サイトトップへ

更新情報

検索する

※以下の記事はアイドル総合情報サイト「ドリームアイドル」にて2004年11月から2006年2月まで編集長岡田が42回にわたって連載していたコラムです。ドリームメールとのサイト統合のため、アーカイブという形で本サイトに掲載しています。 ビュンビュントピックス目次

トリコロール(OMATA)のアイドルDVD戦略~Part2


Released Date: 2005/06/29

前回に引き続きアイドルDVDメーカー・トリコロール(旧社名:OMATA)の統括本部長の関谷さんにお話をうかがってきました。

――DVDの内容やシーンにおいて何か独自な点があるとすればどんな点ですか?

「見てて飽きないように、イメージばかり続いて言葉が出ないのは避けて、特典映像として分けるのではなくて、チャプターの合間にメイキングを入れて飽きさせないようにしています。あとは音楽はほとんどボーカル入りが多いんですが、曲だけよりはボーカルが入っていたほうが、その子の元気さなら元気さが伝わりやすいと思いますので。

あとは股間のアップならアップをあんまり続けるのではなくて、本当にチラッと見せればいいんであって、とは思いますが、これもプロダクションさんの協力がないとうまくいかなくて、うちでチラ見せしても他のメーカーさんで大胆に全部やられたら意味がなくなっちゃうこともあって。

始めたときにグラビアアイドルということにあんまりこだわってやっていたわけではなかったので、おかしなキャスティングと思われるかもしれないですが、最近よく考えるのは、グラビアじゃなくてアイドルということを考えているんだなと思います。

余談なんですけど、うちのDVDはみんなロクロを回しているシーンを入れましょうって言ってるんですけど、みんな『海外まで持っていけません。別撮りになっちゃいます』って言われ、『じゃあだめだ』ってなりましたが(笑)」

――アイドルDVDの多くはそんなにたくさん売れるわけではないので、インターネットでのちょっとした評価が売れ行きに影響することがあると思うんですね。今、Webという媒体でこのように取材記事を掲載するというのはメーカーさんにとって果たして意味があることなんでしょうか。

「結構、マニアックな方が見てらっしゃいますから、(Webに載ると)評判にはなるんですよね。今回、このような形で話を聞きにきてくださって大変ありがたいと思っています。そのわりには酒の席とあまり変わらないことしか言ってないですけど(笑)」

――あのときああしたから売れたから、今度、同じようなタイプにもこうすれば売れるんだろうな、っていうことで内容的に同じ方法を使うことはありますか?

「売れる方法っていうのはわかってはいるんですよね。たとえば川村ゆきえみたいにルックスもボディも完璧な子をキャスティングすればいいんですけど、なかなかいないんですよ。……やはり地道にきちっと活動している人ですよね。事務所さんも含めてなんでしょうけれど」

――DVDを撮るにあたって制作スタッフに『こんな風に撮ってください』という指示はどのぐらいするんですか?

「結構細かくはするんですが、だいたい3班で固まってやれるようになったので、最近はあまり言わなくてもよくて。逆に全部言っちゃうと同じような映像になっちゃうので、それは避けたいと思ってます」

ウチは竹書房さんより前にやる

――これからのラインアップで期待している子といいますと?

「全部挙げたいところなんですが(笑)。6月に出る鈴木美夏がどのぐらい伸びてくれるのか、コミック誌で巻末グラビアやってるんで楽しみにしてます。9月に矢口聖来って子が出るので、1作出してるんですけど、まだ高1でグラビアでも行けるんじゃなかな」

――トリコロールとしてこれからも変わらないであろうという点はどんなところでしょう。

「キャスティングについてはある程度チャレンジ精神で、内容も含めて他のメーカーにないことを今までどおり挑戦していきたいなと。みなさん、竹(書房)さんの後にやりたいっていうのがあるんでしょうけど、うちは竹さんの前にやると(笑)」

――正統派アイドルのイメージDVDと着エロ系DVDと大きく分けたとき、着エロ系DVDはこれからも伸びていくと思いますか?

「もう伸びないとは思うんですけどね。ただ、着エロ系が増えない変わりに、グラビア系の人たちがある程度過激になっていくのかな、とは思いますけどね。過激じゃないと売れないよ、っていう人も多いですから。そうなるとアイドルの価値観が下がるような気がして嫌なんですけどね」

――最近のグラビアを見てると流れ的にそうなっているってことですよね。

「こんなにかわいいから“そんなことまでしなくてもいいのにそこまでしちゃう”っていう部分が売れてますからね。とはいっても昔からみんなそこそこのことはしてますけど、僕的にはピュアな感じで撮りたいですね」

果たしてグラビアアイドル業界はどうなっていくのでしょうか。いろんなことを考えさせられるインタビューでした。

前のコラムへ 次のコラムへ

Photo
佐藤あおい(左)、丸山知紗(右)
関西在住の美少女DVDです。

Photo
6/22発売鈴木美夏「美夏ビューティフルサマー」

Photo
9/22発売・矢口聖来「Angel Kiss -聖女姫物語-」

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2004-2016 Scramble-Egg Inc.

オンラインコラム目次

ビュンビュントピックス目次