サイトトップへ

更新情報

検索する

SUPER GT特集 ~2007 AUTOBACS SUPER GT 第6戦 第36回 インターナショナル ポッカ1000km


  Last Updated: 2007/09/27
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

SUPER GTも年間スケジュールの折り返し点を過ぎ、第6戦「インターナショナル ポッカ1000km」の季節となりました。今年(2007年)は8月18日(土)~8月19日(日)に行われ、GT500クラスは前年度チャンピオンの#1 宝山 TOM'S SC430が初優勝、GT300クラスは#2 プリヴェKENZOアセット・紫電がPOLE TO WINで優勝しました。(2007年8月18日、19日 鈴鹿サーキット)

今回は時間の都合で個別取材は行いませんでしたが、その分写真を多めに掲載しますのでご覧ください。

コース風景
コース風景

Photo
ZENT(山内智恵、大矢真夕、山崎みどり、村岡沙耶香)

Photo
NISMO(実はる那、酒本みち、稲垣慶子、武村夏美、月野碧)

Photo
表彰式後の花火

鈴鹿1000kmの基本的な事項については、昨年のレポートをご覧ください。(撮影・取材 伊藤)

【ワンポイント】

鈴鹿1000kmは真夏に行われるため、大変暑いことで有名です。今年は例年にもまして酷暑となりました。来年以降の観戦を検討される際には、暑さ対策をお忘れなく。写真は少しでも涼しくなるようにと設置されるミストエリアです。

Photo(ミストエリア)

2007 SUPER GT 第6戦特集(2) 鈴鹿1000km GT500編[1]に続く

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.