サイトトップへ

更新情報

検索する

モノマネ大賞はAKANE(深水あかね)にあげる

written by スクエアダンス

  Last Updated: 2010/01/13
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

2010年明けましておめでとうございます。

昨年(2009年)は、1月24日の『奈良公演』で初めて生を見て魔法に掛かって以来、12月25日の『クリスマスファンクラブイベント』まで、終始一貫して『プリマベーラ(Primavera)』を応援し続ける一年間となりました。

プリマベーラは、(a)イリュージョンやマジック、さらに(b)歌、(c)ダンス、(d)芝居を行う女性ユニットですが、ファンになると、それらの基本要素(a~d)以外でも感心させられる事柄がたくさんわかってきます。

プリマベーラ2009各賞を発表

このため、私(スクエアダンス)が勝手に、一風変わった2009年のプリマベーラ各賞をお贈りいたしましょう。

(1)プリマベーラ新語流行語大賞2009
→『ばいばいりゅ~じょん♪』(受賞者:CHIKA(ちか))

(授賞理由)イリュージョンユニット・プリマベーラの特長を、簡潔にあいさつでもじる「言葉のセンス」が素晴らし過ぎます。さすが、現役大学生、CHIKA(ちか)ちゃん。彼女が出演したイベントのエンディングや個人ブログの脚注などで頻繁に使うことで、ファンの間でもめちゃくちゃ浸透しました。

(2)プリマベーラ自己紹介大賞2009
→『ニャー!』(受賞者:KUMI(くみ))

(授賞理由)以前のコラムでも書きましたが、このたった一言でファンイベント参加者を引き込んでしまう恐ろしさ。自己紹介を観客と「合唱」するなんて、他では見たことがありません。たまにKUMI(くみ)が、「ニャー!」で自己紹介しなかった日があって、どうしたんだろうと思っていると、イベントの最後になって本人がポツリと言ったのには苦笑いしました。

(3)プリマベーラ衣装大賞2009
→24時間テレビでプリマベーラSが着た衣装(受賞者:スタイリストさん)

(授賞理由)8月29日~30日に『24時間テレビ32』(中京テレビ)の移動募金隊として『プリマベーラS』が着た衣装です。みなさんおなじみの黄色いTシャツと、プリマカラー6色のパンツルックの、色の組み合わせがとても可愛くて、どの募金会場(岐阜、愛知、三重)でも、あれを着ている彼女たち(プリマベーラSのメンバー)は大人気でした。

(4)プリマベーラ振り付け大賞2009
→「LOVE 2000」のポンポンを用いた振り付け(受賞者:KUMI(くみ)、AKANE(あかね)、YUI(ゆい)、YUZUKI(ゆずき)、RINA(りな)、CHIKA(ちか))

(授賞理由)2月14日の『プリマと過ごす Happy バレンタイン♪』イベントで、hitomiさんの「LOVE 2000」を、この6人がチアリーディング風にポンポンを用いた振り付けで歌い踊りました。この曲のKUMI(くみ)のボーカル・レベルは圧巻でしたが、対する振り付けの方は同好会のメンバーが徹夜でにわか練習した感じの初々しさが漂っていました。最後のハートマークも綺麗でしたよ。

(5)プリマベーラコント大賞2009
→コント『コッペパン』(受賞者:プリマベーラS)

(授賞理由)6月20日の『プリマベーラファン感謝祭イベント』で披露された『コッペパン』は、YUI(ゆい)とKUMI(くみ)が企画した、豆系のシュールさがとっても面白いコントで、伝説と化しました。「アーモンド」・「ピーナッツ」・「ピスタチオ」は残念、「クロワッサン」は結構がんばったんですけど……。え、何のことかわからないって? 見たい人は、今からプリマベーラのファンクラブに入って、『FUNCLUB EVENT 総集編』のDVDを買うしかないでしょう。

そしてモノマネ大賞の行方は?

(6)プリマベーラモノマネ大賞2009
→『矢場とん、矢場とん』(受賞者:AKANE(あかね))

この賞は元々、モノマネ好きのAKANE(あかね=深水あかね)のために作ったような賞なのです(笑)が、彼女のモノマネはどれも微妙なんですよねぇ。

一応モノマネのレパートリーは豊富で、「ドラえもん」、「アンパンマン」、「ミッキー」(ミッキーマウスのこと)が得意と本人は訴えています。でもこの3つのモノマネは、披露した後にホール全体を独特の生暖かい空気が漂ってきます。観客の拍手もまばらですし……。

(授賞理由)
そこで、起死回生のネタが「矢場とん」なのです。名古屋のみそかつ有名店「矢場とん」のイメージキャラクター「ブーチャン」のモノマネなんでしょうね、おそらく。私は「ブーチャン」が動いている姿も、「ブーチャン」の生声も知らない人なので、モノマネが似ているかどうか?の判断はかなり難しいのですが、AKANE(あかね)が『矢場とん、矢場とん』と歩くと、結構な拍手が返ってきます。私もこれが一番上手いと思っています。

まあモノマネ大賞については、プリマベーラのなかで、AKANE(あかね)以外のメンバーが積極的にモノマネをやりたがらないので、2009年は対抗馬がいなかっただけですね。なので、しぶしぶですがモノマネ大賞はAKANE(あかね)にあげます。

プリマベーラのムードメーカー

AKANE(あかね)は、大阪出身、B型でもお分かりのとおり、プリマベーラの中では理屈抜きで「前へ、前へ」突き進むにぎやかなタイプです。ただ、あまり裏付けがないまま進むので、大抵は、おとなしい他のメンバーからしっぺ返しを受けてしまう、損な役回りが多いかわいそうな子です。

勇気を出して積極的に行動したのに、結果が伴わなかったことで、内心傷ついた経験は誰でもお持ちでしょう。彼女は年がら年中このパターンにハマってしまうので、心は傷だらけじゃないかと心配します。

ただ、チーム『プリマベーラ』という観点から見ると、絶対こういうムードメーカータイプは必要なんですよ。結成5年目に突入して、マイナー→メジャーへの環境変化が凄まじいですから、それに飲み込まれないAKANE(あかね)のキャラクターを周りはもっと大切にして欲しいです。

料理が得意で家庭的だし、少し「アホ」キャラって言われるけど、物事の考え方というか常識度は、プリマでは天然の○○ちゃんとか△△ちゃんに比べて、AKANE(あかね)の方が全然しっかりしていると思っています。

cover 毎日がキセキ!
コロムビアミュージックエンタテインメント
1,260円(税込)
CD
2009年4月22日

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連