サイトトップへ

更新情報

検索する

SKE48『手をつなぎながら』公演フォトレポート(1)


  Last Updated: 2009/04/22
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
SKE48 LIVE!! ON DEMAND

2009年2月14日より始まったSKE48の初のオリジナル公演『手をつなぎながら』の様子をお届けします。(2009年2月14日 SKE48劇場)

本レポートは初日公演、記者会見に先立ち行われた関係者向けゲネプロ公演で取材したものです。現在のメンバーの顔つきも今よりは幼かったりする部分もあるかと思いますが、NHKホールで見た方が今後名古屋へ足を運びたいと思われる方のための資料としてご活用いただければ幸いです。

また、曲目解説には記者(編集長岡田)の多少偏向した思い入れや音楽遍歴も盛り込んでおりますので、参考程度に受け取っていただき、実際の感想につきましては、各自、ご自分の目でご確認いただければと思います。[注:SKE48および『手をつなぎながら』公演を紹介する目的で取材・掲載しています。掲載画像の複製・転載・直リンク・2次使用は一切禁止です]

★M01 「僕らの風」

SKE48「僕らの風」
SKE48「僕らの風」

ちょっと懐かしいモータウンサウンドに乗った典型的なアイドルソング。手にはタンバリン、衣装は制服、タイムカプセルに閉じ込められていたアイドルが、そのカプセルを破って飛び出てきたような、とても元気のいい曲です。

表記は不明ですが、サビの部分が「今僕らは風になる 思うままにどこへも行ける 太陽燃えてる限り 次の朝が 願い叶えるチャンス」といった内容の青春ソングとなっています。とにかく元気でまぶしい印象です。

SKE48「僕らの風」

★M02 「マンゴー NO2」

SKE48「マンゴー NO2」
松井珠理奈

「あーッ! マンボー No.2!」という掛け声とともにマンボとチャチャのリズムと8ビートロックが合わさったリズムでかなり元気良く踊りながら、歌詞は食べものがやたら出てきたり、『チャチャ』とお茶をかけたりした遊びなどが入っている楽しい曲です。

掛け声をするメンバーは日替わりのようです。ゲネのときは松井珠理奈さんでした。

「マンゴー NO2」
大矢真那、松井玲奈、平松可奈子

SKE48「マンゴー NO2」
前列左より小野晴香、森紗雪、中西優香、出口陽、松下唯

SKE48「マンゴーNO2」
桑原みずき、松井珠理奈、平田璃香子

★M03 「手をつなぎながら」

学校を舞台に、つらくても友達と手をつなぎがら夢に向かって進んでいこうよ、といった内容の歌詞です。記者会見で秋元康プロデューサーがおっしゃってましたが、今のSKE48を表しながら、SKE48を見続けて応援してきた側も感情移入しやすい楽曲です。

軽快な8ビートの80年代風アイドル風ポップスですが、ところどころに白井貴子、永井真理子を彷彿(ほうふつ)させるメロディーがあってオールドファンは涙腺が緩みます。

SKE48「手をつなぎながら」

表記はわかりませんが「HEY HEY HEY HEY HEY HEY HEY HEY みんなで目指すんだあのステージへ、HEY HEY HEY HEY HEY HEY HEY HEY どんなにつらくても負けずにピース」という大サビのあたりで感情移入してる人は泣きそうになるかもしれません。そのあとのギターソロがこれまたかっこよすぎます。

★M04 「チャイムはLOVE SONG」

「チャイムはLOVE SONG」
SKE48「チャイムはLOVE SONG」

曲調が「BINGO!」とそっくり。SKE48版の「BINGO!」と覚えておけばいいでしょう。ギターソロやブラスの音がリッチです。

★MC

AXで披露したのでなんとなくおわかりかと思います。顔と名前を早く一致させてくださいね。

松井玲奈松井珠理奈高井つき奈
松井玲奈、松井珠理奈、高井つき奈

中西優香出口陽高田志織
中西優香、出口陽、高田志織

平田璃香子松下唯森紗雪
平田璃香子、松下唯、森紗雪

★M05 「Glory days」

M5~M9まではユニット曲です。おとなしめのイントロで始まり90年代風のサウンドをアイドルっぽくした感じです。すぐに研究生が後ろに出てくるので、見てる側はちょっと落ち着かないかもしれません。この曲しか研究生が出てこないのも落ち着かない原因かもしれません。

SKE48「Glory days」
桑原みずき、松井珠理奈、中西優香

メンバーにはわかるはずもありませんが、音符の符割的には「TRAIN-TRAIN」(ブルーハーツ)、「WOW WOR TO NIGHT」(H Jungle With t)をどうしても思い出してしまい、懐かしくも不思議な気持ちです。

SKE48「Glory days」

★M06 「この胸のバーコード」

マイナー系の落ち着いたテンポの典型的な80年代アイドルポップス。アルバム曲に必ず入っている感じです。元ネタが必ずあると考えているうちにあっという間に終わってしまうかも。

SKE48「この胸のバーコード」
小野晴香、出口陽、高田志織

3人とも曲の雰囲気にあった声を出していて、昔懐かしい雰囲気を出しています。それを後押ししているオケがすばらしいです。エレピ、ホーン、ギター、リズムセクションのリズムの刻み方、何をとっても80年代アイドル歌謡曲を完璧に再現しています。

小野晴香出口陽高田志織

・SKE48『手をつなぎながら』公演フォトレポート(2)に続きます。(撮影・取材 岡田)

●関連記事

AKB48関連コラム

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.