サイトトップへ

更新情報

検索する

DVD『TOKYO IDOL FESTIVAL2010@shinagawa』発売記念スペシャルインタビュー


  Last Updated: 2011/02/06
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2010年8月7日、8日に品川で行われたTOKYO IDOL FESTIVAL 2010。そのTIF2010に出演した45組のアイドルのライブを収めたDVDが2011年2月9日に発売されます。その発売を記念して出演したグループから代表して7人にインタビューをしてきました。(2011年1月 吉本興業東京本部)

今回のインタビューに参加してくれたのは伊藤祐奈さん(アイドリング!!!)、前島亜美さん(SUPER☆GiRLS)、山邊未夢さん(東京女子流)、根岸愛さん(ぱすぽ☆)、レナさん(バニラビーンズ)、流原蓮次さん(腐男塾)、林沙奈恵さん(YGA)の7人です。

Photo
後列左よりレナ、林沙奈恵、根岸愛、流原蓮次
前列左より前島亜美、山邊未夢、伊藤祐奈

cover TOKYO IDOL FESTIVAL 2010 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー
8,000円(税込)
DVD
2011年2月9日

――それでは各グループの自己紹介をお願いします。
流原蓮次(るはら・れんじ)はー、俺たち腐男塾です。中野にある中野腐男子学園という男子校の生徒です。そして、メンバーそれぞれが、おたくという、ヲタかっこいい部活です。そして我々のプロデューサーはジャジィはなわと言いまして、ジャジィはなわのプロデュースのもとにSPACE・PEACE(宇宙平和)を目標にアニソンを歌うことを目標に活動を進めております」
――堅いなぁ(笑)。
流原蓮次「今の時代、軟弱な男性が多いなか、男気とは何たるかを広めていかなければならないと思っておりまして、そんな感じで活動しております」
根岸愛(ねぎし・あい)ぱすぽ☆です。電車も乗れないしタバコも買えません。空の旅をイメージした10人組のガールズロックユニットです。メンバーのことをクルーと呼んでいて、リーダーをキャプテン、副リーダーをチーフパーサー、ライブをフライト、ファンの方をパッセンジャーと呼んでいます。旅をイメージしているのでパスポートというものがあって、ライブごとに押していって貯まるとマイレージ特典もあるので、みなさんぜひ、貯めてください」
前島亜美(まえじま・あみ)SUPER☆GiRLSです。私たちは12月22日にファーストアルバム『超絶少女』でメジャーデビューしました。私たちは育成型アイドルということで、世界初リアルアイドル育成サイト『マイドル SUPER☆GiRLS』というサイトを立ち上げています。そのサイトではファンのみなさんにサポートプロデューサーになっていただいて、ファンのみなさんの意見や要望を取り入れて実際に私たちが反映して活動するという形式になっているので、ぜひみなさんも登録してサポートプロデューサーになっていただきたいと思っています」
――マイドルに入るとどういうことができるんですか?
前島亜美「自分の推しの子にポイントを入れることで、その子をジャケットのセンターにさせることができたりとか、ユニットの要望を出せば反映したり、自分が思い描いているとおりに動いてもらえるようなサイトになっています」
――自分で自分の順位とか気になったりしません?
前島亜美「そうですね、あの、みんな気になったりするんですけど、高めあってます」
――今、何位ぐらいんなんですか?
前島亜美「ずっと第2位です」
伊藤祐奈(いとう・ゆうな)アイドリング!!!はフジテレビから出てきたアイドルなんですけど、アイドルとして未完成な女の子というということでアイド“リング”なんですけど、20人いて番組を月曜深夜1時40分からやらせていただいているんですけど、その中でもパイ投げやウナギつかみ、背中にスライムを入れたりいろんなことをやっているので、いつでもガチなアイドリング!!!をぜひ見てください」
――相撲とかやってますよね。
伊藤祐奈「はい。でも私は一度もやったことがないんです」
――そうか、代表の人がやってるんだったね。
伊藤祐奈「やってみたいんですよ」
――やってみたいんだ(笑)。ありがとうございます。

