サイトトップへ

更新情報

検索する

河合その子CD-BOX『河合その子 プレミアム』がついに発売


  Last Updated: 2009/09/11
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

ソニー・ミュージックダイレクトさんより河合その子さんの完全集大成CD-BOX(CD9枚+DVD1枚)発売情報が届きました。本サイト訪問者の中には関わり深い方もいらっしゃるはずですので、その内容を紹介いたします。

★河合その子プレミアム

河合その子
河合その子 、1965年6月20日生まれ、おニャン子クラブ会員番号12番

ファンの心に永遠に輝く続ける河合その子
待望のCD-BOXセットが遂に登場!!
過去に発売した9枚のアルバム全曲収録、
さらに未発表音源、初商品化音源、超レア映像を含む完全集大成BOXです!

cover

2009年9月30日 発売
MHCL-1591~1600  \21,000(税込)
CD9枚+DVD1枚 合計10枚組 BOX仕様
完全生産限定盤 <本人インタビュー解説入りブックレット付き>
★ 特典 A2サイズピンナップポスター封入
Amazon.co.jpで購入
ソニー・ミュージックダイレクトで購入

80年代を席捲した素人アイドル集団、おニャン子クラブでも
その清楚さでひときわ輝いていたのが、会員No.12の河合その子です。
そんな一番人気のその子は、おニャン子クラブからトップ・バッターとしてソロ・デビューを飾りました。

作曲・後藤次利/作詞・秋元康というゴールデン・コンビにバックアップされ、「涙の茉莉花LOVE」(85年)はいきなりヒット・チャートの第1位を獲得。
清純さとセクシーさの境界線を行き来するような吐息ヴォイスで、全国のファンを完全にノック・アウトしました。
続く「落葉のクレッシェンド」(85年)、「青いスタスィオン」(86年)を立て続けにヒットさせ、より幅広いファン層にアピールしました。

その後次第にアイドルからアーティストへと成長、作詞・作曲も手がけるようになります。

90年には引退をして、後藤次利氏と結婚をして以来一切表舞台には現れておらず、それがかえってファンの心に強烈な印象を焼き付ける事となりました。
引退から20年近くたった今も当時の輝きが目に焼き付いているファンは多く、未だに熱い想いを抱いており、ファンサイトなどは頻繁に更新をされ、廃盤商品などの再発を待ち望む声を届けています。

今回のCD BOXでは9枚のアルバム曲全曲を収録し、当時アルバム未収録だった楽曲(シングルのB面曲など)も追加、そしてこの度奇跡的に発見された未発表音源ライブのみで披露された初商品化音源レアトラック音源なども特別に収録!さらに当時TV番組出演時の超貴重映像など、初商品化映像も1枚のDVDに収録!その上、今まで実現困難だった、現在の本人のインタビュー解説をブックレットに掲載決定!!

河合その子の短い活動期間の躍動を感じる事のできる完全集大成CD BOXとなっています。

展開写真
下段は各ジャケットの裏側に見開きで印刷されているもので、ミニピンナップのように楽しめます。

以下、CDの内容を紹介します。

<DISC1> アルバム「SONOKO」(初商品化音源がボーナストラックとして収録)
<DISC2> アルバム「Siesta」より(初商品化音源がボーナストラックとして収録)
<DISC3> アルバム「MODE DE SONOKO」より(初商品化音源がボーナストラックとして収録)
<DISC4> アルバム「Rouge et Bleu」より(ボーナストラックあり)
<DISC5> アルバム「Dedication」より(初商品化音源がボーナストラックとして収録)
<DISC6> アルバム「Colors」より(未発表曲がボーナストラックとして収録)
<DISC7> アルバム「Dancin’In The Light」より(ボーナストラック4曲あり)
<DISC8> アルバム「Replica」より
<DISC9> アルバム「sonnet」より
<DISC10> スペシャルDVD (1)「涙の茉莉花LOVE」(2)「その子のメッセージ&ジョバンニの囁き 悲しい夜を止めて」(1987年5月5日 中野サンプラザ)

今回の初商品化音源に関して

“河合その子の商品化していないレア音源が存在するらしい”という噂は、当時の事務所関係者や熱狂的なファンサイトの書き込みなどで度々話題になっていました。
今回このBOX企画を進めるにあたり、そんなレア音源の存在を確かめるために当時のマルチテープを全部取り寄せて最初から最後まで聞いてみたところ、その噂どおり何曲ものレア音源(未商品化音源、ヒット曲の別ヴァージョン音源など)が次々と発見されたのです!!

そんな、今回収録される超レアな初商品化音源の詳細を下記に紹介いたします。

01.午後のパドドゥ 散歩version
セカンドシングル「落葉のクレッシェンド」のB面だった「午後のパドドゥ」の別versionで、まるでパリの街を散歩しているような軽やかでゆったりしたアレンジになっている。

02.家へおいでよ
1985年12月28日、品川プリンスゴールドホールで行われた記念すべきファーストコンサートで、この日のために後藤次利氏が作った曲。当時なぜか商品化はされなかった。

03.もう僕は愛をさがさない(青いスタスィオン別version)
大ヒットシングル「青いスタスィオン」の別詞&別アレンジ。
品川プリンスゴールドホールでのファーストコンサートでは、こちらのversionで
一度だけ歌唱されたことがあるため、フアンの間ではその存在は語り継がれていた。その後、アレンジ&歌詞&タイトルが変わり、後にサードシングル「青いスタスィオン」として発売された。

04.答えはアデュー(アコーデオンversion)
サードアルバム「MODE DE SONOKO」に収録されているアルバム曲
「答えはアデュー」の別version。パリでのレコーディングで、現地のアコーデオン奏者の演奏をバックに唄っている。

05.家へおいでよ(X’mas version)
上記(2)のX’mas version。デュエットしている男性は、ポニョで有名な「藤岡藤巻」の藤岡氏。彼は当時河合その子の担当ディレクターだった。
これは仮歌用にデュエットしたものと思われる。
尚、今回の商品化のために急遽藤岡氏が新たにギターを演奏し、その音を追加録音した。

06.地上のミルキーウェイ
この曲は全くの未発表曲。アルバム「Colors」のマルチテープから今回発見された。AORなイメージの非常にお洒落な楽曲なのだが、当時なぜ商品化されなかったのかは不明。

10枚組の完全限定生産盤です。芸能界から身を引いて来年で早や20年。その後はいっさい公の場には姿を見せず、現在は普通の主婦として生活しているそうですが、今回の企画にはご本人も喜んでくださっており、ブックレットに載せるためのインタビューにも快く協力してくださったそうです。

サイト訪問者の中には20年前には生まれていなかったり、アイドルとは関係のない生活をされていた方もいるとは思いますが、中には20年前と同じようなことをやっている方(苦笑)もいらっしゃるかと思います。そういう方は売り切れてしまう前に迷わず予約しておいてくださいね。

cover 河合その子プレミアム [Limited Edition] [CD+DVD]
ソニー・ミュージックダイレクト
21,000円(税込)
CD+DVD
2009年9月30日

・Amazonで河合その子をサーチ
・Amazon80年代アイドルポップス売り上げランキング(随時更新)

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.