サイトトップへ

更新情報

検索する

萩原舞の一推しファンも幕張に来ていたはず。

written by スクエアダンス

  Last Updated: 2004/07/15
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

2004年6月19日~20日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場(4・5・6ホール)で、「モーニング娘。“熱っちい地球を冷ますんだっ。”文化祭2004 ~STOP! 地球温暖化~」というイベントが行われました。

これは来年(2005年)愛知県で開催される「愛・地球博」のパートナーシップ事業で、近年深刻化している地球温暖化の問題について、みんなで理解し、身近な生活の中で工夫のできることからはじめましょう、という「とってもためになる企画」です。

入場者(来訪者)はこの種のイベントとしては大変多く、いたるところで行列に並ばないといけません。私は6月20日いったん外に出てから再入場が制限されて30分ぐらい待たされ、かなりあせりました。ある新聞記事によると、2日間で約7万人とのこと。さすがにその内訳比率まで載っている記事は見つけられませんでしたが、私はおおむね「5つのグループ(客層)」に分類してみました。

(1)モーニング娘。のファン

当たり前ですが、これが一番多いです。2004年5月12日発売のシングル「浪漫~MY DEAR BOY~」(初回盤)を買った人が参加できるスペシャルイベント=ミニコンサートが隣の7ホールで並行して行われたので、「両方合わせたらおいしいので幕張まで見に行こうか」と思った人が多かったのでしょう。期間限定ユニットの『エコモニ』(石川梨華・道重さゆみ)も声援が多く、2人の動員力(=人気)を再認識しました。

(2)環境関連団体・企業の関係者と、環境に関心がある多くの人

環境関連などのNPO/NGO・地方公共団体・一般企業などいろんなレベルの団体が展示や自然食品などを通して活動をアピールしていました。また、通常のハロプロ関係の客層とは、はっきり違う普通(!)の人達がかなり多く入場している印象を持ちました。一般市民の環境問題に対する関心はかなり高くなっているといえるでしょう。私はぶらぶらとひととおり展示を見ましたが、短期間で結構な知識を習得できましたよ。

(3)ハロプロエッグオーディションの応募者

ハロプロエッグオーディション2004の「Aコース」の一次面接が、隣の3ホールで2日間ともありました。朝の開場(AM10時)前の時間帯は、「文化祭」の入場に並ぶ列のとなりにかぶった形で、オーディションを並んでいる女の子(プラスお母さん)の緊張した長い列ができていて、「こっちも重要!!」(by スクエアダンス)と心の中で叫んだ次第です。

久しぶりにあのキッズに出会えて感動

コラム的には、実はここからが本題です。

ハロプロ・キッズのファンならば、上記(1)~(3)に関心がさほどなくても、(人によっては、かなり遠い)幕張まで当たり前のように来ている人が、かなりの数、存在するのです。モーニング娘。ファンの多くの人は気づいたかどうかわかりませんが……。

(4)Berryz工房のファン

3rdシングル「ピリリと行こう!」(2004年5月26日発売)の発売記念イベントが、6月20日「文化祭」終了後の18時30分から隣の7ホールであったのです。内容の詳細はベリーズ関係のファンサイトなどで、いろいろな方が盛り上がったレポートを書かれていますから、ここでは省きます。

とにかく、日頃行かないホールの裏側(搬入・搬出庫側)の広場みたいなところで、この日の朝早くから「入場順番券」をひたすら待っていたみなさん、お互いご苦労様でした。確かこの時期は夏至に近いので、相当量の紫外線(直射日光)を浴びているはず、気をつけましょう(汗)。

(5)ハロー!プロジェクト・キッズのファン

「私はこれで幕張に行きました」(by スクエアダンス)。

文化祭会場内のイベント広場で、1日3回ずつ、地球温暖化などについてクイズで学ぶ「エコエコクイズアカデミー」というコーナーがあり、モーニング娘。とハロー!プロジェクト・キッズのメンバーが解答者で参加しました。『日本の二酸化炭素の排出量は世界で第何位でしょう?』など環境の専門家の人でないと高得点が望めない難問ばかりでした。

