サイトトップへ

更新情報

検索する

第4回モルディブイメージガールコンテスト最終選考


Last Updated: 2005/04/21

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2005年4月2日 池袋サンシャインシティ コンベンションセンターTOKYO
マリンダイビングフェア内ステージ

モルディブが、日本で身近な島として定着することを願い、2002年に初めて開催された「モルディブイメージガールコンテスト」も今年で4回目となりました(本サイトおすすめオーディション)。

応募総数324通のうち、最終選考通過者6名が残り、2005年4月2日に池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターTOKYOで最終選考が行われ、エントリーNo.5の仲千菜美さん(19歳)がグランプリに選ばれました

選考は公開オーディション方式で行われ質疑応答、自己PR、水着審査を経て審査員6名及び観客約100人による投票方式により選ばれました。

Photo(仲千菜美)
グランプリの仲千菜美さん


Photo
体操やチアリーディングをやってる人はこういうアピールができるのでちょっと有利かも。(エントリーNo.2 あまのまい さん)

審査に先立ち、モルディブはスマトラ沖地震の影響がなく、以前同様、今でも安全に旅行できることが主催者であるモルディブ観光省の方からアナウンスがありました。審査は、3分間の自己PR、水着の上にモルディブをイメージした着こなし審査、水着審査、審査員の質疑応答という形で行われました。

今回も前回同様、モルディブ・イメージガールにふさわしい人かどうかに関する質問がたくさんありましたが、前回以上に出場者はしっかりとモルディブのことを勉強してコンテストにのぞんできました。

審査員からの質問のいくつかを紹介しますので、同様のコンテストや翌年応募される方はどのように答えたらいいのか考え、トレーニングしてみてください。

Q:なぜこのコンテストに応募しましたか?
Q:モルディブをイメージする色は何色? その理由は?
Q:グランプリに選ばれたらどのようにモルディブをプロモーションしてくれますか?
Q:モルディブに行ったらまず何をしたい?
Q:イメージガールとして自分が果たす役割で最も大切なのは何だと思いますか?
Q:海についての思い出を。

今回グランプリに選ばれた仲千菜美さんは自己PRで「私は両親がモルディブで新婚旅行のときにできたハネムーンベイビーです」と強調。また、モルディブについて「ベルベットの海にきらめく無数の宝石」と表現し、これらのアピールがうまく結果に結びついたのかもしれません。

今年の水着は(株)三愛の提供ということもあり、出場者それぞれが持つ美しいプロモーションを存分にアピールできたのではないでしょうか。せっかくですから最終選考に残った美女たちの美しい姿を紹介します。どこかで見かけたら応援してください。

Photo(芝田翔生子)
エントリーNo.1
芝田翔生子 (しばたしょうこ)

Photo(あまのまい)
エントリーNo.2
あまのまい

Photo(林万里)
エントリーNo.3
林万里(はやしまり)

Photo(金井美佳)
エントリーNo.4
金井美佳(かないみか)

Photo(仲千菜美)
エントリーNo.5
仲千菜美(なかちなみ)

Photo(真由美)
エントリーNo.6
真由美(まゆみ)

グランプリに選ばれた仲千菜美さんに終了後に短いインタビューをさせていただきました。

Photo

――モルディブのハネムーンベイビーだとご両親に聞いたのはいつごろですか?
「幼稚園ごろだったと思います。モルディブっていうのが島で南国というのが分かったのが小学校4、5年ぐらいだと思うんです」
――まだモルディブには行ったことはないんですか?
「ないです」
――モルディブは千菜美さんにとってどんなイメージ?
「極上のリゾート地って思ってます」
――最終選考のひとつ前のオーディションで自分が残る手応えみたいなものはありました?
「3人ずつ(部屋に)入っていったんですけど、ほかの子よりすごい元気だったんですよ。その元気は伝わってたのはわかったんですけど、でも大勢いたのでまさか自分が、とは思いました」
――音楽大学に行ってるそうですが、オーディションは何回か受けてますか?
「はい、何回も受けてます」
――今日のがいちばんいい成績?
「もちろん(笑)」
――これから芸能的な活動もしていかれるんですか?
「はい。4月の22日に1stDVDが発売されるんです。あとはモデルやタレントのお仕事もしています」
――今回、モルディブイメージガールのグランプリに選ばれたポイントは自分で考えてどんなところだと思います?
「やっぱりほかの方よりもいちばんモルディブに対する想いが強かったんじゃないかって、それがうまく伝わったのが良かったのかなって。でも本当にびっくりしました」
――これから1年間、イメージガールとしての意気込みをお願いします。
「モルディブと私は一体しているような感じで、私といったらモルディブ、モルディブといったら私、みたいに早くなれるように、選んでくださった方が後悔しないように、本当に一生懸命頑張りたいと思います」

仲千菜美さんのことがもっと知りたい方は5月14日にDVD発売記念イベントがありますので、そちらに足をお運びくださいイベントレポートUp)(撮影・取材 岡田)

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.