サイトトップへ

更新情報

検索する

北原里英(AKB48)、アニメ「学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!」で声優に挑戦


  Last Updated: 2010/09/03
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

AKB48新チームB所属の北原里英さんが2010年8月13日から放送の児童ホラーのアニメ版『学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!』のマスコット・ホワホワ役で声優に挑戦することになり、その会見が行われました。(2010年8月3日 アミューズ)

アイドル名画像1アイドル名画像2
北原里英 プロフィール 1991年6月24日生まれ、愛知県出身、157cm B78 W57 H83 血液型A型

上の写真で彼女が持っているぬいぐるみがホワホワちゃんです。

――今日はどんなことをしたのでしょうか。
「キャラクター紹介をしてきました」
――実際のアフレコはしたんですか?
「まだ絵ができていないところもあったんですけど、しゃべってきました」
――やってみた感想を聞かせてください。
「思った以上に難しくて、全然言葉が追いつかなくて画面が切り替わってしまったりて意外に難しかったです」
――ホワホワはどんなキャラクターなんですか?
「この子は、花子さんの親友で、いいやつです」
――どんな性格なんですか?
「まだ謎に包んでおいたほうがいいと思うんですけど、いいやつです」
――動物なんですか?
「一応妖怪だと思うんですけど」
――北原さんなりにキャラクター作りはしてみたんですか?
「どんな感じかなとは想像してきましたけど、実際には監督さんと話し合って決まった感じです。でもあんまり普段の北原と変わらない感じがします」
――監督にはどんなキャラになってほしいと言われました?
「ちょっと少年ぽいほうがいいかなと言われました」

――AKB48の中では声が低いほうですけど、今回もその地に近い感じなんでしょうか。
「一人称は“僕”なので、北原の低めの残念ボイスでも通用するキャラクターではあったのではないかと思います」
――言い方が失礼かもしれませんが、MCでときどき噛んだりしてますが(笑)。
「よくあります」
――今回はアフレコのときにはそういうことはありませんでしたか?
「まあ若干ありましたけど、なんとか乗り越えました」

北原里英 画像3北原里英 画像4
彼女が持っているのは原作本のコミック

――原作の本は累計150万部のロングセラー本らしいんですけど、実際に読んでみてどんな感想を持ちましたか?
「思ったよりも怖くて。子供向けなので最初はひらがなが多めなんですよ。最後のほうになるにつれてだんだん怖くなってきて、夜一人で読んでいたらトイレに行きたくなくなるレベルで怖かったです」
――いつもよく読んでる『ワンピース』とはどこがどう違いますか?
「『ワンピース』はマンガで、これはホラーです。でもワンピースとこれは共通してすばらしいと思います」
――声優の経験をしたことで、今後の自分の活動に役立ちそうなことがありましたら教えてください。
「今日やってみて新しい自分の一面を見つけることができたので、このあとも声のお仕事ができたらしたいなと思いましたし、この花子さんをやったことによって、これから先、子どもからの人気が出たらうれしいなと思います」
――アフレコをするにあたって、AKB48のメンバーから何か言われたことはありましたか?
「あまり公言してなかったんですけど、これをやるって(宮澤)佐江ちゃんに言ったときは、子どものころから有名な作品なので『え? すごいね!』って言ってました。テレビでやっていたので私の世代の子はみんな知ってました」

北原里英

――お化けの役ということで、北原さん自身の心霊体験的なものがありましたら教えてください。
「霊感はなかったんですけど、東京に来てちょいちょい怖い体験をすることはありました」
――たとえばどんなこと?
「しゃべっちゃっていいですか? 番組で富士山に登って、6人1部屋だったんですよ。その日、私の頭上でずっと変な音が聞こえてきて、夜、眠れなかったんですよ。『一睡もできなかったよ』って(大島)優子ちゃんに言ったら、優子ちゃんも一睡もできなかったって言ってて、優子ちゃんが『ベッドの部屋のほうから女の人のしゃべり声が聞こえてきて、それが気になって眠れなかった』って言ってました」
――それはAKBのメンバーの話し声じゃなかったんですか?
「違います」
――みんなが体験したんですか?
「私と優子ちゃんだけ眠れなかったです」
――劇場にはお化けとか出たりしないんですか?
「よく言いますけど、私は見たことないです」

北原里英
昔も今もじゃんけんと言ったら……

――この作品の見どころはどんなところですか?
「花子さんは最初は怖いイメージだと思うんですけど、実は私たち人間の味方で、いつも人間を助けてくれて、とてもいいやつだな、ってところでしょうか」
――ハッピーエンドのお話なんですか?
「だいたいは花子さんが助けてくれるので、ハッピーエンドではないかもしれないですけど、安心して見られる作品になっています」
――番組のPRをお願いします。
「子どもさんたちに見ていただきたいのと、あと私の世代の方に懐かしみながら見ていただきたいなと思います。立派なホラーなので、ホラー好きの方もぜひ見てください」

放送はBS12で毎週金曜日に放送中です。じゃんけん選抜の意気込みをひとこと聞いてみたら、じゃんけんは結構強いほうだとのことです。(撮影・取材 岡田)

cover 北原里英(AKB48) 2011年 カレンダー
トライエックス
2,415円(税込)
2010年10月27日
cover 銀河鉄道の夜 (ぶんか社文庫)
ぶんか社
480円(税込)
2010年6月5日

・Amazonで北原里英をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.