更新情報

検索する

広告効果について


Last Updated: 2007/04/04

広告効果を考えるときに必要なのは、

表示回数×クリック率×クリックあたりの売上単価

です。これはサイト運営者にも広告主にとっても重要な指標となり、各要素を上げていくことがサイトの認知度アップ、売り上げアップにつながります。本サイトが広告主様にご協力できることは表示回数のアップだけであることをご確認ください

広告を見たユーザがどういうコピーやバナーに反応するのか、クリック後にユーザを購入行動にどう結びつけるかについては広告主様側のご判断と責任のうえで行うことになります(簡単なご相談には応じます)。

クリック当たりの単価(広告主様から見た費用)を考えると、本サイトのクリック単価は広告費から逆算して概ね20円前後となります。これをどう見るかはサイトの目的、キャンペーンの目的と照らし合わせてご判断ください。

ターゲットユーザがはっきりしていればしているほど対費用効果が高くなります。

一般にECサイトで売り上げを増加させるためには、

来訪トラフィック数×単価×購買率

を上げることが求められます(楽天の三木谷社長が2001年8月のセミナーで説明していました)

来訪トラフィック数=訪問者数、単価=購入者の1回あたりの購入額、購買率=購入者/訪問者とお考えください。

こう考えるとバナーでサイトに誘導する手法が成功していれば、その先も同じ手法を使えばいいことがおわかりかと思います。もちろんその先はユーザビリティ(使いやすさ)、ブランド性、更新頻度などの要素が加わりますが、考え方は同じということです。

広告を出稿するには 広告枠について 広告位置見本 アクセス状況 広告効果について

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)1997-2018 Scramble-Egg Inc.