サイトトップへ

更新情報

検索する

Super Vocalist's HOT GROOVE

written by 岡田隆志

  Last Updated:2002/11/25
Released:2002/02/11
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

今回は、本誌9号で巻末取材をした、NEXT DNA LABELの近況をレポートしたいと思います(9号の記事は全文pdfで読めます。このコラムの最後にリンクがあります)

●Perfect Voice Traning Seminar~ZEST

NEXT DNAがPerfect Voice Traning Seminarをはじめたのは1997年7月だそうです。Webだけで告知をし、Webだけで生徒を集め、今もその姿勢は変わらなく、生徒は今でも着実に増えています。

私がこのセミナーを知ったのが1997年10月ごろで、実際に取材をしたのが1998年6月。1998年6月というと、Windows98搭載パソコンが市場に出て、爆発的にインターネット利用者が増えはじめたころです。

この取材から1年の間に生徒の数も急激に増えたそうです。そして、プロクラスの生徒をもっと伸ばすため、業界関係者や同じ方向性を持っているボーカル以外のアーティストの卵たちとの交流を深めるためのライブパーティを南青山マ・サールではじめるようになったのが1999年7月です。

このコミュニケーションライブパーティ「ZEST」(当時はNEXT99という名称) は2ヵ月に一度、定期的におこなわれ、現在も続いています。3年目を迎え、ステージに立ったアーティストの卵たちの延べ人数は300名を超えました。私や本誌スタッフも時間の許す限り拝見させてもらっています。ステージに立っている卵たちの成長ぶりには目を見張るものがありますので、見る側の私たちも結構真剣です。

さて、今回のお話しはそれだけではありません。NEXT DNA LABELは「ZEST」のほかにもうひとつ、新しいチャレンジをはじめました。

●Super Vocalist's HOT GROOVE

「Super Vocalist's HOT GROOVE@Sound Factory」と銘打ったライブが2001年8月から東京・駒込Sound Factoryで毎月おこなわれています。

このライブはZESTのプレゼンテーション形式のライブとは少し違います。ZESTで安定してきたアーティストの卵たちを、ソロライブ形式の構成にし、本人たちのさらなる成長をうながすとともに、オーディエンスも一体となって大きくなっていこうという試みなのです。

こちらのライブにも何度も足を運んでいますが、このソロライブの効果は絶大で、ソロライブを経験したアーティストの卵たちが次のZESTに出演したときにはっきり成長の跡が見られるのです。

具体的にはステージに対する意欲、自信がまず現れ、それが歌の安定、観客とのコミュニケーションにまでつながっていき、非常に効果があるサイクルで動いているようです。

現在のところ、このライブはキャパシティ100人前後のライブスペースでおこなわれていますが、すでにソールドアウトが続出しているアーティストもいることから、次なるステップも時間の問題かもしれませんね。

少しずつキャパを大きくしたライブをしながら、オリジナル曲を増やしていって、レーベルのアーティストだけで渋谷公会堂を満員にするのもひょっとしたら夢ではないのかも、なんて思ったりします。

●NEXT DNAの“情熱”

NEXT DNA LABELのプロデューサーの南Gohさんはインターネット創世のころからWebに深くかかわり、プロのアーティストとして日本で初めてミュージックサイトを設立したり、デジタルミュージックとMIDIの開発・トータルプロデュースに深くかかわってきたクリエイターです。

その南さんと一緒にボーカルプロデュースで力をふるっているのが卯月節子(うづき・せつこ)先生。卯月先生はコーラスグループ「サーカス」のオリジナルメンバーであり、ボイストレーナーとしても超一流の技術を持っていらっしゃいます。

彼らが目指すものはいったい何なのでしょう。私は1998年の取材直後に「音楽をやりたい人がメジャーの力を借りずにプロとしてデビューするためのひとつの答えがここにある」とメモを取り、9号の記事に掲載しました。

取材してから3年半が経ち、定期的にコミュニケーションライブをし、昨年からはじまったソロライブも拝見するたびに、「継続することはどれだけ大切か」ということをいつも痛感するのです。

私も「スクランブルエッグ」を発行・継続することの大変さをわかっているので、NEXT DNAのスタッフやアーティストたちをつき動かすものはいったい何かを考えると、もうそれは「情熱」以外にないと思います。それほど情熱というのは人の心も体も動かしていくのです。ですから、彼らのライブを見るたびに私も元気づけられ、応援したくなります。その情熱がいつか実を結ぶだろうという期待と自分の思いと重ね合わせているのです。

Yasunari(photo)
Yasunari

本コラムを書いている当日、2月10日におこなわれたSuper Vocalist's HOT GROOVEの最後に登場したYasunari(写真)も応援したくなる一人。彼も急激に成長した一人です。ほかにもオススメしたいアーティストはたくさんいます。

次回のHOT GROOVEは3月2日、3日。出演者はYasunari、Yasuaki、MASA、ヤス、千草、亜矢、高広、深雪、KO-JI、立(RYU)、Akiyoshi、聖カオル、wayo。全5プログラム、1プログラム2~3アーティスト、1アーティスト各20分~45分で1プログラム1,500円です。

時間や詳細についてはオフィシャルサイトに案内がありますので、そちらを参考にしてください。不明な点はemailやお電話で問い合わせていただければ親切にこたえてくれます。

新しいもの好きな方、これからメジャーになる人を先どりしたい方、これから自分がメジャーの力を借りずにプロになってみたい方必見のライブです。

※補足(2002/11/25)
上記に紹介したYasunari、本サイトRecommended Eggsのwayoを含む5人がオリジナル曲の制作発表をしました(2002/11/23)。本サイトではデビューまでずっと追いかけていきます。

●関連サイト

●関連記事

音楽・芸能スクールに関するオンラインコラムを読むなら…

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連