更新情報

検索する

2021年11月8日 荻野由佳卒業公演/倉野尾成美生誕祭


   Last Updated:
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2021 Scramble-Egg Inc.

48グループで日々起きている出来事を備忘録的にひたすらまとめるページです。基本国内グループ、劇場公演、コンサート、発表事項ですが、全部は追えません。最新情報については編集長のTwitter で確認ください。

2021年11月8日 荻野由佳卒業公演/倉野尾成美生誕祭/柏木由紀なりの豆柴の大群

NGT48荻野由佳卒業公演

最高のアイドル人生でした

第1部 西荻公演セットリスト

M01 ここがロドスだ、ここで跳べ!
M02 狼とプライド

―― MC ――
M03 夜風の仕業(西潟茉莉奈)
M04 世界はどこまで青空なのか?(荻野由佳)
M05 オネストマン

―― MC ――
M06 禁じられた2人
M07 心に太陽
M08 希望的リフレイン

―― MC ――
M09 向日葵
M10 ひこうき雲

―― MC ――
M11 支え

卒業公演セットリスト

M01 世界はどこまで青空なのか?
M02 Dear my teacher
M03 Two years later
M04 あなたの代わりはいない
M05 スクラップ&ビルド

―― MC ――
M06 クラスメイト(荻野由佳、奈良未遥、小熊倫実、角ゆりあ、山田野絵)
M07 ごめんね ジュエル(曽我部優芽、三村妃乃、寺田陽菜、藤崎未夢)
M08 鏡の中のジャンヌ・ダルク(荻野由佳、西村菜那子、中村歩加、清司麗菜、日下部愛菜)
M09 Glory days(真下華穂、安藤千伽奈、小見山沙空)
M10 抱いてやっちゃ桜木町(荻野由佳)コーラス:西潟茉莉奈、本間日陽、中井りか

―― MC ――
M11 ここにいたこと
M12 世界の人へ
(荻野由佳着替え)
M13 私が一番言いたかったこと

荻野由佳卒業セレモニー

M14 Maxとき315号

荻野由佳卒業セレモニー

お手紙は西潟茉莉奈より

西潟茉莉奈手紙

「私が26年間生きてきた中で一番来てほしくない日がとうとうに来てしまいました。

由佳ちゃんが卒業を決めてから私が『やめないで~』と言い続けても、由佳ちゃんは卒業をやめてくれませんでした。本当に本当に寂しいです。

由佳ちゃんの存在を初めて知ったのは7年前のバイトAKBの最終オーディションに向かう電車の中でした。なんてかわいい、なんて顔の小さい、なんてスタイルのいい女の子がいるんだろう。見るからにアイドルでした。

隣にいるのはもしかしたらマネージャーさん?と思っていたけど、会場に着いたとき、パパだったと気づきました。

そこから第2回AKBドラフト会議と続き、NGT48に2人で指名をいただき、同じ日に新潟に引っ越すことになりました。

由佳ちゃんのパパとママが距離を縮めてくれた

隣同士で部屋を借りて心強かったけど、私の部屋に呼んでもテレビに向かって体育座りで何も話さなかった年下の由佳ちゃんと仲良くなれるのか、ちょっとだけ不安でしたが、由佳ちゃんのパパとママが新潟に来るたびに私のことを誘ってくれて、ご飯を作ってくださったり、一緒にお買い物に連れていってくれて、由佳ちゃんとの距離を縮めてくれました。

そして振りを覚えるために使うポータブルDVDプレーヤーを買ってくださったり、本当に本当にお世話になりました。

本格的な仕事が始まり、レッスンに行ったり帰ったり、プライべートでも一緒にいる時間が長くなり、2人で新潟を歩いていると声をかけられることもあり、『荻野由佳ちゃんですよね。隣にいる人はマネージャーさんですか?』と聞かれたこともありました。

新幹線で新潟に向かうために駅で待ち合わせをしていても、なかなか来ないと思ったら新潟方面じゃなくて東京方面の新幹線に乗っちゃったと由佳ちゃんから連絡が来て、私とよく似ていて、気が合う理由もそのときわかったような気がしました。

