サイトトップへ

更新情報

検索する

SKE48『パレオはエメラルド』発売記念インタビュー


  Last Updated: 2011/07/29
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
SKE48 LIVE!! ON DEMAND

2011年7月27日に発売されたオリコンデイリーチャート1位独走中のSKE48のシングル『パレオはエメラルド』発売記念インタビューをお届けします。今回インタビューに参加してくれたのは大矢真那さん、桑原みずきさん、須田亜香里さん、平松可奈子さん、高柳明音さん、秦佐和子さんです。「パレオはエメラルド」のミュージックビデオの衣装で答えていただきました。(2011年7月 都内スタジオ)

SKE48
後列左から秦佐和子、平松可奈子、須田亜香里
前列左から高柳明音、桑原みずき、大矢真那

――では『パレオはエメラルド』はどんな曲か簡単に紹介してください。
高柳明音「エメラルドを妹だと思ってた女の子にたとえて、原石だと光り輝いていないんですけど、それが磨かれてきれいになっていくのを、年を重ねるにつれて女性らしくなっていく姿を、その女の子がエメラルド色のパレオを着てたことで表現したのではないかと思います」
――動きの面ではどんな特徴がありますか?
桑原みずき「振り付けで特に難しいとかは思わなかったんですけど、振り付けもハワイに行ってから全部変わるってことになって、それでも本番はちゃんと揃っていたので、みんなのレベルがシングルを重ねるにつれて上がってきたんじゃないかなと思います」
――「バンザイVenus」ほどは激しくない? 桑原さんに聞いたら何でも平気そうだけど(笑)。
桑原みずき(インタビュー当時の)今は慣れるのに必死で、まだ比べることができないんですけど、動き回るフォーメーションが迫力があるって言われたんですよ。それは16人だからできることで、一人一人は細かい移動をしていて、それが合体したときにすごい見え方をするんじゃないかと思います」
――初めて聞いたときにはファンの人は何かの曲に似てるって言ってましたけど、どう感じました?
大矢真那「最初のイントロに入る前が『ポニーテールとシュシュ』のキラキラってした部分が似てるなって思って。そして一番最後にもキラキラって終わるところがエメラルドを想像できるというか、エメラルド色のパレオがなびいてたり、砂浜がさらさらしてるイメージだなと思いました。サビの部分が『チャイムはLOVE SONG』に似ていて、最初にレコーディングしたときに何回も歌いながらチャイムになっちゃったりとかして入ってこなかったんですけど(笑)、何度も歌っていくうちに別の曲だとはっきりわかるし、今は似てるとは思わなくなりました」

SKE48

――秦さんにはまず、初めてシングルの選抜に入った感想から聞かせていただけますか。
秦佐和子「今回の選抜では一番年上の22歳で、自分が選ばれると思っていなかったので、ずっと実感がわいていなくて、ハワイでミュージックビデオを撮影させていただいても、実感がわかなかったんですけど、ダンスシーンを撮影しているときに、少しずつ実感がわいてきました」
――選抜メンバーで「パレオはエメラルド」をファンの方の前でやってみた感想はいかがでした?
秦佐和子「ふだんの公演での曲もできる限りでの全力でやっているんですけど、選抜で舞台に立たせていただくと、よりしっかりしないといけないなという気持ちになります」
――須田さんは『パレオはエメラルド』では真ん中に来ることが多くないですか?
須田亜香里「先生が決めていただいたフォーメーションで今回たまたまそういう位置に行かせていただくことが多かったんですけど、初めてお披露目した日にブログのコメントにファンの方が『真ん中に近づいたね』って心から喜んでくださって、今回の選抜に入ったことを一緒にファンの方と喜べたことがすごくうれしかったです」
――ハワイの撮影はどうでしたか?
須田亜香里「とにかく本当に向こうの学生になりきってミュージックビデオを撮らせていただいたんですけど、一緒に撮影に参加してくださった方がすごくフレンドリーで仲良くなったりとか、みんなでハワイの学生生活を短期で味わった気分でした。休みができたらプライベートでまた行ってみたいと思いました。でもプライベートで行ってこの前の撮影ほど楽しめる自信はないです」
――そんなに楽しかったの?
須田亜香里「お仕事で撮影するのも楽しいので、その楽しさプラス、ハワイの楽しさがあって本当に楽しめたと思うので、プライベートだと計画性があまりないのでなんとなく過ごしちゃうんだろうと思うので」

全員崖からジャンプ!

