サイトトップへ

更新情報

検索する

クラウン創立40周年記念ニューアーティストオーディション


Updated: 2002/04/07

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

2002年4月6日(土) ヤクルトホール

2002年4月6日、東京・新橋ヤクルトホールでおこなわれたクラウン創立40周年記念ニューアーティストオーディション決勝大会を取材してきました。

出場者

このオーディションは「新しい時代のヒット曲を創造」をテーマに昭和38年9月6日に創立した(株)日本クラウンが創立40周年を記念して新人アーティストを発掘するための公開オーディションで、グランプリには創立40周年記念新人としてデビューのチャンスが与えられます。

神園清華さん

応募総数1300強、1次テープ審査、各地区での2次審査ののち、決勝大会に出場した18名のなかでグランプリになったのは、大阪地区代表、広島県出身の神薗清華(かみぞの・さやか)さん(15歳)です。

受賞直後の感想をお聞きしました。

「自分的には楽しくうたえたので良かったと思いましたが、まさかグランプリに選ばれるとは思っていなかったので、びっくりしました。3歳のころから歌手になるのが夢だったのでとてもうれしいです」

――歌をはじめるきっかけは?
「母が広島でカラオケ喫茶をやっていまして、それで自然に大好きになりました」

――目標にしている歌手は?
「亡くなった方ですが美空ひばりさん。今は……目標にされるような歌手になりたいと思っています」

――カラオケでよく歌うアーチストはどんな人?
「岩本公水さん、小柳ゆきさん、宇多田ヒカルさん」

彼女は4月から高校1年生とのことですが、レコード会社協力のもと、できるだけ早いデビューに向けて準備を開始するそうです。

審査員特別賞は名古屋地区代表の篠田麻衣さん(16歳)と東京地区代表の今村久美子さん(21歳)。ゲストは5年前のクラウン創立35周年記念オーディションでグランプリを受賞した川野夏美、黒木梨花(5月17日より芸名が大黒裕貴となります)、3月に1stアルバムをリリースしたアイドル、ピカピカでした。

グランプリの神薗清華さんは本誌第2号に「カラオケ甲子園ジュニア部門大会(広島ダイイチ本店)」の出場者(当時8歳)として掲載されていますから、夢がかなって本当によかったですね。(岡田)

追記:神薗清華さんは芸名『神園さやか』として2003年8月21日『初めてのひと』でのデビューが決定しました。Recommended Eggs - 神園さやか

クラウン創立40周年記念
ニューアーティストオーディション決勝大会出場者

No. 名前 代表地区 曲名
1 田畠吉康 東京 男人生花火節(オリジナル)
2 宮崎香代子 九州 演歌坂
3 田島久美子 名古屋 十六夜未練
4 平田絵美 九州 燕の純情
5 松鶴江梨子 大阪 感謝状
6 新屋真実 東京 にがい酒
7 小野梓 東京 ノラ
8 津田栄奈 大阪 北海峡
9 黒岩英斉 大阪 夢さすらい
10 小玉沙織 東京 Fly higher fly(オリジナル)
11 宇佐美由美子 東京 すき
12 桑折訓行 東京 霧情
13 神薗清華 大阪 夜祭り
14 中西里恵 名古屋 しのぶの渡り鳥
15 福井多香子 東京 別れの予感
16 真壁洋 東京 山河
17 篠田麻衣 名古屋
18 今村久美子 東京 まつり
※代表地区は2次審査をした場所で出身地ではありません。

●関連サイト
日本クラウン

●関連記事
Recommended Eggs - 神園さやか
神園さやか3rdシングル「哀愁航路」発売記念秋葉原キャンペーン
神園さやか2ndシングル『さすらい鴎』発売記念ミニコンサート
神園さやかスペシャルインタビュー
取材したオーディション
バックナンバー一覧
「スクランブルエッグ」誌に掲載されているオーディション関連記事

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.