サイトトップへ

更新情報

検索する

浦えりか


Last Updated: 2008/02/06
Released: 2008/02/01

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
© copyright(c)1997-2016 Scramble-Egg Inc.

イベントインデックス
イベントチェック
芸能ニュースheadline
Amazonサーチ

浦えりか 水着写真
直筆メッセージ
無断複製・掲載を固く禁じます。

cover HIPおっPIE
ビーエムドットスリー
3,990円(税込)
DVD
2008年2月22日
cover 浦えりかのウラ・DVD
QH映像
4,200円(税込)
DVD
2007年9月20日
cover 浦えりか 胸キュン ワルキューレ
竹書房
3,990円(税込)
DVD
2007年4月6日
・Amazonで浦えりかをサーチ

Profile

【浦えりか(うら・えりか)】

生年月日 1986年6月2日
出身 神奈川県
サイズ 163cm B85 W57 H87
血液型 O型
趣味 水泳、読書、プロレス観戦
特技 琴、和太鼓、プロレス

活動歴

Blog
浦えりかの裏のうら
http://ameblo.jp/uraerika-blue/
DVD
『胸キュンワルキューレ』(竹書房)2007年4月
『浦えりかの裏DVD』(QH映像)2007年9月
『HIPおっPIE』(ビーエムドットスリー)2008年2月22日
Magazine
ヴァッカ (メディアクライス)/ SEXY DVD DELUXE vol.2 (ぶんか社)/sabra DVD (小学館)/週刊ゴング (日本スポーツ出版) /週刊プロレス (ベースボールマガジン社)/BLACK BOX (メディアクライス)/TOKYO★1週間 (講談社)/KING (講談社)/ ゴシックアンドロリータバイブル (インデックスコミュニケーションズ)/ フィギュア王 (ワールドフォトプレス)/エキサイター (バウハウス)/ホイップ (コアマガジン)/ワオ!マガジン (インフォレスト)/週刊実話 (日本ジャーナル出版)/特冊新鮮組 (竹書房)/BREAK MAX (コアマガジン)/Kamipro (エンターブレイン)/GON!FINAL (ミリオン出版)/「週刊大衆」(双葉社)/ドカント/アップトゥボーイ/Beppinc School/週刊ゴルフダイジェスト/Chu ッ SPECIAL他多数
Television
テレビ東京 「給与明細」(2006.2~2007.2)
テレビ東京 「TVチャンピオン」(2006.9)
BS-i 「BLOG@GIRLS」(2006.11)
CS371 「アイドル★レボリューション」(2006.11~)
CS371 「アイドルパーク」(2006.11)
CX 「グラビアトークオーディション」(2006.11~12)
CX 「お台場お笑い道~竹山プロレス~」(2007.1)
テレビ埼玉 「くわまんのパチラックスTV」(2007.5)
テレビ埼玉「杉浦幸の勝利の方程式」(2007.10~)
東京MXTV「ギンザ・1」(2007.7)
テレビ朝日「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」(2008.1)
日本テレビ「幹事さまぁ~ず 女だらけの大新年会」(2008.1)
舞台・Vシネ
舞台「エロドラマ」(2007.1)
舞台「ネバーランド」(2007.10)
Vシネ「あっ!生命線が切れている」
プロレス
The Woman vol.7 夏祭り(2006年8月)
WRESTLE EXPO2006(2006年8月)
NEO 女子プロレス(2006年9月)
MAKEHEN(2006年~2007年5月)
Web
Gyao「はなわレコード~中野腐女子シスターズ」(2006年9月~)
アイドル誕生!TV (ぶんか社)
デスクトップギャルコレクション (デジタルアドベンチャー)
アイドル★激待ちコレ (デジタルアドベンチャー)
GyaO 「河崎実監督のやっぱり生で気持ちがいい男」(2006年11月~12月)
あっと驚く放送局 「沙耶香とErinaのNoldol!NoLife!」(2006年10月)
GyaO JOCKY 「腐女らNight」 レギュラー
日経BP 「デジタルアリーナ/アイドルブログ」
ゲッチャTV
所属:ファインモーション
http://www.fine-motion.com/
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-4-8松濤EAST301号TEL 03-5452-0220
FAX 03-3468-4231

●浦えりか水着ギャラリー

イメージビューワー使い方の説明をしています。右上のボタンナビゲーションの上にマウスカーソルを乗せてみてください。

★自己紹介ムービー


Recommend中野腐女子シスターズのプロレスヲタ担当だけでなく、アイドルにもかなり詳しく、スクランブルエッグのコラムまでチェックしてたハロヲタでもある彼女。もっと注目度が上がってもいいでしょう。(岡田)