サイトトップへ

更新情報

検索する

Berryz工房&℃-uteコラボ写真集『ベリキューアイランド』発売記念イベント


  Last Updated: 2012/03/23
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2011年に行われた『Berryz工房&℃-uteコラボコンサートツアー2011秋~ベリキューアイランド』のライブ写真集『ベリキューアイランド』(東京ニュース通信社)が発売され、その記念イベントが行われました。(2012年3月19日 福家書店新宿サブナード店)

イベントは2日に分けて行われ、この日に参加したのは嗣永桃子さん、徳永千奈美さん、須藤茉麻さん、菅谷梨沙子さん(以上、Berryz工房)、矢島舞美さん(℃-ute)の5人です。

集合写真
左より須藤茉麻、菅谷梨沙子、嗣永桃子、矢島舞美、徳永千奈美

イベントに先立ち行われた会見の様子をお届けします。

コミック部分も読んでください

――コンサートのエピソードと気に入った写真の紹介を一人ずつお願いします。
徳永千奈美「気に入っているのは写真はもちろんのことなんですけど、最後のほうに載っているベリキューコミックがすごく気に入っていて、アニメのところを見させていただいたんですけど、それぞれメンバーの着ている洋服が、私服を忠実に再現されていたりとか、オフショットとかもあったりするので、素のBerryz工房として見ることができますし、とにかくコミックをみなさんにぜひ読んでいただきたいなと思います」
矢島舞美「このページなんですけど、ベリキューコンサートの中での℃-uteコーナーでみんなで踊ってるんですけど、みんなの楽しそうな感じが伝わってくる写真だなと思いますし、ひとつ前の写真は円陣を組んでるんですけど、一瞬なんですけど、写真を見るとこういう表情でみんなのこと見てるんだなというのがわかるので、この写真は好きです」
嗣永桃子「ももちはやっぱり自分のソロページなんですけども、すごいかわいくて、ライブ中も思ったんですけど、今回ベリキュー12名でライブをやらせていただいたんですけども、他のファンの方が全員ももちファンになっちゃうんだろうなと思うぐらいかわいかったと思っていて、逆に申し訳ないなという感じです」
菅谷梨沙子「オフショット的な写真の感じが気に入っていて、ふだん撮影しているところとか、こういう変顔じゃないですけど遊んでるようなところも写っているので、そういうところが気に入ってます」
須藤茉麻「私もオフショットのページが気に入っていて、ふだんご飯食べているところだったり、ライブが終わったあとの髪の毛がぼさぼさのところだったりとか、いつも見れない私たちが見られる素顔なオフショットが気に入ってます」

徳永千奈美矢島舞美嗣永桃子
徳永千奈美、矢島舞美、嗣永桃子

菅谷梨沙子須藤茉麻
菅谷梨沙子、徳永千奈美

℃-uteは揃ってる

――Berryz工房と℃-uteが一緒にコンサートをするのは2回目だそうですけど、いつものグループと違うメンバーたちとやってて違いはありますか?
徳永千奈美「℃-uteを一緒にやらせていただくのは約3年半ぶりぐらいだったんですけど、一緒にやってみて思ったのはBerryz工房って個性がバラバラなグループなんですけども、振りもバラバラなんですよ。それぞれの癖が出ているというか。でも℃-uteのダンスは本当に揃っていて、あらためてBerryz工房も揃えなきゃいけないなと思いました」
矢島舞美「℃-uteとBerryz工房は同じハロー!プロジェクト・キッズとして一緒に活動していた期間があったんですけど、それなのに、『色が正反対だね』ってよくいろんな方に言われて、確かにBerryz工房はそれぞれが個性的で、℃-uteはみんな一緒のようになるので、そういうところはBerryz工房から盗みたいなと思います」
嗣永桃子「ももちはやっぱり、日本がアイドル戦国時代と言われている中、℃-uteとBerryz工房はアイドルですけど、ももちのライバルは芦田愛菜ちゃんなので、℃-uteをライバル視しているかというとちょっと違って、どちらかと言うとお友達って感じです」
菅谷梨沙子「今まで一緒にやってきて『あれ?この子こういう性格だったんだ』っていうのをあらためて感じたライブでした」
須藤茉麻「写真集を見て思ったんですけど、お互いのグループをライバルだと思っているところもあるんですけど、なによりも2グループが楽しそうに踊っているなっていうのが写真集を通しても伝わってきて、それはいいことだなと自分たちも思ったし、℃-uteにも負けたくないという気持ちがたぶんあると思うんですが、なによりもいちばん楽しくライブをやっている姿が見れたので良かったと思います」

