サイトトップへ

更新情報

検索する

誰が『ごまっとう』を買ったのか?

written by 上木憲文

  Last Updated:2002/12/09
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

このコラムは「理系の人間が考えそうな話」なので、数字を見ただけで頭が痛くなるような人はご遠慮ください。

★『ごまっとう』を一言で表現すると……。

後藤真希、松浦亜弥、藤本美貴の三人で『ごまっとう』を作る、という話を耳にした人は、いろんな表現(コピー)が脳裏を駆け巡ったハズです。

私が思いついたのは、「ハロプロ最強ユニット」、「後藤真希救済ユニット」、「紅白狙いユニット」、「プッチモニ代替ユニット」です。

それぞれの説明を簡単にします。

【ハロプロ最強ユニット】
後藤真希のモー娘。脱退以降、弛緩しはじめた組織を引き締め、内外にハロプロの存在を誇示する目的で作った。
【後藤真希救済ユニット】
ドラマ以外定職のない後藤のために、無理やり音楽の仕事を作った。
【紅白狙いユニット】
これが一番受け入れやすい考え方だと思います。紅白出場が確実な松浦亜弥を出しに使って、後藤、藤本を(二人とも単独では出場が難しいと考えられていたから)紅白に出場させる目的で作った。
【プッチモニ代替ユニット】
個人的にはこれが一番好きです。10月初めにリリース予定だったプッチモニの見通しが立たなくなり、収益に狂いが生じたため、その穴埋め目的で急遽作った。

★プッチモニより新垣あさ美!

プッチモニの延期理由は公表されていないので不明ですが、巷間言われているのは、数字の見通しが立たないからとか。それならば、数字がはっきりしている紺野あさ美・新垣里沙のデュオで十分ではないか、となります。新垣あさ美(私の造語ですが)の数字を計算してみます。

この秋、タンポポ、メロン記念日、カントリー娘。(長いので、こう略します)の新曲が発売になりました。

1週目の販売枚数は次のようになっています。(数字はオリコンを使用、以下同じ)

タンポポ 「BE HAPPY 恋のやじろべえ」 40070
メロン記念日 「香水」 17700
カントリー娘。 「BYE BYE 最後の夜」 21670

タンポポのメンバーは、『石川梨華+柴田あゆみ+紺野あさ美+新垣里沙』、メロン記念日は、『柴田+大谷雅恵+斉藤瞳+村田めぐみ』、カントリー娘。は、『石川+あさみ+里田まい』ですから、次のような式が作れます。

40070 タンポポ 石川 柴田 紺野 新垣          
17700 メロン記念日   柴田     大谷 斉藤 村田    
21670 カントリー娘。 石川             あさみ 里田

メロン記念日 柴田= 17700-(大谷+斉藤+村田)
カントリー娘。石川= 21670-(あさみ+里田)

二つの式をタンポポに代入して、紺野と新垣を残すと

紺野+新垣=タンポポ-(柴田+石川)=700+大谷+斉藤+村田+あさみ+里田

となります。この数字が多いのか少ないのかは難しい判断ですが、こうして数字が出せることは確かなので、プッチモニより新垣あさ美の方が、より現実的と思います。

★「96727」の内訳

この数字は『ごまっとう』の1週目の販売枚数です。

それぞれのファンは気づいているはずですが、単独の数字よりもかなり多い。つまり三人のファンがそれなりに買った、ということになります。では、誰のファンがどのくらい買ったのでしょうか。

話を11月中旬に戻して考えてみると、後藤ファンは「SHALL WE LOVE?」が後藤を意識して作られていると感じているので『ごまっとう』OKです。たぶん、9割のファンが買いそうです。

松浦のファンは、「後藤の紅白出場のための出しに使われている」、という想いが強いので、2割買えばいいほうです。

藤本のファンは、半信半疑で『ごまっとう』をみているので、5割がいいところ、と推定できます。

この数字、つまり、9割、2割、5割を直近のシングル曲の1週目の販売枚数に掛けて比較してみます。

後藤  「やる気 IT’S EASY」×0.9 =73230×0.9=65907
松浦 「The 美学」×0.2 =62560×0.2=12512
藤本 「ボーイフレンド」×0.5 =36290×0.5=18145

この合計は96564枚となり、オリコンの数字とほぼ一致します。つまり、こんな比率で1週目は購入したようです。

では、2週目以降はどうかといいますと、11月26日に紅白出場が決まった藤本ファンは買わない気がしますが、ソロで出場が決まった松浦ファンが本格的に買いそうなので、予想以上に売れそうです。

ところで、数字に敏感な人は、上の数字を見て、アレッと思われたことでしょう。

★数字は禁句 - 藤本美貴

数字を知らない人は、藤本美貴が、トータルで20万、30万出すビッグアイドル、と思いこんでいるみたいですが、藤本美貴は「数字は禁句」のアイドルなのです。

2002年5月以降の数字になりますが、10代のソロ歌手のシングル売上枚数を多い順に並べると、おおよそ次のようになります。

BoA、中島美嘉、SAYAKA、松浦亜弥、後藤真希、上戸彩、藤本美貴……。

(松浦ファンから「ハートマーク桃色片想いハートマーク」を意図的にはずしている、とクレームがつきそうですが、藤本美貴のデビュー以降、松浦の数字は11万台で失速しています。おそらく藤本美貴にファンが流出しているためと思われます。)

2003年の藤本美貴の目標は、ライブ活動ではなく、とりあえず、どんな手段を駆使してでも、CDセールスで10万台に乗せることのように思います。上戸彩にさえ完敗している現状がいいとはとても思えません。2002年は握手会で乗り切れたとしても、2003年は激戦が予想されます。

なぜなら、最近見つけた新法則《姉より妹が売れる》が、2003年には控えているからです。

「ミソノォー!」(misono - day after tomorrowのボーカル、倖田來未の妹)とか、「アサミィー!」(安倍麻美、ナッチの妹)とか、叫んでいる姿がなんとなく見えます。
「数字は禁句」は、2002年だけの現象であってほしいものです。

●関連記事

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連