サイトトップへ

更新情報

検索する

おっPサンバCD『Wカップ(ワールドカップ)』発売記念インタビュー&イベント


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

ブラジルW杯を盛り上げるために立ち上がった3人組サンバ&セクシーユニット「おっPサンバ」のCD発売記念インタビューとCD発売記念イベントレポートをお届けします。(2014年5月&2014年6月4日)

おっPサンバ集合写真
左より青山ムーチョ智美、セニョリータ高木、アマゾネス白川

“おっP”はずばりです

――3月24日にファンの前でお披露目をしたそうですか。グループ名「おっPサンバ」の由来をお願いします。
セニョリータ高木(以下【セニョ】)「『おっPサンバ』は、おっPはおっぱいなんですけど、あんまりテレビでは言えないのでPにしました。サザン方式です(笑)」
――3人で組むことになってびっくりしたと思うんですが、そのときの感想から。
青山ムーチョ智美(以下【ムーチョ】)「当時25歳で、歌もダンスもやったことがなくてびっくりしたのと、でもやりたいという気持ちがあったので『やります』って言ったんですけど、歌詞もセクシーな言葉がたくさん入っているからびっくりなのと、でもやろうって思いました」
アマゾネス白川「以下【ゾネス】)「小さいときから世界の歌姫になるのが夢だったんですね。ビヨンセにあこがれて育ってきたんですけど、歌って踊るアイドルユニットだって話を聞いたときに『やっと歌のお仕事が来た』って思って、内容を確認する前に即答しました」
――サンバはやったことがあるんですか?
セニョ「全員未経験です」
――お披露目までにどこからとりかかるんですか?
セニョ「お披露目までの期間が1ヵ月もないぐらいで、そこで衣装を作って振り入れしていただいて、歌も覚えなきゃいかなくてかなり急ピッチでした。私は1週間遅れで練習に入りましたけど追いつきました。最初大変だったのがムーチョですね」
ムーチョ「そうですね。なかなか覚えられなくて先生に怒られました」
――3月でお披露目をしてだいぶ人前には立つようになったんですよね。
セニョ「5月はほぼ毎日のようにやりました」
――アイドルイベントの現場に乱入する形での登場が多かったわけですが、アイドルファンの方たちの反応はいかがでしたか?
セニョ「意外にライブのときは温かくて、まずそれに驚きました。私たちが出てくるとびっくりされると思うんですけど、みなさん受け入れてくださって、一緒に声を出してくれたり動いたりしてくれます。ちょっと物販のときに近くで見ると、私たちの圧力が大きいのか、衣装のせいなのか、動物園感覚で遠くから見る人が多くて(笑)。『こっちおいでよ』って呼ぶと、ちょっと近づくんですけど、やっぱり下がって、『でも見たい』といったような、遠くで笑ってる人が多いですね。おっPはみんなでお祭り騒ぎをして楽しむグループなので、もっと近くに来ればいいのにな、とは思います」

おっPサンバ集合写真2

女性が真似したくなります

――タイトル曲『Wカップ!』(ワールドカップ)についてお聞きしましょう。
ムーチョ「みんなで楽しく踊って、かわいらしい曲でもあるので、みんなで盛り上がれたらいいなって曲になってます」
――歌詞の内容については?
ムーチョ「ぱふ、ぱふ、みたいなのとか、オーレ、オレ、オレとか(笑)」
――かけ声ばかりなの?(笑)
ゾネス「ブラジルワールドカップに乗っかって、その時期に発売するだけあって」
セニョ「歌詞を聴いているとサッカーのシーンが浮かんでくるようなストーリーになってます。そこに女の子らしさやふざけた感じもあるんですけど、サッカーがテーマで、女性の方が聞いて一緒に踊ったり真似してはまっちゃうって方もいて、ありがたいなと思います」
――今日も着ている衣装について教えてください。
セニョ「おっPのところに渦があるんですけど、胸の大きさによって渦の大きさが変わってくるんですよ。だから渦のデザインを見ていただければ胸の大きさがバレてしまうんです。この緑の羽根はブラジルから取り寄せた孔雀(くじゃく)の羽根なんです。衣装の方は本場のサンバの衣装を作ってるブラジルの方なんです」
――歌のメロティー、リズム、振りなんかについても教えてください。
ゾネス「振りとしては手で『W』をやってるんですけど、私はグワシポーズと呼んでいるんですけど、それをやっていただきたいです」
――衣装が大きくてぶつかりそうになりません?
セニョ「今のところ大丈夫です。ステージよりも通路や楽屋のほうが大変ですね」

青山ムーチョ智美
青山ムーチョ智美(青山智美)

アマゾネス白川
アマゾネス白川(白川未奈)

セニョリータ高木
セニョリータ高木(高木あずさ)

ワールドカップを盛り上げた後は?

――「2016年8月、リオデジャネイロオリンピックと同時に解散」だそうですが、そこまで続けていくためにはどうすればいいでしょうか。
セニョ「まず『音楽性の違い』とか言わないこと(笑)」
――それまでどんな活動をするんですか?
セニョ「なんでも乗っかります(笑)。ワールドカップが終わるまではワールドカップに乗っかりますけど、夏祭りや花火大会に学園祭に、冬はどうしようか……忘年会かな? スパみたいなところとか。全国巡業もいいですね」

★CD発売記念イベント

メディア向けでしたが、発売日の2014年6月4日にアソビットシティB1Fにて2曲披露しました。

Photo
Photo
集合写真
青山ムーチョ智美さんは“お尻担当”だそうなので、お尻を向いてもらいました。
小学生に「スカートの中が見えてる」と言われたそうです。そういう衣装です。
右のアマゾネス白川さんはおっぱい担当だそうです。

Photo

今後の「おっPサンバ」の活動は公式ブログでご確認ください。そして、それぞれTwitterもやっているので最後にまとめて掲載しておきます。(撮影・取材 岡田)

cover Wカップ!
ジョリー・ロジャー
1,000円(税込)
CD
2014年6月4日

・AmazonでおっPサンバをサーチ

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.