サイトトップへ

更新情報

検索する

※以下の記事はアイドル総合情報サイト「ドリームアイドル」にて2004年11月から2006年2月まで編集長岡田が42回にわたって連載していたコラムです。ドリームメールとのサイト統合のため、アーカイブという形で本サイトに掲載しています。 ビュンビュントピックス目次

乾曜子がミニスカナース姿で『禁断シネマクリニック』


Released Date: 2004年11月26日

私が制作している「スクランブルエッグon the Web」では、2002年から「Recommended Eggs」という名前で、毎月1日と16日に将来の活躍が期待されるアーチスト、タレント、アイドルの卵たちを紹介しています。

Recommended Eggsになると、サイトのほとんどすぺてのページに小さい写真が1ヵ月登場しますので、アクセスも多く、サイト訪問者や業界関係者が注目してくれるので、サイトの表紙モデル的な役割をしていただいています。

今回紹介するのは、2003年3月に初登場した乾曜子さん。2000年4月にWebサイト「YOKOEGG」を公開し、4年半も更新しつづけている、ネットアイドルで、コスプレーヤーで、グラビアアイドルで、サイト管理人でもある、マルチな活動をしています。

そんな乾曜子さんがSKY PrefectTV! 279chとケーブルテレビ各局で放送中のエンターテイメントテレビ『MONDO21』(モンド21)の番組『禁断シネマクリニック』の12月放送分に登場するということで、その収録現場におじゃましてきたという次第。

この『禁断シネマクリニック』は、毎回、ミニスカセクシーナース姿のグラビア女優が最新のお色気Vシネマを紹介する番組で、以前、ゲストとして出演した乾曜子さんが12月放送分のナビゲーターとして登場することになったのです。

スタジオに入ったところ、バニーガールの衣装での撮影中。久々の再会にびっくりされたり喜ばれたり。結構そそる感じです。

バニーガールの次は水着。取材のために時間を作ってくれたのでここぞとばかり独占的に写真を撮りまくり(笑)。サービスポーズもたくさんしてくれました。

そして、番組のタイトルでもある、ナース姿! ピンク色のナース姿に悩殺されそうです。写真を撮った時間は少なかったものの、撮影会に参加した気分でとても楽しめました。

この番組は『禁断シネマクリニック』というタイトルになってからやく1年ほど続いているそうですが、その前身番組からだと4年ほど続いているそうです。

前のコラムへ 次のコラムへ

Photo(乾曜子)
今回のコスプレはバニーガール

Photo(乾曜子)
やばい、ヒモが(笑)……

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2004-2016 Scramble-Egg Inc.

オンラインコラム目次

ビュンビュントピックス目次