サイトトップへ

更新情報

検索する

ZONEを歌ってみよう

written by スクエアダンス

  Last Updated:2002/02/24
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

2002年2月14日のバレンタインデーに、ZONEはアルバムとシングルを同時発売しました。メジャーデビューから約1年、ファンにとっては待ちに待ったファーストアルバムです。

アルバムのタイトル『Z』はおそらく「ZONE」のユニット名の由来からとったのでしょう。「Z」すなわち底辺の位置からスタートして、TOPに登りつめてほしいという願いが込められているそうです。

アルバムには、昨年大ヒットした「secret base ~君がくれたもの~」を含むこれまでのシングル(4曲)に、オリジナル(3曲)と「secret base」のピアノバージョン(歌なし)を加えた8曲が入っています。聴いてみると、真っ白な北海道の荒野のジャケ写のイメージ通り、全体としてはミディアム~スロー系が多く、「冬のコートを着たZONEのアルバム」という印象を持ちました。

ZONEを歌うメリットは…

ここからは、ZONEを聴くのではなく、歌ってみようというお話です。もちろんこれはスクランブルエッグのコラムですから、単にお風呂やカラオケボックスで歌うのではなくて、オーディションや発表会で歌うことを意味します。

あなたがもし高校生以下の女性なら、ZONEの曲で勝負することも考えてみましょう。小~中学生なら、なおさらです。

【ZONEを選曲するメリット】
  1. 自分の若さをアピールしたい人にとっては、オリジナル歌手が同世代で元気なZONEなら、イメージ的に得策。
  2. 当然1年以内の新しい曲なので、今の芸能界への関心が高く素直である、という評価を受けやすい。(対して、ちょっとナツメロな曲を歌うと、小ナマイキとか時代錯誤の印象を受ける恐れがある)
  3. サウンドに少し懐かしさやせつなさがあって、審査員が好印象を持ちやすい。
そして、最大のポイントは、
★あなたがZONEのように楽器を弾けなくても★
★全く気にする必要はありません。    ★

え~と驚かれるもしれませんが、ZONEはバンドに加えてアイドルやダンスユニットなどいろいろな顔を持ち合わせていますから、シングル曲だけでも豊富なバリエーションがあります。選曲によって本格的な音楽志向じゃないタレント志望の人こそ好結果になると、私は思います。

ZONEのどの曲を歌えばいいの?

人前で歌うのに必要なカラオケ(inst. またはBacking Tracks)が市販されている、最新曲「夢ノカケラ・・・」までの全シングルとそのカップリング曲まで範囲を拡げて、オーディションや発表会へのおススメ度(5段階)、どんな人に向きそうか、歌うときのポイントなどを考えてみました。ご参考にしてください。

ZONEの選曲ポイント・リスト
No. 曲名 おススメ度 どんな人向きか、歌うポイント
1-A GOOD DAYS ★★★★★ 元気なタレント志望のソロかデュオの中学生。ジョギングしながら歌っていい。
1-B fortune ★★★★ 歌唱力に自信のあるソロの高校生。サビ以降を大きな気持ちで表現しよう。
2-A 大爆発 NO.1 ★★★ 実力がある小~中学生の女の子バンド。コーラスも歌唱力が必要。
2-B メイク・ユア・ムーヴ~行動をおこせ ★★★ 女の子バンドで年齢は問わない。メインボーカルは歌に専念。
3-A secret base ~君がくれたもの~ ★★ 全体に抑えた曲調で、一発勝負には不向き。オリジナルと比べられやすい。
3-B 新・僕はマグマ ★★★★ ハードでパンク系の女の子バンド。早口で歯切れの良さを出そう。
4-A 世界のほんの片隅から ★★★ 清純な雰囲気が出せるソロの中~高校生。ダンスは必要ない。
4-B ボクらはサンタ クリスマスソングで選曲には適さない。
5-A 夢ノカケラ・・・ ★★★ 3~4人のコーラスグループ。ハーモニーの心地良さを重点的に。
5-B JET ★★ 変則的な音階や効果音が多く、上手く聞こえにくい。

●関連サイト

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連