サイトトップへ

更新情報

検索する

「地方発アイドル」という選択~基礎知識編

written by KEN

  Last Updated: 2005/09/23
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

今年の夏は、「ロコドルフェティバル2005夏」(8月7日)、「SP Magic」(8月9日)と、たて続けに地方発アイドルの取材を行ないました。

数年前から、雑誌などで幾度となく紹介され、今年、全国のユニットを紹介した単行本が出版されるに至った地方発アイドルシーンですが、「スクランブルエッグ」Webサイトを読まれている芸能予備軍、その親御さんにとっては、今一つピンと来ない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回、次回と2回に分けて、地方発アイドルをわかりやすく紹介し、芸能予備軍にとって有効な活動なのかどうかを検証してみたいと思います。

(注:地方発アイドルの呼び名として「ご当地アイドル」「ローカルアイドル」「ロコドル」「地ドル」などがありますが、ここでは「地方発アイドル」に統一しました)

【地方発アイドルは4タイプ】

一般に「地方発アイドル」は、結成された経緯から、次の4タイプに分かれます。

1. 地元の有志が、町おこしのために結成したもの

スクランブルエッグ取材ユニット:SHIP(山形・酒田)、pinkish(埼玉・大利根)、タッチ(北海道・苫小牧)、バリッ娘(愛媛・今治 (現)ひめっ娘)

「町おこし」という本来のコンセプトでメンバーを募集、ユニットを結成したもので、スタッフも純粋にその地方に住んでいる音楽・イベント関係者が携わっている場合が多く、ファンの間では、最も「正統的」なユニットとして評価されています。

2. 地元の芸能スクールが、実践活動の一環として結成したもの

スクランブルエッグ取材ユニット:Negicco(新潟)、ダンシングBANANA(大阪)、NEXT GENERATION/Happy&Papy(長野)、TIARA(山梨)、SOLIA-YOIT(滋賀)

いわゆる「スクール系」と呼ばれるもので、スクールの取材を多く手がけている「スクランブルエッグ」では最も縁が深いタイプです。発表会のために結成されるユニットも、イベントではそのままの形で出演する場合が多いですので、広い意味ではこのタイプと言えそうです。

3. 地元の芸能・音楽事務所が、所属アーチストとして結成したもの

スクランブルエッグ取材ユニット:サンフラワー(広島)、PLIME(東京・八王子)、Cross(福井)、Breeze(愛知 2005年8月解散)、Marine★Star(神奈川)、MAY BE MAX(京都)、st.Doll(愛知)

ユニットのために事務所を設立したパターン、既にアーチスト、タレントなどで実績を上げている事務所が手がけるパターンと様々ですが、全体的にユニットのアーチスト性は高いようです。

4. 地元の放送局が、番組の企画として結成したもの

スクランブルエッグ取材ユニット:C-ZONE(千葉)、Bachicco!(岡山&香川)

地元の番組にレギュラー出演し、イベントなども多く組まれているので、地元での知名度がとても高いのが特徴です。

なお、上記のタイプは、結成当時の形態を基準に分類していますが、全体的には、後に事務所を設立、あるいは事務所に所属する形態(タイプ3)となったユニットが多数を占めているようです。

【活動の場】

地方発アイドルの活動の場としては、芸能スクール同様、コラム「スクール生イベントの楽しみ方」で触れたショッピングモール、お祭りなどが一般的です。特に、町おこしのために結成されたユニットは、公的機関がサポートしている場合もあり、「○○○市何周年記念」、「○○○設立記念」といった行事に駆り出されることも多いようです。

芸能予備軍と親御さんにとっては、こうした地元で開催されるイベントで直接目に触れる機会があるものと思いますが、そのユニットが何のために企画され、結成されたかを知ることはとても重要です。

たとえば、酒田発アイドル「SHIP」は、現在どの地域でも深刻な問題になっている「中心街の空洞化」をどう克服するかが企画の発端となっており、活動の場も、企画をおこした酒田市の中町商店街が中心となっています。

私自身、2年半前、SHIPの取材にために約15年ぶりに酒田を訪れた際、駅前にあったはずの大手スーパーの跡が更地になっていたのを観て、「空洞化」を実感した次第です。

空洞化を克服するために立ちあがった商店街、空洞化の大きな要因となった郊外型ショッピングモール、一見矛盾する2つの場所で、地方発アイドルのイベントが積極的に行なわれている現状は、ある種、地域社会の縮図そのものなのかもしれません。

このように、その地域の抱えている諸問題を理解したうえで、イベントやその周辺の様子をチェックすれば、「地方発アイドル」に対する理解もさらに深まるかと思います。

今回は、地方発アイドルのタイプや活動場所などをざっと紹介してみましたが、次回はいよいよ、芸能予備軍の中で、どんな人がユニット活動に適しているか、活動にあたっての心がけなどを具体的にコメントしてみましょう。

「スクランブルエッグ」で取材した地方発アイドルの地元での活躍

Photo
PLIME:2005年8月20日、八王子市大和田


Happy&Papy:2005年8月27日 長野市若里公園

cover 産地直送!アイドルまるかじり名鑑―地方アイドルと旅する日本列島 (2005)
ぴあ
1,680円(税込)
ISBN 4835615476
2005年6月
※あなたの住んでいる地域で、どんな地方発アイドルが活動しているか、まずはこの本でチェックしてみましょう。

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連