Photo

山邊未夢(やまべ・みゆ)東京女子流です。私たちは2010年1月1日に結成された5人組のダンス&ボーカルグループで、なぜ“東京女子流”かというと、私たちはアジアを目指していて、アジアに行っても(グループ名に東京がついていることで)日本だと分かるようにして、私たちだけのスタイルを作りたいという意味で“東京女子流”という名前になっています。たくさんの場所でブログをやったりライブをユーストリームで発信したりして、2011年1月1日に私たちのファンクラブもできて、今は無料なのでぜひ入ってください」
――どんな感じの曲が多いんですか?
山邊未夢「いろいろなジャンルの曲があって、第2弾シングルの『おんなじキモチ』はNHKアニメの『はなかっぱ』のエンディングテーマとなっています」
レナ(バニラビーンズ)「あとはおばさんたちになつかしい80年代ディスコチューンな曲も入っています」
――なんでバニラビーンズが説明してるのかよくわからいけど(苦笑)、はい次どうぞ。
レナ「北欧からやってきました清楚でイノセンスなバニラビーンズのきのこ頭担当のレナです。趣味はアイドル研究、読書はアイドル雑誌、今、一推しのアイドルは東京女子流の新井ひとみちゃん、ひーちゃんです。よろしくお願いします」
――バニラビーンズの説明もよろしくお願いします。
レナ「バニラビーンズはアイドルグループと言われてすごくうれしいんですけど、やっぱりアイドルと言われて『?(はてな)』がつくんですよね。なぜかというと、CDをリリースしたときにイベントでは握手会というものをするじゃないですか。でも私たちはビンタ会という、ファンの方のほっぺたをビンタするというイベントをするんで、そこがアイドルとちょっと違うのかなと思います」
林沙奈恵(はやし・さなえ)「YGAです。YGAは吉本興業初のアイドルグループで、バラエティ50%、アイドル50%、合わせて120%をコンセプトに、9人で活動しています。週末に品川プリンスシアターでライブをやらせていただいたり、月に一度、単独ライブをやらせていただいたり、武者修行ライブといっていつもと違うライブハウスに行ってライブをやらせていただいたりして、今、月に15本~20本ライブをやらせていただいているので、ぜひみなさん遊びにきてください」
――春日沙也加ちゃんが少年チャンピオンの「マスコットガール選手権」でグランプリをとりましたね。
林沙奈恵「そうです。信じられないってずっと言っていて、2月10日発売の号は表紙になっています」

Photo
根岸愛、流原蓮次、前島亜美(写真もコラボ&シャッフルしています)

――DVDには45組ぐらいのアイドルグループが登場しているということで、このイベントで印象に残っていることを教えてください。
流原蓮次「今回、45組のアイドルグループということで、自分たちが唯一のアイドルグループとして参加したんですけど、44組のかわいいアイドルグループに囲まれて2日間ずっと緊張してたんですよ。かわいい女の子ばっかりなので。そしていつもはポマード臭い楽屋が華やいだ香りもしていて、ステージで凛々しく踊られる姿を見てですね、男性なのでもっとしっかりしなければ、という、逆に啓発されたイベントでした。そんな中、ほかのアイドルの方とからませていただいたときに、やはり男性なので、誰がタイプだとか、そういう話もステージ上でしたわけですよ。そのへんのギラギラした欲を出している感じのところを見てほしいですね」
――ステージ上でもしてたんだ。
流原蓮次「そうなんですけど、諸星あたる(※『うる星やつら』の主人公)ではないんですけど、YGAさんと一緒のときにはYGAさんのことを言って、ほかのグループと一緒のときにはそのグループのことを言って」
林沙奈恵「そうだったんですか!」
流原蓮次「矛盾したことを言ってます」
根岸愛「私たちぱすぽ☆は今回のTIFがはじめての大きいステージですごく緊張してたんですけど、練習の成果もあって『かっこ良かったよ』とほめられたんですけど、『走れ』という曲があるんですけど、そのかなこちゃんの表情がたまらなかったです。あと、ぱすぽ☆の振り付け師(竹中夏海先生)とメンバーに槙田紗子(まきた・さこ)の2人がいて、その2人が本当にアイドルオタクで、先生がレナさんのことをよくつぶいやいたりしていて、その2人がおもしろかったです」(※竹中夏海さんは女優時代に3度取材したことがあります。興味のある方はどうぞ。・「手を握る泥棒の物語」オーディション ・「手を握る泥棒の物語」竹中夏海インタビュー ・ 「手を握る泥棒の物語」完成披露試写会
――ほかのアイドルグループのファンはぱすぽ☆を見てどういう感想を持ったか聞いたりしました?
根岸愛「ぱすぽ☆を見たことがなかった人が多かったので、『こんなに踊るんだ』ってびっくりされました」
レナ「あとぱすぽ☆さんはパイ投げOKだったのにはびっくりしました」
根岸愛「全然、なんでもOKですよ。きまりとかもあんまりないですし」

