サイトトップへ

更新情報

検索する

「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005」グランプリに原田まり


  Last Updated: 2006/01/21
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

吉岡美穂や森下千里らを輩出したコンテスト「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005」ファイナリストの授賞式、およびグランプリと各賞の発表イベントが「東京オートサロン2006」のメインステージで行われました。(2006年1月16日 幕張メッセ)

Photo(レースクイーン・オブ・ザ・イヤー)
左より初音みう、原田まり、藤井梨花、岬沙弥、山崎みどり

以前お伝えした1次審査通過者20名のなかから5人のファイナリストが選ばれ、授賞式が行われました。選ばれたのは初音みう、原田まり、藤井梨花、岬沙弥、山崎みどりの5人。

開場を待つファンが多数つめかけ、自己紹介、自己アピールが行われたのち、お客さん向けのフォトセッションののち、ファンによる一般投票と審査員の当日の投票により審査されていきます。

Photo Photo Photo Photo Photo
初音みう 原田まり 藤井梨花 岬沙弥 山崎みどり

審査結果の発表が行われました。新人に贈られる「ニューカマー・オブ・ザ・イヤー」には山崎みどりさん、人気『GRAPHY』から与えられる「グラフィー賞」には、初音みうさんが受賞しました。そして、グランプリには原田まりさんが選ばれました。

Photo(原田まり) Photo Photo
Photo Photo
  発表の瞬間

原田さんにセレモニーのあとにお話を聞きました。

――受賞の感想を。
「私が選ばれるなんて本当に夢みたいです。アピールしたい部分はあったんですけど、厳しいかなぐらいに思ってましたけど選ばれて良かったです」
――選ばれたときに泣きそうだったけど泣いちゃったの?
「泣きました。ステージの階段降りたすぐのところで『わー』って。でも『やばい記者の人がいっぱいいる』って思ってふつうに戻りました」
――あんまり泣いたの見たことないよね。
「高校のころはすごく泣いてました。でも最近は我慢してます」
――正月はどう過ごしてましたか?
「親が実家にいなかったので、受験の妹と2人で過ごしてました」
――今後のお仕事の予定としては?
「『恋する!?キャバ嬢』と、あと3月にDVDが出ます」

初音みゆさんはスケジュールの都合でマスコミ向けフォトセッションには参加できませんでしたが、ファイナリストに選ばれた5人の2006年の活躍に期待することにしましょう。なお、この様子はスカイパーフェクTV! 371ch特別番組「密着!レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005」として1月から3月まで放送されます。(撮影・取材 岡田)

Photo Photo
Photo Photo

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.