更新情報

検索する

2021年11月10日 安田桃寧卒業発表/運上弘菜生誕祭/本間日陽生誕祭/都築里佳生誕祭


   Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2021 Scramble-Egg Inc.

48グループで日々起きている出来事を備忘録的にひたすらまとめるページです。基本国内グループ、劇場公演、コンサート、発表事項ですが、全部は追えません。最新情報については編集長のTwitter で確認ください。

2021年11月10日 安田桃寧卒業発表/運上弘菜生誕祭&フォトブック発売決定/本間日陽生誕祭/都築里佳生誕祭

HKT48運上弘菜 23歳の生誕祭

フォトブック発売決定

ソロ公演に小田彩加、堺萌香登場して仕切り。

お手紙は松本日向より。

運上弘菜「23歳になりまして、生誕祭はすごく久しぶりです。

大きな出来事としては『3-2』のセンターに立たせていただくことになって、今年も『君とどこかへ行きたい』でセンターに立たせていただけました。

この1年以上はファンの方に直接会ったり、しっかり1人1人と目を合わせて手を握って気持ちをお話しする機会が減ったので、なかなか気持ちがうまく伝えられていない部分もあると思うんですけど、日々こうして公演に来てくださったり、DMMを見てくださったり、SNSに反応してくださったり、応援してくださるみなさんのおかげでこうして今日もソロ公演のステージに立てていると思います。

本当にありがとうございます。

HKTが20年目まで大丈夫だと思ってもらえるように

自分が最近いろんなお仕事で前に立たせていただいて思うのが、こうして立っていられるのは本当にファンの方の力のおかげでしかなくて本当にありがたいんですけど、やっぱりまだまだ自分に自信が持てずにいて、コンサートのステージに立ってもうまくいかないことが増えました。

どう思われてるのかなとか、最近は自分の立ち位置はここでいいのかとか、すごく考えることが増えたんですけど、最近いろんなお仕事をしていて思うのが、ファンの方の力を借りてばかりじゃなくて、自分ももっともっと力をつけて自分に自信を持ってたくさんの方に認めていただけるようになりたいです。

HKT48がもうすぐ10周年を迎えますけど、20年目まで大丈夫だと思ってもらえるように、後輩組である私たちがもっともっと努力して力をつけて、進んでいかなきゃいけないなと最近強く思うので、私も後輩組の先頭に立って、引っ張っていけるように、23歳は強くなってファンの方の温かい応援の力を無駄にしないように、自分自身に喝を入れて日々お仕事に一生懸命に取り組んでいきたいなと最近はすごく思っています。

フォトブックを発売

そして、ここでなんですけど、私からひとつ発表があります。

なんと、このたび、ソロ公演を記念してフォトブックを発売することが決まりました。

最近はすごくみなさんに『写真集出さないの? 出して』という声がすごく多くて、私どうしよう、需要あるかな、とかいろいろ考えてそういうお仕事いただけたらいいんだけど、と心の中で思ってたんですけど、今回ソロ公演を記念して発売させていただくことになりまして、詳細は今日発表されるのでチェックしていただけたらなと思います」

HKT48 運上弘菜 初のフォトブック「WHITE.」12月17日(金)発売決定!(HKT48 OFFICIAL WEB SITE)

フォトブック「WHITE.」先行カット紹介

運上弘菜 運上弘菜

運上弘菜 フォトブック 「WHITE.」(Amazon.co.jp)

NMB48安田桃寧 卒業発表

卒業後は芸能界を引退

安田桃寧「私、安田桃寧はNMB48を卒業します。

卒業後は芸能界を引退します。

新しい景色を自分の目で見て、さまざまなことを肌で感じて、自分のペースで歩んでいくことが必要だと感じるようになりました。

NMB48に加入して7年目、本当に多様な経験をさせていただきました。

加入当初は何をやっても結果が出ず、たくさん悔しい思いをしてきました。それでもファンのみなさんが私のことを見つけてくださり、小さな目標から大きな目標をかなえていくことができました。

