更新情報

検索する

WebP画像使用と画像の遅延読み込み方法変更のお知らせ


Last Updated:

サイト利用の利便性とページ全体の表示速度を安定させるために、イベントレポートのページにつきまして、2021年10月以降作成の記事につきまして以下のとおり変更させていただきます。

・画像の品質を落とさずにファイルサイズが小さくできる次世代画像フォーマット「WebP」を使用します(WebP画像に対応していないブラウザは、従来のJPEG画像を表示)。
・画像の遅延読み込みの方法をJavaScriptからHTML標準仕様に切り替えます

ご利用しているブラウザによってはページの読み込み速度が遅くなる可能性があります。そのように感じた場合には、以下のように設定に変更していただくと、快適にご利用いただけます。

MacOSのSafari(Ver13.1以上)

上部メニューバーに「開発」メニューが表示されていない場合には以下のようにして表示します。

メニューバー「Safari」→「環境設定」→「詳細」を開き、「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックマークを入れます。

メニューバー「開発」→「実験的な機能」→「Lazy image loading」にチェックを入れた状態にします。

iOS13以上のSafari

「設定」アプリからSafariを選びます。

一番下にある「詳細」を選び「Experimental Features」から「Lazy image loading」をオン(緑色が見える状態)にします。

Internet Explorer(対応していません)

Internet ExplorerはHTML標準仕様による画像の遅延読み込みに対応していません。2022年6月にサポート終了するため、Edgeなど他のブラウザをご利用ください。

●関連記事

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)1997-2021 Scramble-Egg Inc.