サイトトップへ

更新情報

検索する

山田菜々 NMB48卒業メモリアル・フォトブック『山田菜々 4+3=7』発売記念握手会


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
NMB48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48の1期生でチームM(SKE48チームKII兼任)の山田菜々さんが23歳の誕生日である2015年4月3日にNMB48を卒業し、そのメモリアル・フォトブック『山田菜々 4+3=7』(光文社)の発売記念握手会が行われました。(2015年4月27日 福家書店新宿サブナード店)

本記事は握手会に先駆けて行われたメディア向け囲み会見の様子をお届けします。

山田菜々山田菜々
山田菜々 1992年4月3日生まれ、大阪府出身、A型、152.6cm

――今回のフォトブックはどんな内容になっていますか?
「NMB48に受かったときからと、私の生い立ちみたいなものが書いた、NMB48卒業メモリアルブックです」
――写真集のほうも素敵な内容になっていますね。
「そうですか? 大阪で自分がゆかりのある思い出の場所をめぐらせてもらって、あとは沖縄が好きなので沖縄にも連れて行ってもらいました」
――何月ぐらいに撮影をされたんですか?
「めっちゃ最近です。3月中に全部、はい」
――撮影中のエピソードはありますか?
「えー、なんやろう。でも、本当に卒業してから水着を着るかもわからないし、制服もほとんど着る機会がないと思うから、ひとつひとつラストなのかなと思いながら着ました。特にセーラー服は余計に思いが強かったです」
――まだ着られるなって思いました?
「さすがに恥ずかしかったです。この写真集の中で着た制服を後日いただいたんです。どうしようかなと」
――プライベートで着る感じになるんですか?
「それはだって着たらおかしいですよね? まあいざというときに」
――セクシーな水着も着てらっしゃいますけど、それはどうでしょうか。
「NMB48のときにもたくさん水着は着させていただいたんですけど、この中で下着っぽいのがあって、それはさすがに、なんか大人になった気分? ちょっと恥ずかしかったですけど、でもこうやって本で見ると自分じゃないみたいでいいなって思います」

★お気に入り? ベストショット?

――お気に入りのベストショットを見せていただきたいんですけど。
「最初のほうなんですけど、これ。こっちの顔」
――どこがベストショットなんですか?
「あ、ベストショットか(笑)。私はすごいお気に入りなんですけど(笑)。メイクも薄くて目元をメイクせずに寝起きみたいな感じで沖縄のホテルで撮ったんですけど、こういう顔で目覚めたらかわいくないですか? なんかいいなって思って。ちょっと寝起きの悪い感じ? 『もう眠いけどなに?』って言うような顔がお気に入りです」

お気に入りの写真

「ベストショットですよね? これはさっき言っていた下着っぽい水着なんですけど、これです。これ。どうですか?(笑) 色合いも素敵やなと思って、ホテルの感じが」
――これはどちらで?
「両方とも沖縄です」

ベストショット

★タイトルはマネージャーさんが

――タイトルが「4+3=7」というものなんですけど、これは山田さんが考えたんですか?
「タイトルは何にしようって悩んで、候補がいろいろあったんですけど、マネージャーさんがぽっと言ったんですよ。NMBでキャッチフレーズを決めるときに自分で言ってたんですよ。『4月3日生まれは4足す3は7(菜々)と覚えてください』っていうのが候補にあって、『あ。それいい!』ってなって、私4月3日にNMBを卒業したので、誕生日と卒業というのもあり、4+3=7」
――……と、マネージャーさんが考えた、と。
「(笑)。そうなりますね(笑)」
――卒業して3週間ほど経ちますが、現実的にはどうですか?
「毎日楽しいんですけど、NMBのときのときは本当に毎日お仕事させていただいて、今は休みもあるので、逆に休みになると疲れちゃう。何したらいいかわからなくなっちゃって。で、お昼の1時にふつうに寝たりします。変な気分です」
――メンバーとは会ったりしてないですか?
「卒業してからですか? 同じチームだった藤江れいなちゃんとは、2日連続でランチを食べに行ったりとか、あとはSKEの大場美奈ちゃんとも遊ぶ約束をしてます」
――NMBでの一番の思い出というと?
「大阪城ホールのステージに立つのが夢だったので、それがかなったときには一番うれしかったです」
――今だったら言えるエピソードはありますか?
「あーなんやろ。何があったかなぁ? でも……え? よく寝坊してました。電話かけて起こしてもらったりとか、あとは、メンバーが一緒のときはメンバーが起こしてくれたり、それが今、一人になったからそれが一番不安です」
――今日の衣装のポイントは?
「白・白コーデが流行ってるって言ってたし、今年は黄色が流行るんですよね。その黄色の靴を衣装で持ってきてくれたので。あとはお花。花冠がお気に入りです」

全身写真

★東京は道が…

「あとは東京の道がいっぱいありすぎて、ナビを使ってもわからない。交差点多くないですか?」
――ふつうだと思うんですけど。東京は違いますか?
「全部おしゃれやし、カフェも多いし、あぁどうしたらいいのかわからない」
――東京でお気に入りの場所はありますか?
「この間、代官山に300円ショップがあって、それがめちゃくちゃかわいかったんです。置いてる小物が。その前に今、ジャーって流行ってるじゃないですか。それを1500円ぐらいで買ってたんですよ。なのにそこで300円で置いてて、『あー、やっちまった』と思って」
――ほかに何か買いましたか?
「買いました。飾るお花とか。トイレに飾ってます。女子力を高めたいですね」
――生活の拠点は大阪ですか?東京ですか?
「今は東京で頑張ろうと思ってます」
――東京のイメージは変わりましたか?
「とにかく道が多い。あの、ナビがすごい優秀じゃないですか。交差点の真ん中にいたらどっちかわからないから、どっちかに進んで戻って進んで、戻ってっていうのを繰り返してます」
――迷子になるってことですか?
「なりますね。だから自転車ほしい…」