根岸愛、流原蓮次、前島亜美

前島亜美「SUPER☆GiRLSはこのステージが結成してから3回目のステージですごく緊張してたんですけど、初々しく頑張ってる姿を見ていただきたいんですけど、今は衣装が変わって黄色のチェックになってるんですけど、TOKYO IDOL FESTIVALでは2種類の衣装を着させていただいて、たぶんもう着れないと思うのでDVDでじっくり見ていただきたいと思います」
――ファンの方たちも様子を見ながら見てたと思うんですけど、そのときにどんなことを感じました?
前島亜美「私たちはお客さんの前に出るのも数回しかなくて全然よくわからなかったんですけど、握手会を外でやらせてもらってたときに、『初めて見にきたんだけど良かったよ』ってすごくたくさんの方に言っていただいて、このTOKYO IDOL FESTIVALでSUPER☆GiRLSがいろんな方にたくさん知っていただけたと思います」
――アイドリング!!!は結構分かれていろんなところに出てましたよね。
伊藤祐奈「はい。いろんなところに出させていただいたんですけど、昼と夜と衣装が2種類あって、ピンクと黒の小悪魔チックな衣装と、夏って感じのマリン衣装を着たんですけど、衣装にも注目していただきたいなと思ってて、あと楽屋風景も入っているので、素の私たちをぜひ見ていただければなと思います。楽屋がももクロさんと近くて、休憩時間に(ももクロのライブを)見させていただいて楽しかったです。ももクロさんもアイドルが好きみたいで、すごく話が合って楽しかったです」

レナ、山邊未夢
レナ、山邊未夢

山邊未夢「私たちは全部違う衣装でやったんですけど、4つ以上着て、最近着ていない衣装もこのDVDで見れると思います。あと、ステージが広くて私たち5人しかいないんですけど、端から端まで使わなければいけなくて、ダンスの移動が大変だったんですけど、苦労したんですけど5人で協力して本番ではうまくいったと思います」
――東京女子流さんのファンの方はどんな方が多いんでしょう。取材はしててもライブを見たことがないので教えていただけますか?
山邊未夢「握手会に3歳ぐらいの子とか赤ちゃんとかも」
――そうなの?(笑)
山邊未夢「10歳ぐらいの若い子とか、同年代の子とか、男の人とか幅広いです」
――男の人は何歳ぐらいの人が多いんですか?
山邊未夢「30代ぐらい? でもライブには10代ぐらいの人も見てくれてます」
流原蓮次「ちなみに広報室長みたいな人がいるので振ってみてください」
――ではレナさん。
レナ「やりたいっていう女の子のファンの方とかも多いですよ」
――バニラビーンズとしての感想はいかがでしょう。
レナ「物販スペースがありまして、そこでもビンタしました。あとはナイトDJコーナーがあって、そこで掟ポルシェさんと一緒にやらせていただいたり、爆乳甲子園とかも楽しめました。あとはYGAさん、アイドリング!!!さん腐男塾さんとシャッフルユニットをやらせていただいて、バニラビーンズは普段踊らないんですけど、踊るバニラビーンズが見れると思います」
――練習するの大変じゃなかったですか?
レナ「大変でした。夜中まで」
流原蓮次「なんやかんやガッツリ楽しんでますよね」
レナ「楽しませていただきました」

レナ、山邊未夢

林沙奈恵「YGAは前夜祭にも参加させていただいて、3日間で14ステージ出させていただいているんですよ。ライブのほかにも大先輩である桂三枝師匠と『クイズ年の差なんて』に出させていただいたり、シャッフルユニットをやらせていただいたんですけど、そのとき腐男塾さんとやらせていただいて、瀬斗光黄(せとこうき)さんと仲良くさせていただいたんですけど、その光景を見て腐男塾さんのファンの女の子に敵視されてしまって、YGAのライブに来てくださってるのに私の悪口を言って帰られるという、ちょっと楽しかった(?)思い出もあり、あと3日間活動したので、ラストのメインステージのステラボールで声がガラガラになってしまい、いつもと違う声が聞けると思います」

――TIFをきっかけに仲良くなってる気がするんですけど、グループアイドルがたくさん出てきている今の状況についてはどう思います?
流原蓮次「たくさんのアイドルの方と交流できまして、その中で啓発される部分があるので、うれしい部分も正直あるんですけど、具体的が誰と仲がいいとか言ったら、さきほどの瀬斗光黄くんが罪つくりな男のように聞こえたと思うんですよ。そのへんは控えさせていただきます」
レナ「こんなアイドルフェスティバルが毎年あったら私はお客さんより楽しんでしまうぐらいうれしいので毎年やってほしいと思います。私は自分が主催するアイドルフェスティバルというものをやりたくて、事務所の壁をとっぱらっていろいろやってみたいです」
林沙奈恵「いろんなアイドルがいらっしゃって、YGAもたくさんライブをやらせていただいて会えるアイドルとして思うことは、たくさんアイドルが増えるのはうれしいんですけど、増えると私たちがライブをする場所がなくなってしまうのではないかと不安ですが、YGAのことが好きな方が増えたらいいなと思います」
――NMB48についてはどう考えているんですか?
林沙奈恵「私たちにとっては感慨深い(?)ところなんですけど、負けないように、いつかコラボとかできたらなと思います」