『エコエコクイズアカデミー』解答者リスト
日時 Aチーム Bチーム Cチーム Dチーム 優勝チーム
1回目
2004/6/19
10時30分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
鈴木愛理
矢口真里
萩原舞
徳永千奈美
嗣永桃子
須藤茉麻
Cチーム
2回目
2004/6/19
13時30分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
岡井千聖
矢口真里
中島早貴
矢島舞美
村上愛
梅田えりか
Aチーム
3回目
2004/6/19
16時50分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
清水佐紀
矢口真里
石村舞波
菅谷梨沙子
熊井友理奈
夏焼雅
Cチーム
4回目
2004/6/20
10時30分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
清水佐紀
矢口真里
石村舞波
徳永千奈美
嗣永桃子
夏焼雅
Dチーム
(全問正解)
5回目
2004/6/20
13時20分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
村上愛
矢口真里
萩原舞
菅谷梨沙子
熊井友理奈
須藤茉麻
Aチーム
(A・Cチーム同点→ジャンケンで 高橋が萩原に勝ち)
6回目
2004/6/20
16時00分
飯田圭織
高橋愛
亀井絵里
辻希美
加護亜依
新垣里沙
岡井千聖
矢口真里
中島早貴
矢島舞美
鈴木愛理
梅田えりか
Dチーム
(C・Dチーム同点→ジャンケンで 梅田が矢口に勝ち)

なんといっても、Berryz工房の(スターティング)メンバーに入っていないハロプロ・キッズを、久々に全員生で見れたのが最大の収穫です。

チーム分けも何気ないように見えますが、スタッフの細かい心遣いをびしびし感じました。

・基本的にCチームの矢口さん以外は、キッズの「小さい子」が担当。矢口さんの背が高く見えました。
・2回目のDチームは、2004年3月15~19日放送のテレビ東京系『ハローキッズ』の富士サファリパークで騒ぎまくっていた、あの3人です。
・6回目のDチームに、梅田えりか&鈴木愛理のUFMS出身者を並べるとは……。

もちろん6回とも全部見た私が、独断で最優秀賞(MVP)を決めるとしたら、迷わず鈴木愛理です。飯田さん・高橋さん・亀井さん・矢口さんも2回優勝しましたが、6回全部出場ですし……。鈴木愛理は2回出場して両方優勝しているので中身が違います。Online Column - 鈴木愛理の玉手箱はいかがですかでも書きましたが、アイリーンは本当にクイズが強いです。1回目の優勝インタビューで矢口さんが「愛理ちゃんは何でも良く知っている」と絶賛していましたが、全く同感です。

月桃を運ぶ萩原舞に「マイマイ」の歓声が

キッズ最年少=ハロプロ最年少の萩原舞(小3)も、きちんと存在感を示していました。

「エコエコクイズアカデミー」で1問正解すると、チームに「月桃」(ショウガ科の植物で、二酸化炭素を吸って酸素を吐き出す能力が高いとのこと)の苗木を持ってくるアシスタント役を、持ち回りでキッズが担当していましたが、萩原舞ちゃんは、やはりちっちゃくて、「相変わらず萩原舞」でした。数は少ないですが、ところどころから「マイマイ」の歓声があり知名度はなかなかのものです。

もっと数は少ないでしょうが、『萩原舞の一推しファン』もきっと幕張に来ていたはず。何人いるかは計るすべもありませんでしたが、もしあなたがそうでしたら、ぜひ立候補のお便りをください。

そして、5回目の同点決勝のジャンケンで、萩原舞が高橋さんに負けたとき、かなりの数の観客が「あ~~」と雄叫びをあげました。この瞬間だけは萩原舞がイベントの主役でした。

「リリパット王国」のCGアニメの動きは圧巻

日本テレビ系「ティンティンTOWN!」(2002年7月5日放送開始、2004年3月26日終了)の「リリパット王国」でがんばっていたときの「萩原まい」ちゃんは、リリパット王国のDVD(全5巻)で見ることができます。

Amazonでリリパット王国のDVDをサーチ

リリパット王国キャラクター紹介
萩原まい 小学2年生
人間界に送り込まれたリリモニ達にとって唯一人間の友達。ドールハウスにリリモニを住まわせる。

他のハロプロメンバーとペアになると、須藤茉麻&萩原舞(ナムコ・ナンジャタウン)や、徳永千奈美&萩原舞(ソニー・エクスプローラサイエンス)など、すべてのお姉ちゃんキッズが「子どもに話しかけるかんじ」に変わってしまう「永遠の妹タイプ」の萩原舞ちゃん。でも「リリパット王国」の「萩原まい」ちゃんは、リリモニ達にとって、とても頼もしい、しっかりした女の子なんです。

何年か経ってから、「リリパット王国」のCGアニメ技術の高さが見直されるときがきっと来ると思います。そのとき既に有名芸能人になっている(中高生?)萩原舞さんが「懐かしの△△」とかいうテレビ番組に登場して、昔話をしてくれるのでしょうか。

●関連記事

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連