NMB48はやりたいことをなんでも挑戦させてくださるグループです。

14歳から20歳になった今、20歳を節目にNMB48の温かな環境に甘えず、NMB48で培った経験を生かして今後の人生を選択していきたいと思います。

最初で最後の写真集

たくさんの方の力があって出すことができたファースト写真集、2冊目には挑めず、結局最初で最後の写真集になってしまいました。今の私のすべてを素敵な一冊にしてくださったスタッフのみなさん、長期間のイベントを支えてくださり、応援してくださったファンのみなさんの集大成で本当にありがとうございます。

11月16日にはドラフト2期生で冠ライブ、そして11月20日にはドラフト2期生でFM OKAYAMAさんでラジオの公開収録もあるので、最後まで安田桃寧の応援を楽しんでいただけるとうれしいです。

本当にたくさんの方の応援があったからここまで来ることができました。

残される時間は少ないんですけれども、NMB48に全力を尽くしていきたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします」

NMB48 安田桃寧 卒業に関しまして(NMB48オフィシャルブログ)

NGT48本間日陽 22歳の生誕祭

シングルのセンターに立ちたい

仕切りは古舘葵

お手紙は「ひなたまつり」(BSN)共演者の「ひなた」より

21歳は新しいことに挑戦した

本間日陽「まずは11月10日にみなさんと同じ場所にいられること、同じ空間で過ごせることをうれしく思います。ありがとうございます。

21歳の1年は、生誕祭が3年ぶりなので、本当は3年分のことをしゃべりたい気もするんですけど、ここまでNGT48に活動をずっとやってきて今、私はすごく良かったなって思ってます。

こうしてNGT48のメンバーとして、このステージにしゃべれていること、ここで22歳を迎えられたこと、本当に幸せです。

21歳は新しいことに挑戦しようと決めました。

苦手なこともたくさんあったんですけど、本当に恵まれた環境でたくさんお仕事をさせていただきました。

たとえばNSTさんのナレーションのお仕事とか不慣れなことで『どうしよう』と思ったけど、みんなが番組を見てくれて『良かったよ』って言ってくれたり、新しいことに挑戦するってこういうことだなって実感した1年でした。

ずっと目標としてきた写真集を発売できたり、ラジオの冠番組を個人として頂くことができたり、地元・村上で新聞のコラムの連載を始めさせてもらったり、イベントのMCをさせてもらったり、21歳の最後には村上市のアンバサダーに任命していただいたりと、自分でもびっくりするぐらい、とてもとても恵まれてるなって思います。

でも振り返ったときに最初からこんなに恵まれているわけではなかったなと思います。
私をここまで自分のやりたいことをどんどんかなえられるような環境に連れてきてくれたのは、チーム321(サニー)のみんなです。だから、本当に、私を見つけてくれてありがとうって伝えたいです。

女優への第一歩として

そして、21歳の1年は、私にとって今後の夢である女優さんとしての目標をかなえる第一歩も踏み出し始めました。

これはちょっとずつだけどメールでは伝えているけど、目に見えて分かりづらいから伝わりづらいかもしれないですけど、来年1月から舞台『サザエさん』にワカメちゃん役として出演させていただくことが決まったり、LINEドラマに出させていただいたり、自分の今後の目標に向かっても新しい挑戦をさせていただく環境になってきました。

新しいことばかりで苦しいけど、あんまり言えないながらも『苦しいよ』って言ったら『大丈夫だよ頑張れ』と言ってくれるチーム321のみんなに助けられています。

この気持ちをたくさん聞いてくれて、その環境を整えてくれて私の夢を応援してくださっているスタッフさんに感謝を伝えたいです。本当にありがとうございます。

グループの中で目指すべき場所は

そして、今日、22歳になりました。

ここ最近だとグループで朱鷺メッセに立ったり年内2枚目のシングルリリースが決まったり、本当に私個人としてじゃなく、グループ全体でもいろいろなことに挑戦させてもらって、グループ自体の勢いがついているなと実感します。

それはこれまでずっと隣を歩いてきてくれた同期だけではなくて、後から入ってきてくれた後輩のみんなが頼もしくなってきてくれてるからだなって思います、

そんなグループの中にいて私は22歳になって、グループにできることは何だろう、グループの中で目指すべき場所はどこだろうって考えました。

そこでひとつできた目標があります。

22歳の1年はNGT48のシングルのセンターに立ちたいです。

3枚目シングルの「春はどこから来るのか?」で初めてシングルのセンターを頂いて、これまでもカップリング曲でセンターを頂いたりしてきたんですけど、見える世界は全くの別物でした。

