サイトトップへ

更新情報

検索する

福山咲良『グラビアの美少女』(#443)出演記念インタビュー


  Last Updated: 2009/05/03
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

新潟県出身のグラビアアイドル・福山咲良(ふくやま・さくら)さんがMONDO21の『グラビアの美少女』にただいま出演中です。水着イメージシーンは海外ロケだったとのことで、番組制作スタッフからご提供いただいた水着写真とともにインタビューをお楽しみください。(2009年3月 都内)

福山咲良 水着画像1福山咲良 水着画像2
福山咲良プロフィール 1988年9月24日生まれ、新潟県出身 161cm B85 W59 H84 血液型A型

ロリータ服で原宿と渋谷を歩きました

――芸能活動はいつごろから?
「高校の終わりぐらいから始めているんですけど、グラビアは去年の『モバタレGREAT』で日テレ裏ジェニックがきっかけで番組内で出させていただいたんですけど、今回、初DVDが出ることになりました」
――DVDのお話は後ほど聞くことにして、「グラビアの美少女」では何をしたのでしょう。
「私、深田恭子さんがすごく好きで、地元が新潟ということで、『下妻物語』みたいな服装にあこがれていたんですよ。でも東京に出てきたからといってそういう格好ができないじゃないですか。なのでこの番組を通して(ロリータ服を)着てみたいというのを提案したんですね。はじめは着るだけという企画だったのに、外を歩いてみたりとかしたんですね」
――どんなロリータ衣装だったの?
「ピンクと白のわりと甘~いお人形さんみたいなかわいい衣装でした」

――その格好になってどうしたの?
「原宿と渋谷を歩いてきました」
――(笑)。
「本当に、人って怖いなと思いましたよ(笑)」
――どうなったの?
「二度見はされるは写真は撮られるは。もう、白い目で見られるんですね」
――中学生が卒業したばかりの頃だからね。
「そうなんですよ。地方の人も東京に遊びに来てるだろうし、海外からもいらっしゃってるので、そういう人はふつうに写真を撮ってましたね。私は手持ちのムービーカメラを持って自分で撮ってるんですよ。スタッフさんは遠くで見てて。人の視線が怖いんです」
――何が怖いの?
「私、普段からも人の目を気にして生活してるんですよ」
――なんだそれ(笑)。
「渋谷とか一人で行けないんです。田舎者なんで。なのに今回はロリータの服を着て一人で撮ってるので」
――なにごとかと思うよね。
「最後のほうは恥ずかしさに耐えられなくて走って逃げました(笑)」

福山咲良 水着画像3福山咲良 水着画像4

虫がいっぱいで

――ではDVDの話。どこで撮ってきましたか?
「バリです」
――バリはどんなところでしたか?
「暑くて虫がいっぱいで。ホテルにふつうに地面に虫がいるんです。日本だったら絶対ギャーギャー言ってると思うですけど、最後は『バリだから仕方がないか』と麻痺してくるんですね。海もきれいかと思ったら地元の日本海と一緒でした(笑)」
――いちばん思い出に残っているシーンはどこですか?
「今回は“元気いっぱいな福山咲良”と、“20歳になって大人っぽくてセクシーな福山咲良”を見せたいと思ったんですけど、大人っぽいほうは狭い浴室の中で横になって色っぽく演じたのと、元気いっぱいのほうは木登りしたり木にぶら下がったりして別人?のようになっているのでみなさんに見てもらえたらいいなと思います」
――ちょっと変わった衣装とか覚えてます?
「ふだんは絶対着ないような下乳が見えるぐらいのTシャツを着て動いたりとかですかね」

福山咲良 水着画像5福山咲良 水着画像6

アキバ顔?

――グラビアをやってて楽しいことはどんなときですか?
「やっぱりかわいい水着を着られるのは楽しいと思うし、いちばんはファンの方たちと交流できるようになったのがうれしいです。CMとかドラマとかだと実際にお会いすることがなかったんですけど、モバタレでもそうでしたけど、イベントが増えればお話できる機会も増えるし、交流ができていいなと思います」
――自分の身体の部分でチャームポイントというと?
「新潟人とうところもあって、色が白いところとか、あと自分で気に入っているところは唇が薄いところが自分としてはありますね」
――誰かに似てると言われると思いますが、誰に似てると言われることが多い?
「よく言われるのが大塚愛さんとか」
――木口亜矢ちゃんにも似てるよね?
「言われることはあります。似てます?」
――似てます。
「木口亜矢ちゃんかわいいですよね。好きです、ありがとうございます」
――目鼻立ちがしっかりしてるよね。
「アキバ顔って言われますね。アキバに行くと『メイドさんですか?』って5人ぐらい声をかけられるんですよ」

歌舞伎町怖い

――東京の生活はどうですか?
「東京に出てきてから初めてゴキブリ見て、虫が苦手なんですよ。それ以外は大丈夫です。でも人ごみは好きじゃないかも。あとは乗り換えが面倒です」
――遊びに行くとしたら渋谷とか原宿?
「行かないです。絶対行かない(笑)。遊びに行くとしたら駅ビルが入ってるところ」
――どこでも駅ビルってあるんじゃない?
「駅から出たくないんです。わかります? 外とか出るとギャルとかいたり。東京の外は怖いじゃないですか」
――なんで?(笑) 東京で暮らしてからどのぐらい経つの?
「もう3年……」
――3年経つのにまだ怖いの?(笑)
「だから渋谷とか歩けない。友達と行く分には仕方ないとは思うんですけど。東京来たらいろんなところに行くと思ってたんですけど、全く外に出ないですね」
――家の中で何やってるの?
「ゲームしたりとか、料理したり」
――引きこもりですか?(笑)
「はい(笑)。引きこもりかも(笑)。誰も来ないのにお部屋かわいくしたりとか(笑)」

福山咲良 水着画像5福山咲良 水着画像8

――たとえば昔の高校の同級生が東京に遊びに来て咲良ちゃんに「どっか連れてって」って言われたらどうするの?
「え~? ……ジャスコとか」
――東京にジャスコってどこにあるのよ(笑)。
「どうしよう。だから近くにジャスコみたいなのがあるところに住みたいんですよね。大型スーパーがないのにびっくりしたんですよ。東京はいっぱいいろんな店に行かなきゃいけないじゃないですか。しかも車がないし。すっごく不便(笑)」
――珍しい人だなぁ(笑)。東京でいちばん怖いと思う街はどこだと思う?
「絶対歌舞伎町とか怖そう」
――行ったことないの?
「ないです」
――誰かに連れてってもらえば?
「行きたくないです。だって『龍が如く』の場所ですよね。ゲームだけど(笑)」
――(爆笑)。だって(笑)。
「ホストとか、怖い人たちがいるんですよ、きっと」
――(笑)。慣れてなきゃ一人で歩くの怖いのかもしれないけど。
「楽しいんですか?」
――それは目的次第ですが。ではぜひとも今度は別のコスプレで歌舞伎町を歩いてみません?
「いやいや。もういいです。ふつうが一番だと思います(笑)」

だんだん話が面白くなって止まらなくなってしまったのですが、またどこかで彼女の“東京観”について聞いてみたくなりました。引きこもりとは言ってますが、人間好きで、実際はとても人なつっこい感じの子です。5月9日にDVD発売記念イベントがあります(14時ソフマップ アミューズメント館、17時石丸電気SOFT2)のでぜひ足をお運びください。(取材 岡田)

cover 福山咲良 Angel Kiss~さくら咲く~ [DVD]
トリコ
4,095円(税込)
DVD
2009年4月19日

・Amazonで福山咲良をサーチ

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.