――水着の撮影についてはどうでしょう。MVで崖から海に飛び込むシーンがファンの方には受けてましたよ。
平松可奈子「最初はみんな飛ばなくてもいいと言われてて、自分は余裕でいたら、監督さんに『全員飛んだほうが、“全員崖からジャンプしました”、っていうフレーズが使えるからそのために飛んでくれ』って言われて全員飛んだんですよ。それが使われてしまって」
――で、どうだったんですか?
平松可奈子「飛び方がカエルみたいって言われて湯浅支配人と『これは(秋元プロデューサーから)NGが出るかもしれないね』って言われてて、まさか使われてないだろうと思ってたら、コンサートが始まる前に(ミュージックビデオの映像が流れたのを)見てみんなが『使われてるよ』って言ってて」
――みんな見てなかったの?
大矢真那「そのとき初めて見ました」
平松可奈子「『秋元さん、ここカットしなかったんだ~』って。バンジー宣言からそういうキャラになっているから、恥ずかしいです」
――結構客席では受けてたから良かったのでは(笑)。
平松可奈子「いつもお笑いポジションみたいになってて(笑)」

SKE48
平松可奈子、大矢真那

――高柳さんは水着の撮影あんまり得意じゃないって前から言ってましたけど、うまくいったんですか?
高柳明音「まわりがみんな水着なので、恥ずかしがっちゃいけないなと思ってやりました」
桑原みずき「ハワイっていう場所も良かったですね。日本だったら抵抗あったかもしれないけど、ハワイだとビキニで買い物とかしてる人がいるんですよ。だからそれ見たら脱ぎたくなります」
――脱ぎたくなりますって(笑)。
大矢真那「確かに」
平松可奈子「自然になります、っていう意味です」
須田亜香里「温泉に行って脱ぐのと一緒です」
――え?(笑) じゃあそんなに違和感はなく撮影できたんですね。
高柳明音「そうですね。飛んだあとにいろいろ事件は発生したりしたんですけど」

事件が……

――どんな事件があったんですか? 載せてもいい話を教えてください。
桑原みずき「真那と一緒に飛んだんですけど、すごい圧力がかかるわけじゃないですか、お尻から海に入るときに。それで海の中で半ケツになりまして、そっからジェットスキーについてる大きいビート板に救助されるんですよ。まず真那がそれに乗って、みぃは乗せられようとしたんですけど、半ケツだったんですよ」
――自分で直せばいいのに。
桑原みずき「直そうと思って『アイム、ハンケツ! アイム、ハンケツ!』って叫んだんですけど、先に上ってるメンバーは大爆笑で、ビート板に上げられたらやばいと思って、でも半ケツのままホイッって上げられて」
大矢真那「そうだったの?」
平松可奈子「見たかった(笑)」
桑原みずき「真那はお嬢さんスタイルでビート板に座ってるんですけど、私まだ半分も身体が乗ってない状態でエンジンがかかって出発して、ずっとビート板に必死でつかまってました」
――それ見て真那さんは何も思わなかったの?
大矢真那「何やってるんだろうと思って、でもそこもカメラで撮られてるだろうと思ってたので、カメラに向かってわざとやってるんだろうなと思いました」
桑原みずき「『そこは使ってOKです』と監督には一応言っておきました。『半ケツ全然オッケーです』って。結局使われなかったですけど」

制服シーンにも設定がある

――ほかにエピソードはありましたか?
須田亜香里「砂浜で撮影したときに、水しぶきがちょうどかかるところで撮ったんですよ。みんなで水浸しになりながら踊ったりして、そのしゃがんでる振り付けのときに波がパチャーンときて、みんな波に飲まれながら撮影してました(笑)」
高柳明音「みんなの声が後ろから聞こえてきました。『ギャー』って」
須田亜香里「そんな感じも楽しみながらの撮影だったので、その表情を見ていただけると楽しいと思うので見ていただければと思います」
大矢真那「みんなが制服を着てるシーン(この日の衣装)なんですけど、みんな別々のグループになってて、カヌー組やガーリーチームとかいろいろ分かれてて、一人一人キャラ設定があって、それに合った制服だったり中に着ている水着だったりするんですけど、そういうのも工夫されているので、ファンの方にも注意深く見ていただきたいです」
――真那さんは何設定?
大矢真那「私は…」
桑原みずき「だめだめ部員」
大矢真那「だめだめじゃなくて、真面目な感じで勉強とかもする子で、ネクタイもみんなよりもキツめに締めてシャツもスカートの中にインして、ちょっと影の薄い子なんですけど、部活になると切り替わって熱心にやる子って感じです」
桑原みずき「私はカヌー部員」
須田亜香里「私はすごく派手なんですよ。靴も靴下もレインボーで」