林沙奈恵、伊藤祐奈
林沙奈恵、伊藤祐奈

――ほかのアイドルの衣装とか振り付けとか、自分たちの中に取り入れたらなぁと思うところがあったら教えていただきたいんですけど。
根岸愛「個人的なことなんですけど、東京女子流さんの衣装が毎回すごく好きで、黒と白のワンピースとかスタイリッシュな感じであこがれます」
前島亜美「私はYGAさんの紫の衣装がかわいいと思います」
――ブログにいちごが好きって書いてあるね。
レナ「しかもうさぎも好きなんだよね」
伊藤祐奈「ぱすぽ☆さんのロック調の激しいような曲をアイドリング!!!でも1回やってみたいなって。ダンスも切れ切れだし」
山邊未夢「ぱすぽ☆さんの衣装が大好きなんですよ。このDVDには入ってないんですけど、スマイレージさんの衣装もいいなって前から思ってます」

林沙奈恵、伊藤祐奈

――それでは最後に告知タイムです。どうぞ。
流原蓮次(腐男塾)「2月24日に渋谷O-eastでライブがあります。中野腐女子シスターズも出ます。そして3月23日に中野腐女子シスターズと腐男塾のアルバムと中野サンプラザのライブの模様を集めたDVDが発売されます。詳しくは公式ホームページをご覧ください」
根岸愛(ぱすぽ☆)「ぱすぽ☆は12月に発売したアルバム『TAKE☆OFF』を聞けばぱすぽ☆のすべてがわかるのでぜひ聞いていただきたいです。そして月1回はワンマンフライトをやっているので、ぱすぽ☆オフィシャルサイトをチェックしてください」(※4月6日にメジャーデビューが決定しました)
前島亜美(SUPER☆GiRLS)「私たちは3月23日に『がんばって青春』という、SUPER☆GiRLSのファーストシングルを発売します。その前にもたくさんイベントやライブをやらせていただくので、ぜひ遊びにきてください。よろしくお願いします」オフィシャルサイト
伊藤祐奈(アイドリング!!!)「毎週末に品川プリンスシアターでYGAさんと一緒にライブをやらせていただいているのと、毎週月曜日深夜1時40分から『アイドリング!!!』やっているのでぜひ見てください」アイドリング!!! - フジテレビ
山邊未夢(東京女子流)「月2回定期ライブをやっていて、ネットでも配信しているので見てください。2月9日に私たちの最新シングル『Love like candy floss』がリリースされます。それと、ファンクラブに入っていただきたいのと、月1回レギュラーラジオ番組があるのでそちらもチェックしてください」オフィシャルサイト
レナ(バニラビーンズ)「ベストアルバムが出ているのでそれを買っていただきたいのと、2月9日肉の日には女子流さんのシングルとこのTIFのDVDが出るので両方買ってください、よろしくお願いします」オフィシャルサイト
林沙奈恵「YGAも実は2月9日にCD『恋愛ストライカー』が発売になるのでぜひチェックしてください。あとは品川プリンスシアターで毎週ライブをアイドリング!!!さんとやらせていただいているのと、2月はたくさんイベントがあるので2日に1回のペースでライブをやらせていただく予定なのでぜひ公式ホームページをチェックしてください」

今回はそれぞれのグループの衣装で登場してくれました。インタビューには参加していませんが、ももいろクローバーももちろんDVDには入っています。異色のツーショット、スリーショットはいかがでしたでしょうか。2011年にはTIFはあるのでしょうか。まずはDVDをご覧になってお楽しみください。(撮影・取材 岡田)

TIF

cover
よしもとアール・アンド・シー
8,000円(税込)
DVD
2011年2月9日
cover
毎日コミュニケーションズ
872円(税込)
2011年1月25日
cover
日経エンタテインメント
530円(税込)
2011年2月4日
・ ~聖地への足跡~スペースピース2010 [DVD] (腐男塾)
・ TAKE☆OFF (ぱすぽ)
・ 超絶少女(初回受注限定生産盤)(ジャケットA) (SUPER☆GiRLS)
・ やらかいはぁと【初回限定盤A】 (アイドリング!!!)
・ Love like candy floss(ジャケットA)(DVD付) (東京女子流)
・ VaniBest (バニラビーンズ)
・ 恋愛ストライカー (YGA)
・Amazonで

●関連サイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.