サイトトップへ

更新情報

検索する

6期生・選考の謎

written by 上木憲文

  Last Updated:2003/02/10
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

モー娘。の6期生募集オーディション「LOVEオーディション2002」から、亀井絵里(東京都・中2)、田中麗奈(福岡県福岡市・中1)、道重さゆみ(山口県宇部市・中1)の3名が合格。これに別枠の藤本美貴を加えた4名が、6期生としてモー娘。に参加することになりました。今回は「LOVEオーディション2002」の選考について考えてみようと思います。

★2825番に投票

オーディションの成否については、6期生自体が動きはじめていないので即断はできませんが、決定時点でいえば、5期生の「LOVEオーディション21」よりは成功だった気がしています。

一番の理由は、つんく♂さんが「横槍は排除」という姿勢を崩さなかった点で、それは「国民投票」の上位者に何の特典(常識的には合宿参加資格)も与えなかったことや、合宿に3人しか参加させなかったことからもうかがえます。

それにしても、国民投票の対象者、田中麗奈、道重さゆみに投票した人って聞きません。田中、道重ともに6,000票以上獲得しているから、周囲に一人や二人いても不思議ではないハズです。

たとえば、道重の6,485票がすべて、宇部方面からとは思えません。私は、コラム「6期生は新垣あさ美!」で書いた通りの行動……2825番(道重さゆみ)に投票しました(新垣レベルの歌唱力、と思えたのですが……)。

だからというわけでもないですが、6期生はつんく♂さんの言葉を借りるまでもなく質が高いです。人気は、亀井vs.道重のようですが、田中に投票した6,040人はどこに行ってしまったのでしょうか。

★スクリーニングの可能性

つんく♂さんは早い段階から強気の発言をくりかえしていました。当然、ブラフ(はったり)と思っていたのですが、合格者の番号(田中―1803番、道重―2825番、亀井―5501番)から推測すると、3名に対するつんく♂チェックは早かった気がします。

話が難しくなりますが、オーディションは単純に、実力の上から順にとか、気に入った順に決めればいいというものではありません。特に、ユニットの場合はバランスが求められ、弱点の補強の意味あいが強く、実力順に決定することはまずありません(それを実行したのが、5期生オーディションです)。

今回のオーディションをみると、つんく♂さんが気に入った子をパッパと3名選んだようにみえますが、なにかしっくりきません。確かに、レベル的には問題ありませんが、ひとことでいえば「できすぎ」なのです。

6期生に関しては、「モー娘。の身長と6期生問題」、「後藤真希脱退の影響」などで触れてきました。

空白の世代の言い分について書きましたし、モー娘。メンバーの出身地のアンバランスについても触れました。合格した3名は《見事に》こうした問題をクリアーしています。気持ちが悪いほどよくできた結果なのです。

仮に、気に入った子が3人とも、高校生で、身長が160cm以上あって、大阪出身だとしたら、「O.K!」だったのでしょうか。それとも最初から、そういう可能性はゼロだったのでしょうか。

後藤真希、保田圭が抜ける穴埋めに東京出身の亀井絵里を、西日本がセールス的に弱いので、中国地方から道重さゆみを、九州地区から田中麗奈をスカウト。しかも、中1が2人に中2が1人、身長も藤本美貴とほぼ同じ、文句のつけようがない、完璧な結果です。これを《偶然》と呼ぶには相当無理があります。

★私の玉突き論

モー娘。の話題は、6期生だけにとどまらず、2分割、つまり、さくら組、おとめ組にまで発展していますが、私のコラム「モー娘。再生論・夢物語」を読まれている方にとっては、そうビックリする話ではないと思います。

さくら組、おとめ組に行く前に未解決の問題に触れておきたいと思います。

一部のファンは誤解をしているみたいですが、さくら組、おとめ組はシャッフル・ユニットではありません。簡単にいえば、モー娘。A、モー娘。Bのことです。

ですから、ユニットは別に存在するわけで、あらたに藤本美貴が加入したということは、藤本美貴をプッチモニで使ってもいいわけです。プッチモニも藤本美貴が加入ならマルになります。で、小川麻琴をミニモニ。に入れて、高橋愛をミニモニ。から外して新ユニット要員としてキープ。

これなら商売は成立します。まあ、既存メンバーがこれで納得するのか、という問題はありますが。

さくら組、おとめ組の感想を簡単に書きますと、人気のさくら組、実力のおとめ組という感じです。

モーニング娘。さくら組 (リーダー・安倍なつみ)
安倍なつみ、矢口真里、吉澤ひとみ、加護亜依、高橋愛、紺野あさ美、新垣里沙、亀井絵里
モーニング娘。おとめ組 (リーダー・飯田圭織)
飯田圭織、石川梨華、辻希美、小川麻琴、藤本美貴、田中れいな、道重さゆみ

CDセールスは、おとめ組も強い気がします。石川梨華、藤本美貴に加えて、道重さゆみも計算ができそう(つまり宇部で売れそう)なので、大差でさくら組、という図式はないと思います。ただ、どちらに入りたいかというと、大差になるのでしょうが。

来年は、さくら組オーディション、おとめ組オーディションが、可能ということになりますが、それにしても、バタバタしすぎ、という印象が残る1ヵ月間でした。

ハロハロ!モーニング娘。6期...(Amazon.co.jp)

●関連記事

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連