サイトトップへ

更新情報

検索する

鈴木あきえが喜劇初挑戦『少年X』直前インタビュー


  Last Updated: 2010/03/01
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

「王様のブランチ」レギュラーとして活躍中、本サイトRecommended Eggsとしても紹介した鈴木あきえさんが3月2日から本格的コメディー演劇『少年X』に出演します。出演に先立ち、お話を聞いてきました。(2010年2月24日 都内)

鈴木あきえ 画像1鈴木あきえ 画像2
鈴木あきえ プロフィール 1987年3月12日生まれ、東京都出身、154cm

共演者は平成ノブシコブシ、ヒデ(ペナルティ)、2丁拳銃、堤下敦(インパルス)、ピースほかテレビや舞台で忙しく活躍しているお笑い芸人たち。はたしてどんな喜劇に挑戦するのでしょうか。

――喜劇をすることになった経緯を教えてください。
「お話をいただきまして、初めて聞いたときに、もともとお芝居がやりたくて、喜劇は特に挑戦したいと思っていたので、すかさず『やらせてください』とお答えしました」
――稽古のほうはいつごろからですか?
「出演者のみなさんすごく忙しくいらっしゃって、顔合わせしたのが2月17日ですが、私は初挑戦なので、演出家の方に本読みなどの特別指導をしていただいたんですけど、全員が揃ったのはまだ1~2回かもしれません」
――今週が山場ですよね。
「おそらく(笑)。スケジュールが合わなくて深夜12時スタートで、始発近くまでやっていて、今までにない感覚で、3時ぐらいになると朦朧(もうろう)としてきて、顔が老人みたいになってます(笑)」

鈴木あきえ 画像3鈴木あきえ 画像4

――役どころを紹介してください。
「主演をされる平成ノブシコブシの吉村さんが超能力を使えて、超能力開発機構というところにいるんですが、そこに赴任してくる元官僚の女性の役です。で、吉村さんに好意を抱いてもらうんです」
――どんな超能力をかけられるの?
「抱きつくときに動かないようにされたり。稽古中のときもみなさん芸人さんなので、笑わせようとして仕掛けてくるんですよ。私は笑ったらいけない場面なのに、芸人さんの笑いへの姿勢が勉強になってます」
――じゃあほかの出演者の方の役どころも簡単に紹介してください。
「ヒデさんは超能力開発機構の上司です。上司だけど変態上司です。舞台となる『超能力開発機構』が気持ち悪いアパートなんですけど、堤下さんはそのアパートに住んでいるゲイの役です。ピースの又吉さんとできてて二人はラブラブです」
――元OPD(大阪パフォーマンスドール)の大山ルミ(大山姉妹)ちゃんは?
「超能力開発機構の部長の側近で、秘書みたいなことをしてます」
――2丁拳銃の二人は?
「超能力開発機構は、超能力を使ってテロ国家をねじふせようとしてるんですね。そのテロリストが2丁拳銃さんです」

鈴木あきえ 画像5鈴木あきえ 画像6

――練習しながら「これは見てても楽しいだろうな」と思うところはどんなところですか?
「台本があってストーリーもあるんですけど、それがないようなものというか、みなさんアドリブを足していくんです。深夜でそこまで脳が働くなというぐらい。私も必死についていくんですが、みなさんの毎回違うお芝居のバリエーションが楽しめると思います」
――舞台をたくさんやってる芸人さんはアドリブとか得意じゃないですか。その中であきえちゃんはどういう風についていくというか、切り返していくんですか?
「まず、その人が何をするのかをすごく見ます。それを見てリアクションをするんですけど、小さくなりがちって言われるので、大きく見せなきゃっていうのが課題です」
――「王様のブランチ」の仕事も役に立ってるよね。
「すごく役立ってます」
――今回はプロの芸人さんが相手ですけど、こうやってみるといいのかなっていう手ごたえみたいなのは感じつつあります?
「自分の中ではできてるつもりでも、リアクションがひとつずつ出ていないみたいで、それをていねいにやるように教えていただいてます」