そこからセンターに立たせていただく機会もたくさんあって、20歳のころはAKB48の選抜として選抜していただいて、ありがたいことに“NGTの顔”と、ちょっと言われることも多くなって、でもそれはそのときは自分の実力でNGT48の顔になったんじゃないっていう葛藤がすごくありました。

でも今、このNGT48で過ごしてきて、後輩も同期もみんないるからこそ、もう一度私はセンターを目指したいです。

その目標はかなえるためにはチーム321のみんながいてくれないと始まりません。
なので22歳の1年もチーム321のみんなと一緒に楽しい、そしてチーム321のみんなを笑顔にできるような1年にしたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

長くなっちゃったけどありがとう。最高に幸せ者です」

古舘葵「おめでとうございます。すごいスピーチだったので私がどうまとめたらいいかわかんなくなりました。大好きです」

SKE48都築里佳 26歳の生誕祭

チームSの新公演最強のものを作っていきます

お手紙は山内鈴蘭より

25歳の1年

・25歳の1年で正直結果を残せなかった。
・悔しいと思うことが少なくなったことが悔しい1年。
・ステージ上に立っている私の姿を好きでいて喜んでくれるのが、あらためてステージに立つ姿をもっと好きになってもらいたいと思う1年でした。
・24歳もあんまりチャレンジしてこれなかったので、25歳最後のチャレンジとして歌唱力No.1決定戦に出させてもらった。

オリジナル公演が決まった

都築里佳「25歳で一番うれしかったのはオリジナル公演が決まったことなんですよ。

8年前にオリジナル公演ができるかも、ってなって、結局何もなくなっちゃって、このままオリジナル公演を迎えることなく卒業していくんだなと思ってたら、まさかオリジナル公演がやりますというお知らせを聞けると思ってなかったです。

『いつまでいるんだ』と言われ続けてきたけど、粘って居続けた者のが勝ちだなと思いました。

先を見据えて卒業していく子がいるけど、粘ることもすごく、しんどいときはあって、正直な話、3年ぐらい前からずっと、『いつまでいていいんだろう』って頭の片隅に考えながらやってきました。

…でもSKEでやりたいことのひとつにオリジナル公演がやっていないがあったから、4期みんなオリジナル公演をやることなく卒業していっちゃったから、なおさら『1回ぐらいやらせてくれよ』と思いながら続けて、今回このお知らせが聞けて本当に25歳で一番うれしかったです」

8年間、どの公演も好きだけど、自分だけのポジションで自分だけの衣装の公演が欲しくて。

どうなるか分からないですけど、SKE48のチームSの新しいオリジナル公演がSKE48の今までの歴史の中で革命になるようなものにしていけるように頑張っていきたいし、それをみんなと作り上げていきたいなと思うので、楽しみにしてほしいなと思います。

今の48グループ、オリジナル公演がなかなかないから、その大切さやありがたさを私が伝えていきたいし、KIIやEにつなげていけるようにチームSみんなで頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。そして楽しみにしていてください」

終演後のひとこと

都築里佳「歌唱力頑張ったよ、公演が大好き、チームSが大好き、Sの新公演最強のものを作っていくので楽しみにしてて。

先輩らしいところを見せられるように、新公演一緒に盛り上げていきましょう」

AKB48劇場公演

ユニット曲

初恋よ こんにちは(大盛真歩、田北香世子、服部有菜)
嵐の夜には(谷口めぐ、中西智代梨、山邊歩夢、吉川七瀬)
キャンディー(服部有菜、田北香世子、齋藤陽菜)
ロッカールームボーイ(吉川七瀬、中西智代梨、山邊歩夢、谷口めぐ、大盛真歩)
夜風の仕業(齋藤陽菜)

「根も葉もRumor」のセンターは谷口めぐ

今日(2021年11月10日)は何の日?

  • 本間日陽22歳の誕生日
  • 浅井裕華18歳の誕生日
  • 第1回AKB48グループドラフト会議が行われた日(2013年)

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2021 Scramble-Egg Inc.