更新情報

検索する

SKE48チームS「愛を君に、愛を僕に」MV撮影レポート(4) 竹内ななみ、荒野姫楓、大谷悠妃ミニインタビュー


  Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2022 Scramble-Egg Inc.

SKE48「愛を君に、愛を僕に」MV撮影レポート(4) 竹内ななみ、荒野姫楓、大谷悠妃ミニインタビュー

2022年5月28日に初日を迎えるSKE48チームSオリジナル新公演「愛を君に、愛を僕に」の表題曲のミュージックビデオの撮影現場から竹内ななみさん、荒野姫楓さん、大谷悠妃さんのミニインタビューをお届けします。(2022年3月28日 愛知県名古屋市 SKE48劇場)

SKE48チームS「愛を君に、愛を僕に」MV撮影レポート(3) 中坂美祐、石黒友月ミニインタビュー の続きです。

※3月28日時点でのインタビューです。

SKE48 Team Sオリジナル新公演 『愛を君に、愛を僕に』/「愛を君に、愛を僕に」Music Video - YouTube とともにどうぞ。

竹内ななみインタビュー

竹内ななみ 竹内ななみ

――MVの役回りを紹介してください。

「扉開け係です。劇場に入ってくるときに扉を開けて、みんながステージに行くときに幕を開けて閉めて、という役割です」

――朝、集まって練習してるときに立っているだけだったから何をしてるのかと思ってたら……。

「幕の開け閉め係なので(笑)。サボってるわけではないですよ!(笑)」

――推しカラーが衣装に使われているそうですね。

「私は白、水色、青。シャツが白、インナーが水色で、ハーネスやベルト、ヘアピンが青です。めっちゃテンション上がります。もともとストリート系のファッションが好きで、ハーネスも好きなんですよ。だからうれしいし、青がいちばん好きな色なので、うれしいです」

ハイソな幼稚園生?

――ミニスカートにも見えました。

「ショートパンツです。ちょっとハイソな幼稚園に通っている人みたいな感じな衣装です(笑)」

――アンナ先生の指導の特徴は?

「振り入れの進むスピードも全然違います。9期はあんまり怒られたことがなかったんですけど、振り入れで、しかもサビしかやっていなくて、同じ振りをやっていてあんなに怒られたのは初めてです。

そもそも基礎ができていなかったので、ダンスの基礎の一番最初の部分から指導していただきました。『9期は全員硬い』って言われました。私も硬いです」

ストレッチや振り付けの意味を教えられて

――基礎をしっかりやってみて変わった部分はありましたか?

「体が柔らかいと自分の悪いところに気づきやすくなりました。たとえば『ここの間接がよくないな。じゃあ重点的にストレッチしよう』となります。

私たちはそういうことを知らないので、アンナ先生に教えていただいてから『うわ、すごい』って思うことがいっぱいありました」

前回『転がる石になれ』を教えていただいたときに、手をずっと上に振り上げる振り付けがありますけど、そのときに私は手をグーにして親指が出ていたんです。『そんなんじゃ突き指するよ』って言われて、こんなところにも意味が込められているんだと思って感心しました。そういうところからちゃんとしていかないとと思いました」

竹内ななみ 竹内ななみ

――新公演に向けての個人的な意気込みを。

「ダンスが上手なほうではないので、みんなについていくので精一杯になると思うんです。

でもアンナ先生に9期生以降には前に行く力がないと言われたとおり、ミュージックビデオを撮り終わったときにカメラの前に行かず後ろで手を振っているだけでした。

アンナ先生はそういうところも気にかけてくださっていたので、もっと前に出られるようにしたいです。

自信はないんですけど、ななが主役だと思えるように練習したいなと思います。レッスン場で正確な振りVをいっぱい見て、揃えて、間違っていないと自信を持ってステージに立てるようにしたいです」

――11期生のお披露目もありますけど、自分はどういう先輩でありたいですか

「飾らないタイプなので、素を好きになってもらえれば。いじられキャラなのでおもしろい先輩だと思ってもらえれば」

荒野姫楓インタビュー

荒野姫楓 荒野姫楓

――MV撮影はいかがでしたか?

「ハプニングあり、トラブルあり、笑顔あり、盛りだくさんだったと思います。私、アイドルのミュージックビデオを見るのが大好きで、いつかは一発撮りがあったらおもしろいんじゃないかなと考えてたから、それがタイムリーにできて楽しかったです」

――自分自身はミスなくできましたか?

「ミスはなかったと思います」

――衣装について。

「白と水色が好きで、白が基調で、水色のスカートです。カチューシャもかわいいからつけさせてもらってそれが白と青。イアリングも水色でお気に入りです」

ひめたんシフトチェンジ?