会見の様子

元気すぎてうちわを壊してしまい…

――ステージ衣装の中で好きな衣装を教えていただきたいんですけど。
矢島舞美「私はシルバーの衣装が冬っぽくて、千秋楽とかクリスマスだったので、季節的にもホワイトクリスマスって感じで気に入ってます」
嗣永桃子「ももちはこのはかまの衣装なんですけど、これはベリキューで『甘酸っぱい春にサクラサク』って曲をリリースしたときの衣装なんですけど、その℃-uteの衣装がすごく好きで、なぜなら桃色だからという理由なんですけど、この衣装のときばかりは℃-uteがみんなももちファンになっちゃったんだろうなという気持ちにひたれて、自分はピンクにしたかった気持ちももちろんあるんですけど、5人がももちを応援していると思うとすごい精を出して歌って踊れました」
――ツアーのときのエピソードを教えていただきたいのですが。
徳永千奈美「須藤茉麻ちゃんで覚えているのが、みんなでうちわを持って歌って踊る曲があったんですけど、うちわにキラキラの装飾がしてるんですけど、茉麻がリハーサルでそのうちわを持って踊ってる間にそれが結構派手に壊れて、結構激しく踊ってるんだなと思いました」
――元気良すぎて壊してしまったってこと?
須藤茉麻「そうですね。ぶんぶん振ってたら知らないうちに壊れてしまってびっくりだったんですけど。あとでスタッフさんに直していただきました」
――ご飯のときとかで一番の食いしん坊は誰なんですか?
嗣永桃子「千奈美は差し入れ一人1個なのに3~4個持って帰ってるのを私は見ました」
徳永千奈美「え? いつ?」
嗣永桃子「見てたよ、私は」
徳永千奈美「私の中では早い者勝ちだと思っているので、そういうところでもライバルだなと思います」
――それは要するに食いしん坊ってことですね?(笑)
徳永千奈美「食いしん坊ですね。1日4食食べますね」
――菅谷さんは今日の雰囲気ですと大人っぽい落ち着いた雰囲気なのですが、実際はどうなんですか?
菅谷梨沙子「実際に私、落ち着いてる感じで、でもどうでしょうね。落ち着いてるときもあればはしゃいでるときもあるので、緊張しているときは落ち着いています」
――今日は緊張気味ですか?
菅谷梨沙子「緊張してますね(笑)」

私服のおしゃれポイントは?

――今日、着ている服は私服なんでしょうか。
5人「はい」
――それでは自分なりのおしゃれなコーデポイントを教えてください。
徳永千奈美「私は『タトゥータイツ』と言って今流行っているんですけど、タトゥーに見せかけてタイツなんですよ。私、日焼けしていて肌が黒いのでタトゥーの白のタイツと肌の色が合うか心配だったんですけど、さっき桃に『遠目から見たら大丈夫だよ』と言われたので安心しました」
矢島舞美「私はちょっと春っぽさを出して、下はちょっと甘い感じなんですけど、上はちょっと大人っぽい感じです」
嗣永桃子「ももちは桃色に決めたんですけど、ちょっと大人っぽさをと思ってベルトを締めてみました。でもさっきご飯を食べたのでちょっと苦しくってひとつずらしましした」
菅谷梨沙子「私はシンプルなので付け襟をつけたりとか、髪の毛を上げて大きめのピアスをつけたりとか、今日はシンプルです」
須藤茉麻「春になってきたのでスカートの色もおしゃれにとか、靴下もふだんはかないようなかわいらしいのをはいたりとか、メガネも決して目が悪いわけではなくて、ダテメガネしてきたら跡がついちゃったんで、メンバーのみんなに『これして出たほうがいいよ』って言われて今日はメガネをしてきました」