山田菜々 Photo

★女子力を高めるために…

――一人暮らしですか?
「はいそうです」
――家事が大変ですね。
「大変です。ゴミを出しに行く作業がこんなにも大変なことやったのかと。今まで家族と住んでたらゴミ捨ててないじゃないですか。お母さんが全部やってくれてたから」
――ゴミ袋を買うところから始めなきゃいけないんですね。
「そうですね。買いました。スーパーに行って」
――食生活はどうですか?
「お鍋が好きで、作るならお鍋ばっかりになっちゃうんですけど、ひとりだと余っちゃったりするじゃないですか。毎日お家に帰れたら全然いいけど、腐ちゃったりしたらもったいないから、結局マネージャーさんがご飯連れてってくれることが多いです」
――女子力を上げるためには料理の腕も上げていかないとならないのでは?
「そうですよね。いい奥さんになりたいですよね。和食とか作れるようになりたいです。(料理)本は10冊ぐらい持ってます」
――これだったら素敵な男性をぐっとさせる料理はあるんですか?
「鍋以外ですか? えー、なんやろう。トースト! これはあの、握手会のときに、朝、オーブントースターと食パンとハムとケチャップとマヨネーズ置いてるんですけど、それを自分で作るんですけど、すごいおいしくできます」
――トーストで男子の心をつかむのは難しいんじゃないかとも思うんですけど。
「そうですね。でもまあ、トーストといえば朝ごはんだと思うので、ちゃんと結婚したら毎日帰ってこれるように、おいしい朝ごはんを作れるようになりたいなって思います」

山田菜々 Photo

★私の理想の出会い

――握手会は久しぶりになるんですか?
「そうです。3月の終わりぶりです。本当に久しぶりですよね。Twitterのコメントでしかコミュニケーションを取れないので久しぶりに直接お話しできるのが楽しみです」
――フォトブックのメンバーからの反応はあったんですか?
「さっき、あったんです。メンバーからの反応といいますか。一人、山尾梨奈ちゃんていう子がいるんですけど、私の写真集を7冊予約してくれてて、7冊受け取りに行ってきました。どのページもむちゃくちゃかわいかったです、ってメールが来てました」
――買わせたんですか?(笑)
「違いますよ!(笑) 私がジョークでファンの方に『じゃあ5冊ぐらい買ってください』みたいなことを言ってたら、『いや、私はそんなんじゃ足りない。菜々さんですから7冊買います』って言って本当に買いに行ってくれたんです」
――卒業して恋愛のほうも解禁になったと思うんですけど、そちらのほうはどうですか?
Z「そっちのほうは、今どっちでもなく、どっちでもなくと言いますか、まだ世間を知らないので、もっと知りたいなっていうのもあるし、今、興味がわいてます。私の理想としては道を歩いてて、ポンと物を落として、それを拾ってくれる人がいて、『あ、すいません』て言った瞬間にキラン☆って出会うような、それがいいんですよ。なかなかそういうのがないじゃないですか。落とし物から始まる恋…」
――少女漫画の世界ですよね。
「すごい期待してます」
――ちなみに理想のタイプはありますか?
「つっこんでくれる人が好きです」
――どんなデートがいいですか?
「ファミレスとか。向かい合わせに座って、パンケーキとか食べてみたいです」

フォトブック『山田菜々 4+3=7』(光文社)より

★目標とするタレント

――今後どんなお仕事をやってみたいですか?
「テレビにたくさん出たいなと思っているので、バラエティにいっぱい出て、ロケにたくさん行けたらなと。ロケ芸人じゃないですけど、ロケタレント」
――狙ってる番組とかありますか?
「えー? 狙ってる番組? なんでしょうね。これ言っちゃっていいんですか? 『イッテQ!』のロケとかすごいなっていつも思います」
――海外にはあこがれる?
「あこがれます。行きたいです」
――行きたい場所は?
「え? なんやったっけ。海がきれいなところ。ハワイも行きたいんですけど、なんやったっけ! なんかあるじゃないですか。海がすごいきれいなところ。モルディブに行きたいです! なかなか聞かない単語なので。いいですね。テレビでやっててすっごいきれいだなって」

――NMB48を卒業して新しくタレントとして活動していくわけですが、目標とするタレントさんは誰なんでしょうか。
「YOUさん。YOUさんに近づくのはなかなか難しいけれど、バラエティでも『YOUさん』という確立されたものがあるじゃないですか。仕切ることもできるし、ひとこと話すこともできるし、本当にすごい方だなって思って」
――テレビとか見たりするようになりましたか?
「見ます見ます」
――最近お気に入りのバラエティやドラマを教えてください。
「いっぱいありますよ。バラエティだと『笑神様』は好きやから録ってるし、『さんま御殿』も録ってます。いつか出れたらいいなと思って。あとドラマもいっぱい録ってます。(大島)優子さんの『ヤメゴク』も見てます」

フォトブック『山田菜々 4+3=7』(光文社)より

オリコン週間写真集ランキング1位にもなることができました。フォトブックはインタビューのほか、対談(山田菜々、村上文香、陣内智則)やヒストリー写真もたくさん入っています。本日12日ジュンク堂書店 千日前店に参加される方はお楽しみに。(撮影・取材 岡田)

cover 山田菜々 4+3=7
光文社
1,944円(税込)
フォトブック
2015年4月24日
cover BUBKA (ブブカ) 2015年05月号
白夜書房
630円(税込)

2015年3月31日

Amazonで山田菜々をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.