――スカートですね。

「私、かっこよくてスタイリッシュ系を任されるのかと思ったら、乙女チックな感じの衣装でした。最近かっこいい系から、かわいい系になることが多く、ひめたんシフトチェンジの時期なのかなと思い始めてます。コンサートでも前まではかっこよくてセクシー系だったのに、かわいい系の曲も増えてきて。どうしたんだろうって(笑)。うれしいですね」

――アンナ先生はどんな方ですか?

「アンナ先生には研究生のときお会いしたことがあります。またチームSとしてお会いして、みんなと目線が全然違うと思うんですけど、すごくおもしろい方だなと思っています。

人のことをすごくよく見ていて、私も人のことをよく観察しているので、失礼な言い方かもしれないですけど、『そこを見ているんだ、すごいな』ってレッスンを楽しんで受けています」

ベストを尽くします

――自分自身については。

「『上半身の動きが弱いからもうちょっと強さが欲しい』って言われました。確かにそうだなと思って。下半身に気を取られすぎて弱くなっていたので、よく見てくださっているなとうれしくなりました」

――チームSのメンバーの観察をしているので、アンナ先生が指摘することはひとつひとつ腑に落ちるんですね。

「そうですね。『そうそう、そう思ってた!』『よく言ってくださった』って思うこともあります(笑)。それもアンナ先生って怖いわけではなく、筋の通っていることを愛を込めて伝えてくださるし、めっちゃありがたいし、うれしいし、楽しいし、おもしろいです」

――新公演の個人としての意気込みを。

「私のベストを尽くします。それが結果に結びつかないとしても、私は、ファンの方とともに歩んで活動していきたいです」

大谷悠妃インタビュー

大谷悠妃 大谷悠妃

――MVの役割としては?

「先輩という立ち位置でもなく、がっつり後輩という立ち位置でもなくなってきたので、真ん中の期の人がやるべきことはできたかはわからないけど、そういうことを心がけました。サビ前で写るんですけど、その動きを頑張りました」

――衣装の自分の推しカラーはどこに?

「スカートが赤で、ピンクがインナーとファスナーの横です。ピンクが隠れているんですけど、髪飾りのピンがピンクと赤でめっちゃお気に入りです」

――衣装のポイントは?

「ゆうは今17歳で今度18歳になるんですけど、今までは完全に隠してた胸元が開いています。まあ解禁するつもりはないですけど(笑)」

――振り付けのポイントは?

「上だけ動かす、下だけ動かすといった、どちらかだけ動かすというのはあまりなく、全体を動かす振りが多いので、サビは腕を大きく回して足を上げています。全身運動が見られると思うので、ファンの方は、SKE48ってこういうダンスだったって思うような、大きいダンスが見れるんじゃないかなって思います」

ゆうは泣かなかった

――実際にアンナ先生にお会いして精神的な部分もアドバイスしてもらったそうですね。

「ドラフト合宿のときに一度アンナ先生にお会いして、しっかり怒られて、アンナ先生が帰ってしまったことも経験しています。

自分の意志をいかに見せるのかが重要だと思っていたけど、いざレッスンが始まると内に入ってしまう自分がいて、ドラフトのときを思い出して泣きそうでした。

泣いてるメンバーもいました。ちなみにゆうは泣かなかったので、そこは成長できているのではないかなと思います」

――どこが変わったと言えますか?

「もともとダンスが得意なタイプではありません。でもこの前の振り入れで全身を使って踊ったら久しぶりに頭から汗をかいて運動したので、ダンスは今までのゆうとは違うと思ってもらえるのではないかと個人的には思います」

新公演で愛を伝えたい

――新公演に向けて自分自身の意気込みを。

「18歳って20歳とは違う人生の節目だとゆうは勝手に思っています。そういうタイミングに新しい公演が始まるので、新しい一面はやっぱり見せていきたいです。

愛を伝えられる公演だと思ったので、日ごろゆうはあんまり恥ずかしくて愛を伝えられないんですけど、こういう機会だからこそ、ちゃんと伝えられたらいいなと思います」

――大人にならなきゃと思うことはありますか?

「ゆうは2004年生まれの“ゼロヨン”と言われる年代なんですけど、『若い』が通じなくなってきたんですよ。だから、逆にここから大人に見られる年齢にも入ってきたので、ぱっと見でも、年相応にみられるように頑張りたいですね」

撮影オフショットに続きます。(撮影・取材 岡田)

大谷悠妃

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2022 Scramble-Egg Inc.