー「撮るまではすごく恥ずかしがってましたけど」
――撮り始めると気持ちよくてまた撮りたくなるものですけど、またやってもいい気分になりました?
「うーん、衣装によりますね」
――自分で自分のグラビア見てどうでした?
「きれいに撮ってもらえたかな、と」
――まわりの人の反応はどうでした?
「袋とじでFLASHだから、エグいのかと思ったらしく、『超開けるの緊張した』って友達に言われたけど、『実際開けたらわりとふつうだったから安心した』って(笑)」
――「安心した」以外にはどんな感想を言われました?
「きれいだね、とかかわいいね、とか。あと、『キャラが違う』って言われました。『なんであんなに清純ぽいの?』って(笑)。私ふだんうるさいのに、おとなしい女の子な感じに写ってたので」

瀬戸山清香 画像4瀬戸山清香 画像5

12歳のときにCカップ

――今バスト89cmじゃないですか。EARTHやってたときは胸が大きいことは恥ずかしかったりしました?
「そりゃあ。だって12歳のときCカップだったんですよ。中2の後半ぐらいからは家系だからしょうがないなとあきらめもつきましたけど。プリントのTシャツ伸びるのもしょうがないと(笑)」
――巨乳グラビアアイドルが「キャラクターが伸びるからかわいくないんですよ」ってよく言ってるの聞いてますから(笑)。
「アメコミ(アメリカンコミック)のハンバーガーとポテトとシェイクがプリントされているかわいいポップなTシャツがあって、それを着たらビッグマックになっちゃうんですよ(笑)。そんなことをネタにしてました」

友達にニワトリって言われた

瀬戸山清香 画像6

――自分の性格を説明すると?
「友達にニワトリだって言われたんですよ。振り返ると忘れる、みたいな」
――どういう意味?
「ムカついたり嫌なことがあっても、すぐ忘れるタイプなんですね。女の子はそういうのを忘れたりすると無神経みたいに影で言われたりするらしいんですよ。そういう意味でニワトリっぽいのはいいよねって」
――どういう例えなんですか?
「ニワトリは三歩歩いたら忘れる、って言うじゃないですか」
――あぁ、そういう意味で(笑)。わかりました。尾を引かないというか、過ぎ去ったことを考え込まないってことね。
「そうですね」
――たとえば好きな男性と別れたとしてもそんなに気にしないタイプ?
「気にしないわけではないです。落ちるのは誰よりも深いところまで落ちて、みんなが心配して集まってくるころにはもう復活してるというか」

――そして来る5月16日にライブをするそうですが、どんな感じの曲をやるんですか?
「オリジナル曲です」
――曲調は?
「ロックです」
――どんな歌詞なんですか?
「私が作詞してるんですけど、男の人が聞くとドキッとするらしいです。ガールズトークなんですけど」
――どういうところを期待して見にいけば楽しめますか?
ありきたりな日常を壊したい人は刺激を求めて来るべきですね(笑)
――今年1年ぐらいの抱負というと?
「ワンマンライブをやりたいです」
――好きなアーティストはいますか?
「ピンクが好きです。なんでも歌えるところと、出し惜しみしているダンスが好きです。すっごく踊れるんですよ。ライブでもたまにしかやってくれないんですよ」

EARTHのときには子どもだったので自分で考えて動くことはできるわけではなかったのは当然でしょうが、21歳になった今、彼女が目指すところは“自覚するアーティスト”をテーマにしていきたいとのこと。得意の絵やグラビア展開、そしてダンスも活かしながら彼女の夢はまだまだふくらんでいきそうです。5月16日には渋谷AUBEで、6月12日には渋谷Eggmanでライブが予定されています。詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。(撮影・取材 岡田)

●関連記事

  • 記事
-->

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.