SKE48紅白対抗水泳大会

――タイプCに入っている「SKE48紅白対抗水泳大会」についても紹介いただきたいんですけど。
平松可奈子「紅組と白組が水泳の競技で対決をする内容になってるんですけど、ガチで泳いでるのとか尻相撲とか騎馬戦とか、ちょっと遊んでる感じとか。騎馬戦では桑原みずきちゃんが大暴れ」
桑原みずき「大活躍!」
平松可奈子「(笑)」
桑原みずき「玲奈をめっちゃ叩きましたよ。玲奈のファンの方の反応が怖いんですよ」
平松可奈子「あるメンバーが本当にすごい泳ぎを見せたり、意外なメンバーの特技も見れると思うので、ぜひ楽しみにしてほしいです」
――50分以上ってあるからすごく撮ったってことだよね。
平松可奈子「はい、1日かけて。障害物は面白いんじゃないかと」
桑原みずき「大苦戦しました」
平松可奈子「あと、水着姿でユニット曲を踊っているので。中西優香ちゃんの水着姿が必見だと思います」

SKE48
高柳明音、桑原みずき

――SKE48全員で歌ってる『積み木の時間』についてもひとこと。
大矢真那「新しい感じの曲かなと思って、シングル曲の中ではいちばん早く覚えられたかなと。ついつい口ずさんじゃうので、ぜひファンの方にも聞いてもらって思わず口ずさんでいただきたいです」
――歌詞についてはどうでしょう。
秦佐和子「私、秋元先生の、この曲だけじゃないんですけど歌詞で『○○しましょう』とか、『○○だよ』『かもね』という言葉遣いがすごく好きで、今回そういうところが曲に使われているので、いいなと思います」
――秋元先生の歌詞のどういうところが気に入ってるんですか?
秦佐和子「少し前の女の子が使うような言葉が、歌だから使えるというか、普段は使わないですけど使ってみたいかわいい言葉なんです」

秦佐和子の不思議な行動

――撮影したときは選抜メンバーで行ったんでしょ。誰と一緒にいることが多いんですか?
桑原みずき「最後の日、一人でおみやげ買ってなかった?」
――何買ってたの?
秦佐和子「マカダミアナッツとか。時間が全然なくて、30分ぐらいしかなくて急いで一人で買いにいきました。普段の買い物は一人ですることが多いので」
桑原みずき「ちょっと焦って須田ちゃんに言ったもん。『佐和子ちゃん一人やで』って」
須田亜香里「免税店に行けなかったんですよ。それ以外のときは部屋もずっと一緒で」
――二人で何の話するの?
須田亜香里「世間話?」
――想像がつかないけど、須田ちゃんと佐和子さんとどんな世間話するの? 興味ありますね。
須田亜香里「よくファンの方にも言われますけど」
桑原みずき「メンバーの話?」
秦佐和子「メンバーの話はしなくてお互いの話とか」
須田亜香里「食べ物の話とかかなぁ。しゃわこはひとつひとつの知識がすごく深いので、しゃべってると自分も物知りになれるのでいろいろ教えてもらってる気がします」

――SKE48としてこの曲がどういう風に知られていくといいでしょうか。
高柳明音「夏だから聞ける場所とかあると思うんですよ。プールとか水着売り場とか、夏もののセールの場所とか。パレオって一昔前に流行ったらしいんですけど、今年また来るらしいんですよ。そういうのが売り出されるところのスピーカーから『パレオはエメラルド』が流れてくれば夏らしさもわかるし、SKEも知ってもらえるし、いろんなところで聞いていただけるといいなと」

全国ツアーについて

――今回の全国ツアーは2チームだったのですが、どういう感じだったんですか?
大矢真那「チームKIIもチームEもお互いにいろんな部分で高めあうことができたんじゃないかなって思ってて。チームEとは初めてだったのでどういう風にステージを作っていくのが楽しみだったんですけど、EのフレッシュさとSの力強さが混ざったいいステージになったと思います。チームKIIとは一緒にいる期間が長いので、その分昔一緒にやったときよりもチームワークがパワーアップしたのが今回のツアーでお見せできたんじゃないかなって思います」
――チームEから見るとだいぶお姉さんに見えるみたいだからね。
大矢真那「チームEの子たちはフレッシュなんですけど、考えてることは私たちよりも成長が早いというか、前に出たい精神が……悪い意味じゃなくてラジオのときとかに自分から言葉を発していて伝え方が上手だなって感心しました」
桑原みずき「前に出たい精神代表、須田亜香里やん」
須田亜香里「ちょっと!(笑)」
――KIIから見たチームSとチームEは?
高柳明音「以前、SさんとやったときにはKIIは『会いたかった』公演をやっていたので、『手をつなぎながら』を一緒にやることはなかったんですよ。今回あらためてやってみていろんな発見がありました。私は『ロープの友情』で真那さんと組むんですよ。真那さん細いし白いし引っ張ったらすっていっちゃうんじゃないかなと思ったんですけど、力強くてそれに応えなきゃって思って。前回の『勝負はこれからだ』のときには“紅”対“白”で『ロープの友情』をやったことがあったんですけど、そのときは対チームではなかったので新鮮でした」