徳永千奈美矢島舞美
嗣永桃子菅谷梨沙子

須藤茉麻

――Berryz工房のみなさんは嗣永さんには慣れていると思うんですけど、℃-uteの矢島さんはどうでした?
矢島舞美「そうですね、一緒にステージに立ったときにもものキャラが強烈すぎて」
嗣永桃子キャラじゃない! 生まれ持った良さ!
矢島舞美「(苦笑)なんか新鮮でしたね。で、なにかあるごとに一緒に謝ってって言われるので、ちょっとめんどくさかったです」
――どういうときに謝ってって言うんですか?
嗣永桃子「舞美はライブ中にすごく汗をかくんですよ。で、汗がすごく飛んできて、それに対して謝ってって楽屋で言ったりとか、ステージ上以外でもちょいちょい『謝って』を身近なところからどんどん広めてもらおうかなと思いまして2012年の流行語大賞を狙っています」

マラソン代表の山本選手

――男子のマラソンのロンドンオリンピック代表選手の山本選手がハロプロ系の追っかけをしていたということなんですけど……。
嗣永桃子ももちの時代がきてる! 時代がももちに追いついてきました
――一応推しが、矢島舞美さん……。
矢島舞美あ、ありがとうございます(会場笑い)
嗣永桃子「残念だね」
――自分たちの追っかけをしている人がオリンピックの代表選手になられたのをどう思いますか?
矢島舞美「びっくりしましたね。結構ツアーにも来てくれたみたいなので、同じ空間で一緒に盛り上がってたんだなと思うと、全力で応援したいなと思いました。応援歌とかぜひつんく♂さんに作っていただいて歌いたいですね」
嗣永桃子「すごく歌いたい。なんだろう、女性受けが悪いのは自覚してたんですけど、男性にまであまり好かれないのかなと思うと悲しいので、ももち好きになってほしいけど」
徳永千奈美「涙ぐまなくても」
嗣永桃子「3推しでいいので、はい」

写真集を持って

――Berryz工房と℃-uteの今後の活動についてお知らせすることがあれば。
矢島舞美「℃-uteは4月18日に18枚目のシングルの『君は自転車 私は電車で帰宅』がリリースになって、4月14日からは発売中のアルバムを引っさげてのツアーも始まるので、約1年ぶりの℃-uteだけのツアーになるので、いろんなグループと一緒にやった刺激を自分たちのものにして、もっといいライブにしたいなと思います」
嗣永桃子「3月の21日に『Be 元気<成せば成るっ!>』という曲をリリースしまして、CDショップでスーパーマンの格好をして7人組なのがBerryz工房なので、ぜひ見ていただきたいなと思うのと、3月3日でBerryz工房がデビュー10周年を迎えまして、どんどん大人になっていくんですけれども、その日を皮切りにツアーがスタートしておりますので、ぜひお時間があってももちに会いたいなと思ったらぜひ、遊びに来てくれたらうれしいです」

写真集は大小合わせてかなり写真点数が多いのでファンの方はお手にとってみてください。(撮影・取材 岡田)

握手の風景
最初のほうに並んでいた女性ファンとマスコミ向けの握手撮影(掲載了承済み)。かなり高まっていました。

cover Berryz工房&℃-uteコラボ写真集『ベリキューアイランド』
東京ニュース通信社
3,000円(税込)
写真集
2012年3月13日
cover Berryz工房&℃-ute コラボコンサートツアー2011秋~ベリキューアイランド~(Blu-ray Disc)
アップフロントワークス
6,000円(税込)
Blu-ray
2012年2月29日
cover Be 元気<成せば成るっ!>(初回生産限定盤A)(DVD付)
ピッコロタウン
1,680円(税込)
CD+DVD
2012年3月21日
cover 君は自転車 私は電車で帰宅(初回生産限定盤A)(DVD付)
アップフロントワークス
1,680円(税込)
CD+DVD
2012年4月18日

・AmazonでBerryz工房をサーチ
・Amazonで℃-uteをサーチ

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.