右も左もわからなかった新潟での生活だったけど、右見ても左見ても何も変わることなく、由佳ちゃんは私の隣にいつもいてくれました。

引きこもりな私を外へ連れ出してくれた

私が落ち込んでいるときも、由佳ちゃんは一番の味方でした。たくさん苦しくても傷ついても私のそばから離れることはありませんでした。

毎日ように連絡をくれて、いつも明るく励ましてくれた由佳ちゃん。今、私がこのステージに立てているのは由佳ちゃんがいたから。たくさん今までつらい思いをさせてしまってごめんね。自分を見失うことなく前を向いて進んでこれたのは由佳ちゃんが一緒にいてくれたから。

引きこもりな私を外へ連れ出してくれたり、占いに行ったり、焼き鳥を食べたり、カメラを持って遊園地に行ったり、連絡取れなくてパパに怒られたこともあったね。

私の思い出のほとんどは由佳ちゃん

NGT48に加入してから6年半、いろいろなことがありました。

楽しいこと、うれしいことばかりじゃなくて、悲しいこと、悔しいこと、苦しいこと、いろいろなことを乗り越えて由佳ちゃんとの絆が深くなり、もっともっと仲良くなれた気がします。

由佳ちゃんに頼ってばっかりだったけど、由佳ちゃんと一緒に新潟に来ることができて、本当に良かった。由佳ちゃんと出会えて本当に本当に幸せでした。

私の人生、これからも荻野由佳、必要不可欠な存在です。私の思い出のほとんどは由佳ちゃんです。

西荻は永遠です。たくさん幸せになってね。由佳ちゃんのご家族のみなさん、由佳ちゃん推しのみなさん、ありがとうございました。

そして、由佳ちゃん。ありがとう。

最後にちゃんと言わなきゃだね。卒業おめでとう。誰よりもあなたが大好きでした。

西潟茉莉奈より」

荻野由佳あいさつ

朱鷺メッセに立てて幸せ

荻野由佳「約、6年半、長いようで短かったアイドルの生活が今日で幕を閉じます。

今日まで応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

ドラフト会議で新潟に来て、難しいことがたくさんあって、わからないことがたくさんあって、悩むこともたくさんあって、何回も『向いていないのかな』って思うことはたくさんあったんですけど、それでもお仕事の都合をつけたりとか、用事の都合をつけたりしてまで、わざわざ私の握手会に会いに来てくださって、明るく元気な言葉をかけてくださったり、『由佳ちゃんのステージに立ってる姿が好きだよ』『いつも元気もらってるよ』という言葉をもらって、私はアイドルをまだやってていいんだなって、何度も何度もその言葉に救われました。

途中、すごい、つらかったなって思うことも正直ありました。

でも、みなさんがずっと待っててくださって、応援して支えてくださったからこうやってまたステージに立つことができて、私を除いた27名のメンバーと一緒に頑張ってきたからこそ、朱鷺メッセのステージに立てて、あのような素敵な景色が見れたと思います。

ずっと朱鷺メッセにもう一度立ちたいと思っていたので、本当にうれしくて幸せで最高でした。

私のアイドルとしてのNGTとしての一つの目標でもあった、『朱鷺メッセのステージにこのメンバーで立つ』ということと、卒業コンサートをしてもらうようなメンバーになりたいとずっと昔から思っていて、あんなにも素敵なステージで卒業コンサートを開催していただけたこと、本当にこれから先も一番の宝物になりました。

私の青春はすべてNGT48にあった

メンバーのみんなともいっぱいいろんな思い出があって、卒業するのは正直とても寂しいです。

レッスン中とか、みんなと一緒に過ごす期間、卒業発表してから何もないように頑張って接してきました。でもみんなと離れちゃうのがやっぱりどうしても寂しくて。このステージに立つのも今日で最後なんだなと思うと、こうしてみなさんとここでお会いできるのも、もうこの瞬間で最後なのかなと思うと、本当に本当に寂しいです。

だって私の青春はすべてNGT48にあったから、その青春が終わろうとしていることは寂しい気持ちはありますが、私は自分で決めたことなので、NGT48から一歩踏み出して新しい世界に頑張って進んでいきたいと思います。

メンバーのみんなもここまで一緒に頑張ってくれて本当にありがとうございました。

みんながいなかったら絶対にここまで私も頑張れていなかったし、頑張ろうという気持ちにはなれてなかったので、1期生のみんなは6年半前から、そして2期生ドラ3のみんなは1期生を見てNGT48のオーディションを受けてくれたこと、そしてこうして活動を続けてくれていることに心から感謝をしています。本当にありがとう。

