サイトトップへ

更新情報

検索する

石井リカ『幸せ』をおどる

written by スクエアダンス

  Last Updated:2002/05/29
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

Hello!Project(ハロープロジェクト)夏の風物詩といえば、シャッフルユニットですね。『色』『祭』に続く今年のテーマは『幸せ』で、2002年7月3日に3つのユニットからシングルが同時発売されます。

ユニット名 曲名 メンバー
おどる♥11 「幸せきょうりゅう音頭」 飯田圭織、保田圭、安倍なつみ、辻希美、紺野あさ美(以上モーニング娘。)、りんね(カントリー娘。)、柴田あゆみ、村田めぐみ(以上メロン記念日)、松浦亜弥、藤本美貴、石井リカ
セクシー8 「幸せですか?」 矢口真里、後藤真希、石川梨華、吉澤ひとみ(以上モーニング娘。)、里田まい(カントリー娘。)、アヤカ(ココナッツ娘。)、大谷雅恵(メロン記念日)、平家みちよ
ハッピー♥7 「幸せビーム!好き好きビーム!」 加護亜依、高橋愛、小川麻琴、新垣里沙(以上モーニング娘。)、あさみ(カントリー娘。)、ミカ(ココナッツ娘。)、斉藤瞳(メロン記念日)

さて、どのユニットの曲が一番ヒットするでしょうか?

過去2回のシャッフルは、あか組4>黄色5>青色7、三人祭>7人祭>10人祭という風にユニット人数の少ない順番に売れていて、この妙なジンクス(!?)にあてはめると、大所帯の「おどる♥11」が苦戦となってしまいます。

確かに「おどる♥11」は、モーニング娘。メンバーが年長者3人+辻・紺野ですから「なんか外れっぽいよなあ」と考えてしまいがちです。しかし、今やアイドル歌手No.1の松浦亜弥、大型新人・藤本美貴の強力ソロ組に加えて、すっかり全国区となった・りんね(カントリー娘。)や6月8日にソロ写真集を出す柴田あゆみ(メロン記念日)などハロプロ人気上位メンバーが集中している「おどる♥11」は、かなり売れると思います。

春夏秋冬、一年中シャッフルユニット

こんな、おどる11人のメンバーの最後に「石井リカ」という名前があります。みなさんのなかにもこの名前を初めて知った方は多いでしょうし、『「石川梨華」の誤字(タイプミス)じゃないの?』と笑えないジョークをとばす人もいます。それぐらい彼女の知名度は低いのでしょうか? ハロプロに詳しい人なら常識なんですが、「石井リカ」さんは正規のハロプロメンバーですよ!! 実はここまで強調するのには、わけがありまして、彼女は、私がお気に入りの童謡担当なんです。

  1. 2001年11月29日発売
    『ザ・童謡ポップス1 クリスマスと冬のうた集』
  2. 2002年 2月20日発売
    『ザ・童謡ポップス2 春のうた集』
  3. 2002年 6月 5日発売
    『ザ・童謡ポップス3 夏のうた集』
  4. 当然シリーズものですから、No.4「秋のうた集」も予定されているでしょう。

曲目と歌手リストをご覧のように、すべての曲はハロプロメンバーを様々に組み合わせたシャッフルユニットが歌っています。あまりにも多くの種類の組み合わせがあるので、それぞれの「ユニット名」が存在せず、個人名(もしくはユニット名)を複数並べた羅列になっています。『ハロプロのシャッフル恐るべし!』というところでしょうか。

そんななかでも、「石井リカ」の名前が一番多く登場します。石井さんはここでは間違いなくメインボーカルなんです。

この童謡ポップスシリーズの各曲目は、日本人の誰もがちっちゃい子供のときから慣れ親しんできた童謡のメジャー曲ばかりです。ときには大真面目に、ときにはハロプロのノリでコミカルに、アレンジしなおして全体に新鮮な仕上がりになっています。由紀さおり・安田祥子の寡占状態だったこの童謡分野に21世紀風の風穴を開けた功績はとても大きいので、私は密かに今年(2002年)末の日本レコード大賞企画賞の有力候補と思っています。

