サイトトップへ

更新情報

検索する

2007 SUPER GT 第9戦特集(4)富士スピードウェイ ピックアップ


  Last Updated: 2008/03/02
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2007年11月3日(土)~11月4日(日)に富士スピードウェイで行われたSUPER GTシリーズ第9戦取材レポートです。(2007年11月3日、4日 静岡県富士スピードウェイ)

このページは、個別に取り上げた分以外のチーム(#23 XANAVI、#24 WOODONE・Clarion、#25 ECLIPSE、#9 A&Sおよび富士スピードウェイイメージガール CRANESの紹介と富士スピードウェイの情景です。

#23 XANAVI

Photo
稲垣慶子、武村夏美

NISMO系は、ピットウォーク時はドライバーのサイン会を行っています。女の子のサイン会は物販ブースで行っていました。

#24 WOODONE・Clarion

Photo
村川敦子、柴田菜月

Photo
高梨まり、森飛鳥

近藤真彦監督のチーム。監督も何度も見かけました。

#25 ECLIPSE

Photo
河合洋美、相川友希

ECLIPSEは2006、2007と同じメンバーでしたが、これで見納めとなります。

#9 A&S

Photo
水谷さくら、粟野如月

水谷さくら 画像
水谷さくら

水谷さんもキャリアは長いですが、安定した人気があります。

CRANES

Photo
杏那美夏、浅岡志保、松田亜衣

富士スピードウェイイメージガール CRANES。富士スピードウェイはメインスタンドの外観が折り鶴をモチーフにしているとのことで、レストランは“ORIZURU”、イメージガールはCRANES(鶴)です。


Photo
富士スピードウェイというだけあって、富士と車を同一視界で見られるポジションがいくつかあります。これはピットビルBの屋上より。

Photo
横断幕。該当するチームの向かい側に掲出されていますが、富士のピットビルBの向かいはスタンドではないので、こんな風になります。

Photo
各車がグリッドに並ぶ直前、ちょうど35号車が出て行こうとしているところです。グリッドガールは既にコース上で待機しています。

取材していて感じた2007年の人気チームは、やはりZENTが筆頭と言えるでしょう。ZENTとピットが近いことが多かったBANDAIも容易には近づけないくらい人が集まっていました。GT300のENDLESSは、浜田翔子がほとんど来なかったこともあり、スペシャルコスチュームという飛び道具を使えば別ですが、過去の一時期ほどではないという印象でした。

2008年はチーム体制にも大きな変動がありそうです。どのチームに人気が集まるか、注目していきたいと思います。(取材・撮影 伊藤)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.