夢だったAKBグループに加入でき、人生の宝物

これからNGT48を卒業しますが、私はみなさんと同じ立場になってNGT48のことを応援していきたいと思います。そしてNGT48の活躍をみなさんと一緒に楽しみたいと思います。みなさんも今後とも私の大好きなNGT48をたくさん応援して愛していただけるとうれしいです。

応援してくださるみなさんの中には現場に来られない方ももちろんいらっしゃったと思います。今こうしてDMMで見てくださってるみなさんも都合があって一度も握手会などに参加できなかったよって方ももちろんいらっしゃると思います。

でもSNSなどですべてみなさんの応援の声を観させていただいていて、その応援も私にとってすごく大きな励みになりました。ありがとうございました。

こうして楽しく、ちょっと泣いちゃったけど笑顔で卒業公演を無事に終えることができて、最高のNGT48のアイドル人生でした。

ずっと夢だったAKBグループに加入できて、みなさんと出会えたことが人生の宝物です。

応援してくださるみなさん、メンバー、そして家族のみんな、そして支えてくださったスタッフのみなさん、関わってくださったすべてのみなさんに心の底から感謝をします。

6年半、私を楽しくアイドルにさせてくれて本当に本当にありがとうございました」

「Maxとき315号」の後、はける前

荻野由佳「みなさんのおかげで楽しくアイドルをやりきることができました。私に最高のアイドル人生を、ありがとうございました」

倉野尾成美21歳の生誕祭

ファンのみなさんとWin-Winな関係で

出演者:岡田梨奈、小田えりな、倉野尾成美、小林蘭、下口ひなな、永野恵、武藤小麟、安田叶

ユニット曲

制服レジスタンス(倉野尾成美、永野恵、小林蘭)
奇跡は間に合わない(小田えりな、安田叶、下口ひなな)
逆転王子様(倉野尾成美、岡田梨奈、武藤小麟)
明日のためにキスを(小林蘭、安田叶、下口ひなな、永野恵)
心の端のソファー(武藤小麟、小田えりな、岡田梨奈)

♪「根も葉もRumor」(倉野尾成美センター)

生誕祭

仕切りは小田えりな。お手紙は横山由依より

20歳は熊本ツアーが一番の思い出

――20歳の1年はどんな1年でしたか。

倉野尾成美「舞台だったりコンサートだったり、いろんな経験だったんですが、一番は熊本ツアーをできたのが20歳のなかでも一番思い出に残ることでした。20歳という節目のときにできて良かったというのがあるし、そのときできる最大限を出し切ってたからこそ、緊張せずに1日終わってました。

私のコンサートの中でも緊張しないでやるというのが不思議なほうで、そのぐらい準備が整ってたのかなと思うので、みなさんが楽しみにしてくださってた熊本のコンサートを無事終えられたことと、チーム8のツアーも完走し終わったということで、7年かかったんですけど、それもやっぱり感慨深いなと思います。

あとRumorもシングルで選んでいただいて、そして初めてのロックダンスだったんですけど、楽しかったので、ほめられて調子に乗っただけなんですけど、これからもロックダンスいろいろと頑張りたいと思います」

みなさんをニコニコさせたい

――21歳の1年はどんな1年にしたいですか。

倉野尾成美「いいこともあったけど体調を崩すこともあって、考えさせられたんですけど、曲を通してステージとファンのみなさんとの関係が最高で、今日もすごい楽しかったですし、みなさんの存在ってすごく大きいんだなって、この公演でみなさんが有観客でできる環境がすごく幸せだなと、劇場再開してからさらに思うようになりました。

みなさんがニコニコしてるのが私もうれしいので、21歳はみなさんをニコニコさせることをたくさんやるっていう年にしたいなと思っています。

とってもとってもいいアイドルになりたいと思います。21歳もよろしくお願いします」

――ファンのみなさんに。

倉野尾成美「いつも応援していただいて本当にありがとうございます。たくさんいろんなアイドルがいるのに、替えがきくんじゃないかと思ったりしちゃうときもあるんですけど、私という存在をみあなさんが肯定してくれるからこそ、私もファンのみなさんが大事ですし、みなさんにとって私も大事な存在になれるように、Win-Winな関係でいられるように、そんな存在になれるように、応援してて楽しいなとか、最高だなって私だけが思うんじゃなくて、みなさんが思ってくれたらさらにうれしいので、お互いに楽しんでいけたらなと思います」

今日(2021年11月8日)は何の日?

  • 都築里佳26歳の誕生日
  • 真下華穂22歳の誕生日

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2021 Scramble-Egg Inc.