サイトトップへ

更新情報

検索する

Ring芸能スクール関東・甲信越


  Last Updated: 2005/08/09

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

スクール名称 Ring芸能スクール
所在地 〒141-0032
東京都品川区大崎5-10-14-3F
(JR大崎駅 北口改札より徒歩3分)
教育方針 弊社リングは、母体が制作会社ですのでプロのディレクターやプロデューサーや作家陣による『今求められている演者』の指導をはじめ、今後アナタが芸能活動を行う際に必要な「基礎」や「技術」は勿論のこと、「滑舌・声・身体・リズム感」を養うレッスンをはじめ、アナタの持っている「潜在能力」を引き出しながら、キャラを生かし「センス」を磨くカリキュラムなど、幅広いレッスンを行っていきます。
レッスンの特長 毎日がオーディション的な新感覚なレッスンを取り入れてます。毎週、様々なジャンルで活躍する講師を招き、エンターテインメント性に富んだスクールですので才能を認められれば講師の携わる作品へ出演のチャンスも!
どんな人がどんな目的で習うのに向いているか 既にプロダクションに所属している方は、スキルアップレッスンとして考えて頂き、これから事務所に入ろうと思っている方で、優秀者にはリングからお仕事を斡旋させて頂きます。
毎週様々なジャンルの講師を招くので、業界の人脈を広げたい方、幅広くタレント性を磨きたい方、基礎からキチンと学びたい方にオススメのレッスンカリキュラムです。
(経験、未経験は問いません。)
創立年 2005年7月より毎週日曜日に開校
コース
募集内容
募集時期
毎週日曜日13:00~14:30
募集内容:
デビューを目指す方、テレビに出たい方、マスコミ関係の仕事に就きたい方、オーディション情報を求めている方、芸能界で必要なスキルを磨きたい方で3歳~60歳までの心身健康な方。
レッスン料 毎週日曜日13:00~14:30(90分)
1レッスン ¥4,000-
入会金、年会費など一切なし。
リングからプロモーションを行う場合も宣材写真撮影も勿論リング負担となりますし、プロモーション代なども一切頂いておりませんのでご安心下さい。

日曜日が4回ある月は、月4回レッスン、日曜日が5回ある月は、月5回レッスンとなります。月謝制です。
レッスン形態と内容 基礎から応用、オーディション対策までのグループレッスン(毎週日曜90分)
●演技●
現役で活躍しているドラマや映画の監督を講師に招き毎週演技指導して頂きます。
●アクション●
ハリウッドでも活躍している先生によるアクションのレッスンです。
時代劇で必要な殺陣や現代アクションを学べます。
●滑舌声楽●
舞台用の発声の仕方、ドラマや映画用の声の出し方、滑舌のいい聞きやすい声の発声法を身につけるレッスンです。
●演者講座●
現役活躍中のディレクター、プロデューサー、作家を招き、今TV業界で求められている「使える演者」指導を行います。
その他、CMの監督を招き、実際にカメラを用いて「自分の思っている姿と、実際画面に映るっている姿」を客観的に比較しながら勉強したり、リポーターに必要な技量を学んだり、時代劇での対応できる所作を学ぶ為に日舞の(一流芸能人にも振り付けをしている)講師を招いたりもします。
毎週、どんな経歴の持った講師が、どういった内容のレッスンを行うか、リング芸能スクールのブログで事前に確認する事ができますのでお気軽にご覧下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/ring333/
(携帯からもご覧頂けます)
生徒総数 2005年7月開校です
卒業生の実績 2005年7月開校です
主な講師の経歴 講師陣のラインナップと、講師の経歴はコチラをご覧下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/ring333/
なお、弊社リングの母体となる番組制作会社の現在携わっている番組は以下の通りです。
《日本テレビ》
クリック
メレンゲの気持ち
秘密のひらめ筋
おしゃれイズム
サンクチュアリ/大人の聖域
《TBS》
あざ~っす!
ハナタカ天狗
オオカミ少年
恋するハニカミ
《テレビ朝日》
快適!ズバリ
いきなり!黄金伝説。

過去に携わった番組
●進ぬ!電波少年
●雷波少年
●汐留スタイル
●おしゃれカンケイ
●特上!天声慎吾
●SP番組など他多数
WebサイトのURL http://www.ring.co.jp/school.html
問い合わせ先 Ring芸能スクール事務局
03(3491)4949

●関連記事
スクール関連情報ページ

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

▲ この記事の先頭へ