Peachy→石井里佳→石井リカ→エスパー石井ちゃん

もっとハロプロに詳しい人なら常識なんですが(つまり、一般的にはあまり知られていない)、石井リカさんは現事務所に入る前は、「Peachy」という歌手名でソロ活動をしていました。元プリンセス・プリンセスのボーカリスト・奥居香のプロデュースで、キュートなルックスとロックな音楽性を融合した新感覚の女性ボーカリストとして、シングル3枚を出していました。

  1. 2000年10月25日発売 「Peachy」デビュー・シングル
    「スーパージェットシューズ ~未来を歩くくつ~」
    このシングルは、SAYAKAのデビュー初回盤に比べても1.5倍ぐらい大きいサイズで、保管に苦労します。サウンドは完全にプリプリ100%です。
    2000年11月 1日 千葉BAY FM『GROOVE FROM K-WEST』ゲスト(第1回)
    2000年11月 3日 『ミュージック・ステーション』出演
    2000年11月20日 『HEY! HEY! HEY!』出演(松ちゃんに「ピーチィ姐さん」と呼ばれる)
    この頃毎週土曜日 FM北海道『Peachyの桃色缶づめ』DJ
  2. 2000年12月 6日発売 「Peachy」2nd シングル
    「スノーパラダイス」
    2000年12月 6日 千葉BAY FM『GROOVE FROM K-WEST』ゲスト(第2回)
    (DJの藤重政孝とは出身が広島同士ということで意気投合、藤重くんから『同郷というか、やっぱ、家が近いというのがあってね、応援してますんで』とメッセージをもらう)
    2001年 1月14日 『MUSIX!』出演 (オフィシャルサイトのオンエアリスト)
    2001年 1月27日 『ポップジャム』出演(堂本光一のさきどりCHECK!に登場)

  3. 2001年 4月18日発売 「Peachy」3rd シングル
    「ユメミルチカラ」
    「Peachy」活動終了
  4. 石井里佳(本名)に戻り現事務所に移籍
    2001年10月 1日 『新・美少女日記』でアンティークショップGRANTの店長・林ちひろ役(藤本美貴(主演)のバイト先のお姉さん)

  5. 石井里佳→石井リカに改名
    前述の童謡ポップスCDを発売
    2002年 1月~2月 Hello!Project正月コンサートで顔見せ、「みかんの花咲く丘」を披露、さすがに声が出ていて上手い

  6. 最近はバラエティ番組でアドリブまで出ちゃいます
    2002年 4月~ 『ハローキッズ』ナレーターはアナウンサー並みのうまさ
    2002年 4月~ 『美少女教育2』人間になりたい森の動物(の着ぐるみを着たハロプロメンバー)達が人間社会のお勉強、講師は飯田圭織先生、補助講師の「エスパー石井ちゃん」(石井リカ)がボケ・ツッコミ共に面白くて、大好評です。

(※以上、簡単にまとめました。細かい部分で内容が違っていたら最後のご意見欄で指摘ください)

ところで「Peachy」のユニット名(といっても1人ですが……)の意味は、Peachy=桃のようにスウィートで刺激的、ずっと前向きに素敵な女の子でいよう、という願いが込められていたそうです。結果的には「Peachy」は成功することなく2001年夏に消えてしまいましたが、1年後の今年(2002年)に『ピ~~~チ』と言えば=桃色片想いで松浦亜弥の代名詞になって、きっちり受け継がれています。2人のピーチがいる「おどる♥11」に期待しましょう。

●関連サイト

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

【満足度】 5
【コメント】Peachyについての情報がとても詳しく書かれていて参考になりました!
Perfumeがライブでカバーとかして気になってたんですよ。
プリプリファンでハロプロ好きでもあるのでかなりアゲです。
【ペンネーム】ぺす

■いつもオンラインコラムを見ていただき、ありがとうございます。
石井リカさんがハロプロにおられたときは、「うたばん」などで、結構注目をあびました。
あれから約5年経ちますが、今、参考になった、とお聞きして、嬉しいです。(スクエアダンス)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連