更新情報

検索する

SKE48チームS「愛を君に、愛を僕に」ミュージックビデオ撮影レポート(2) 仲村和泉、赤堀君江ミニインタビュー


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2022 Scramble-Egg Inc.

SKE48「愛を君に、愛を僕に」MV撮影レポート(2) 仲村和泉、赤堀君江ミニインタビュー

2022年5月28日に初日を迎えるSKE48チームSオリジナル新公演「愛を君に、愛を僕に」の表題曲のミュージックビデオの撮影現場から仲村和泉さん、赤堀君江さんのミニインタビューをお届けします。(2022年3月28日 愛知県名古屋市 SKE48劇場)

SKE48チームS「愛を君に、愛を僕に」ミュージックビデオ撮影レポート(1) の続きです

取材した日は3月28日。その時点では振り付けの牧野アンナ先生と対面したばかりです。そして公演に対する個人の意気込みについても3月末時点ということをお含みいただいてインタビューをお楽しみください。

SKE48 Team Sオリジナル新公演 『愛を君に、愛を僕に』/「愛を君に、愛を僕に」Music Video - YouTube とともにどうぞ。

仲村和泉インタビュー

仲村和泉 仲村和泉

――ミュージックビデオでの役回りは?

「最初、イメージ図をいただいたときに、自分たち、2サビなんですけど、『もしかしたら自分は入れないのかな?』とすごく不安に思いました。でも本番前に説明を聞いたら、私が1人でみんなを探してる、みたいなシーンと聞いてびっくりしたし、おいしいところでもあるので、ラッキーだなと思いました(笑)」

――「あれ、みんなどこいっちゃったの?」って感じですよね。

「『どこ行ったの? いないね』って思ってたら、『あ、いる』、みたいな感じです」

――ファンの人は喜んでくれそう?

「はい。尺も長めなので、1人でいるというのはおいしいですね」

仲村和泉 仲村和泉

のちにこのソロシーンを本人自ら「スーパーいずみちゃんタイム」と配信で言っていました。

――衣装のポイントは?

「自分のサイリウムカラー(推しカラー)は赤と青なので、いろんなところに赤と青が使われています。やはり自分が好きな色なので、衣装もかわいいので、うれしいなって思います」

――ダンスパートはどうでしょう。

「アンナ先生らしい振りで、みんなで一緒の振りをして、一緒に高め合っていく振りです。楽屋でもたくさん練習したので本番に揃うといいなと思います」

――アンナ先生の今回の印象は?

「アドバイスをしていただきました。私は力が入ったり、振りが大きくては雑になりがちなので、『そんなに頑張らなくていいよ、もっと力を抜いてやれば大丈夫だから』と言っていただいて、それを意識してます」

――初日公演に向けて個人としての意気込みを。

「オリジナル新公演は私自身も初めてで不安の気持ちが大きいんですけど、ここはやっぱりみんなで意志をひとつにして、リーダー、副リーダーと協力して、みんなでいい公演を作り上げていけたらいいなと思います」

赤堀君江インタビュー

赤堀君江 赤堀君江

――ミュージックビデオ中の役割は?

「自分が大事だと思うところは、サビの終わりで幕を閉じるところです。見つけてもらいやすいし、次の展開への大事なところだと思うので、しっかり次にパスできるようにしたいです」

――移動が大変そうですね。

「周りのメンバーと比べると移動は意外と激しくなくて、扉を開けたり、幕を閉めたり、そういう細かいところが多いです。劇場の扉が意外と重くて、両手を使わないと開かなくて大変かなと思います」

――衣装についてはどうでしょう。

「紫と水色のサイリウムカラーが入っていてすごくうれしいです。

自分はスカートになることが多いんですけど、今回はショートパンツです。かわいい系が多いので、かっこいい系は珍しいかなと思います」

――牧野アンナ先生との対面の印象を聞かせてください。

「カミングフレーバーのときにお会いしたんですけどあまり覚えていなくて……。昔のチームSと比べられてしまうのかなと思って身構えて行ったら、気持ちの面でパンチを食らいました。

言われたことは納得できるんですけど、どうしたらいいかわからなくて、課題が増えたし答えが見つからないです」

――公演に対する意気込みを。

「若いメンバーが多いし、これからのSKE48を作っていくメンバーがとても多いチームだと思うので、初日を成功させて、みなさんに良い評価をいただけるような、すばらしい公演にしたいと思います。未来が見えるような公演にしたいです」

大谷悠妃、赤堀君江
大谷悠妃、赤堀君江

(3)中坂美祐、石黒友月インタビュー に続きます。(撮影・取材 岡田)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2022 Scramble-Egg Inc.