SKE48
須田亜香里、秦佐和子

それぞれがSKE48について思っていること

――名古屋を拠点にしているけど、いよいよ全国の人に知られるようになってきて、自分たちの気持ちの持ち方として、SKE48らしさという面をどのように保っていくかっていうのを最後に聞かせていただけますか。
平松可奈子「avexさんに移籍するとなったときに、私は浜崎あゆみさんが大好きだったので、すごくうれしかったんですけど、ファンの人は淋しいという気持ちを伝える方が多くて、avexさんは大きい会社だからそういう気持ちになるのかなって気づかされて。遠くに行ったって思ってもらわないためには劇場の公演を一番大切にしなければいけないんだなって。基本の公演を一番大切にしていかないとファンの人たちが離れていってしまうのかなと思ったので、今回のシングルがどれだけみなさんの手に届くかわからないんですけど、どんな結果になっても公演を一番大切にしたいなと思いました」

須田亜香里「全国ツアーをやらせていただけたので、3チームがお互いほかの2チームとやったことで、お互いのチームとの絆を深めていけたと思うので、両方のチームからいただいた刺激を自分の中でしっかり糧にして、SKE48としていろんな表情をファンの方にこれからも見せ続けて、成長するから応援したくなると思うので、みなさんの期待に少しずつ応えていけるように頑張っていきたいと思います」

秦佐和子「今のSKE48の人気は3年前のSKE48があったからこそのSKE48なので、今の自分たちが変わらないことが大切なんじゃないかなと思います。名古屋にいるから全国に出ていくことを決して忘れず、私は大阪出身なんですけど、名古屋を大切にすることがSKE48らしさじゃなかと思っているので、それを大切にしていきたいと思っています」

大矢真那「『パレオとエメラルド』の出荷枚数の数字を聞いて、その発売日の7月27日はSKE48のオーディションで受かる3日前だったんですけど、『強き者よ』のときと比べて今でも実感がわかなくて、その勢いに追いつけてない部分があると思うんですよ。なので、SKEは4年目になるし、もしかしたらメンバーも増えていくかもしれないし、私たちはSKE自体が大きくなることを願っていて、もっといろんな場所に、ファンの方が来てほしいって言ってくださる場所に全部行けたらと思っています」

桑原みずき「最初は選抜とかはなかったんですけど、時間が経つにつれて、人数が多くなって選抜されることになって入れる子も入れない子もいるわけなんですけど、でもグループとしてSKEは活動しているので、個人個人が頑張るのも大切なんですけど、公演に気を配れるグループになれたらいいなと思っています」

高柳明音「私たちKIIはこれから、今秋元先生が書いてくださっている公演をやることが今年一番大きい壁だと思っているので、その壁を乗り越えたときにファンの方から喜びの声が聞こえてきたときにやっとKIIが出来上がると思っているんですよ。そのときにみんなで作れるように頑張っていきたいです。SKEとしては今回のツアーは2チームで、どこの地域にはどこが来れなかったというのがあるので、もっともっとレベルアップしてちゃんとSKE48全チームで回れるようにしたいなっていうのもありますし、SKEのコンサートだけじゃなくてチームごとの公演の良さもみなさんにお伝えしていけたらなと思います」

ということで本音を含めてたっぷりとお話ししていただきました。

全国握手会は7月31日(日)東京ビッグサイト、8月6日(土)名古屋 愛・地球博記念公園、8月20日(土)福岡 西日本総合展示場、9月17日(土)名古屋 愛・地球博記念公園、9月19日(月)幕張メッセ、10月8日(土)インテックス大阪が予定されています。そしてミニ握手会が8月2日(火)札幌&広島、8月3日(水)仙台&京都、8月4日(木)茨城&岐阜、8月5日(金)千葉&静岡が予定されています。詳しくはSKE48オフィシャルサイトおよびavexオフィシャルサイトでご確認ください。(撮影・取材 岡田)

SKE48

cover パレオはエメラルド【ジャケットA】
avex
1,600円(税込)
CD+DVD
2011年7月27日
cover パレオはエメラルド【ジャケットB】
avex
1,600円(税込)
CD+DVD
2011年7月27日
cover パレオはエメラルド【ジャケットC】
avex
1,600円(税込)
CD+DVD
2011年7月27日
cover
ハピネット
7,800円(税込)
2011年7月8日
cover
エンスカイ
5,250円(税込)
2011年7月27日
 

・AmazonでSKE48をサーチ

●関連記事

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.