フライヤー
舞台のチラシ

――チラシの写真のイメージは舞台に関係してるんですか?
「みんなの衣装がちょいちょいちょいと」
――さっぱり意味がわからないんですけど(笑)。
「部長のブラジャー、私が着る白衣、テロリストの銃、ヘルメットを被る性癖のある人のヘルメット、テロリストがキムチを愛してたりと」
――出てくるキャストの衣装や小道具がひとつにまとまったってことか。
「そうです、そうです」
――あきえちゃんが着る衣装は白衣?
「赴任1日目はスーツで、研究所では白衣を着る予定です。まだ完全に衣装合わせが終わってないので確定ではないですが」

鈴木あきえ 画像7鈴木あきえ 画像8

――このキャストだと芸人さんのファンの方がほとんどになりそうだね。
「はい。あとは神保町花月のファンの方がいらっしゃるそうです」
――神保町花月は行ったことありますか?
「はい。そこで稽古しています。稽古場に初めて一人で行ったとき、道に迷ったので、近所のおばちゃんに『神保町花月ってどこでしたっけ?』って聞いたら『誰のファンなの? 誰の出待ちするの?(笑)』って言われました。それほどファンの方がいっぱいいるんだなと思いました」
――あきえちゃんのファンは来てくれますかね。
「ブログでも告知してまして、ブログのコメントやイベントなどで『買ったよ』とは言ってくださってる方はいるんですが、どのぐらい来てくださるかはわからないです」
――この舞台が終わったときにはどのように成長してたらいいですか?
「ブランチにバラエティ要素が高いコーナーがあって、芸人さんたちとロケに行かせていただくコーナーがあって、そのコーナーがどうやったらもっと面白くなるんだろうって今までいろいろ考えたりしてたんですが、そこの活かせる間とか、リアクションがゲットできればと思います」

鈴木あきえ 画像9

――では舞台のことと少し離れて、ラジオ番組「チャイム」(NACK5 木曜深夜1時~6時生放送)についてお聞きします。木曜日だとナインティナインのオールナイトニッポンがありますね。
「そうなんですよ。でも6時までやってるので聞いてくださいね」
――いつごろからやってるんですか?
「去年の4月からで、もうすぐ1年になります」
――5時間もどんなことをやってるんですか?
「メッセージテーマを募って、リスナーの方にメールをいただくので、それを紹介したり、毎週次の放送までの1週間で課題が出るんですよ。その課題をどうクリアできたかというのを披露したり、リスナーの方には予想してもらったりしています。ほかには私、柿の種が大好きで、全国制覇を目指そうと、今32~33種類の柿の種を食べたんですけど、リスナーの方から新しいレシピを募集していて、スタジオで試して、試食家ナカムーという方に試食してもらいます」
――柿の種って基本的にはしょうゆと唐辛子ですよね。
「でも今は、カフェオレとかきなことか小豆とかイチゴチョコとかいろいろあるんですよ」
――どういう方が聞いているみたいですか?
「いちばん多いのは夜勤で配達する方で、あとは受験生とか、結構若い人が結構聞いてくださってるんです。この前12歳の子からメールをもらいました」
――ほかに近況があれば。
「4月3日から映画『逢えてよかった』が池袋シネマロサで公開されます。3月10日からチケットが発売されます」
――では最後に昔から知ってるファンの方にメッセージを。
「いつもありがとうございます。今まで出せなかった自分を今回の舞台でみなさんに見ていただけるように必死に頑張りますので、ぜひよろしくお願いします。舞台で変な顔を見ても引かないでください(笑)」

舞台は2010年3月2日(火)~3月7日(日)まで神保町花月(書泉ブックマートのイベント会場の駅寄りに50メートル行ったちょっと珍しい建築物)で行われます。公演によってはほんのわずかだけチケットがあるようですので、詳しくは神保町花月にお問い合わせください。(撮影・取材 岡田)

鈴木あきえ 画像10

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.