サイトトップへ

更新情報

検索する

福岡第一高校 第一薬科大学附属高校・パラマ祭2007


  Last Updated: 2007/11/04
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.

氷川きよし、絢香、スザンヌら、多数の芸能人を輩出した福岡第一高校・第一薬科大学附属高校恒例の「パラマ祭」に、今年も取材に行ってきました。(2007年10月13日~14日 第一薬科大学記念体育館)
※第一経済大学附属高校は、2007年4月1日より第一薬科大学附属高校と校名が変更となりました。

photo
エンディングの模様

【ステージの模様】

今年も芸能塾(芸能コース)のステージは、13日2回(午前、午後)、14日2回(同左)の計4回行われました。いつものように、ステージの模様をたっぷりとご覧ください。(1部、名前が苗字のみの表記となっています。ご了承ください)

☆ももちぃ「All My True Love」

ももちぃ

☆Orchis「恋しよう」

Orchis

☆LIL CROWNS「DA PUMPメドレー」

LIL CROWNS

☆cross×very「A Whole New World」

cross×very

☆SWEET HEARTS「カーペンターズメドレー」

SWEET HEARTS

☆アーティー「UFOメドレー」

アーティー

☆シェルブルー「恋をしちゃいました」

シェルブルー

☆藤田さん「声をなくしても」

☆谷口さん「砂を噛むように… NAMIDA」

藤田さん 写真 谷口さん 写真

☆辻由真さん「火の国の女」

☆鹿野知里さん「失格」

辻由真 鹿野知里

【この生徒に注目!】

今回のステージの中から、筆者が特に推薦する生徒3名を紹介しましょう。

☆小坂真琴さん(高2)

☆斜木まり子さん(高1)

小坂真琴 斜木まり子

4ステージとも司会を務めました。声優志望だけあって、はきはきとしたトークで場を盛り上げてくれましたね。

美少女系のルックスですが、しっかりとした歌唱で、ソロ、ユニット曲で大活躍しました。将来は、中島美嘉さんのような女優もできるアーチストになりたいそうです。

☆正木里茄さん(高1)

正木里茄

彼女も、ソロ、ユニットで大活躍。こちらは正統派アイドルと言ってもいいルックスで、特に男性ファンから高い支持を受けそうです。将来は、歌も歌えるタレントさんが志望だそうです。

オーディションなどで彼女らの姿を見かけましたら、応援、チェック、よろしくお願いします。

【第10回中学生歌謡選手権】

パラマ祭恒例の「中学生歌謡(カラオケ)選手権」は、今年も2日目(10月14日)に開催されました。

田中愛
田中愛

司会に、「ヤマザキ中華まん」のCMでおなじみの松山愛里さん(2年在学中)、審査員に芸能事務所の関係者、有名作曲家の方を迎えて、8組の中学生による熱戦が繰り広げられたなか、美空ひばりさんの「悲しき口笛」を熱唱した熊本県の中学2年生、田中愛さんが見事グランプリを獲得しました。

ちなみに、昨年のグランプリ(3人組ユニット)の1人、西内まりやさんは、ヴィジョンファクトリー所属となり、10月14日に開催された「ライラの冒険、ファンタジー・ヒロイン・オーディション」で見事グランプリを獲得。2004年、2005年と2年連続グランプリに輝いた植田真梨恵さんは、現在大阪の音楽事務所「GIZA」に所属となり、大阪を拠点としてライブ活動を続けています。

・西内まりやブログ
・植田真梨恵ブログ

【第1回中学生ダンスバトル】

一方、今年から「第1回中学生ダンスバトル」が1日目(10月13日)の午後に開催されました。

こちらも、審査員に有名なダンスの講師の方を迎え、5組の中学生による熱いバトルが繰り広げられました。将来的には「カラオケ選手権」に並ぶイベントに成長する可能性もありますので、来年以降の展開に注目したいと思います。

中学生ダンス写真

【他地域からも熱い視線が注がれる「パラマ祭」】

「スクランブルエッグ」Webサイトや、個人ブログ「KEN爺の小言(KKGT)」をご覧になっている方ならおわかりの通り、私は現在、北海道から九州まで、休日を利用して全国各地のスクールのイベントを取材に回っていますが、特に、福岡以外のスクール関係者、業界関係者から聞かれるのは、

「福岡はなぜスゴイ人たちばかり出て来るのですか、羨ましいです」

というセリフです。

もちろん、福岡には芸能界に向いたキャラクターの人が多く埋もれているのは間違いありませんが、それ以上に、タレント、モデル、アーチスト、ダンス、あらゆるジャンルで、そうした才能を発掘、育成できる人が多く存在していることが、多くの芸能人を輩出できる大きな要素であると私は思っています。

「福岡第一高校・第一薬科大学附属高校」の芸能塾、芸能コースは、まさにそうした土壌の象徴と言えるでしょう。今回出演した皆さんの中から、1人でも多く、在学中にいろいろなオーディションに挑戦して、先輩に続くビッグなアーチスト、タレントが生まれることを期待しています。(取材・撮影 KEN)

集合写真
芸能塾、芸能コースの皆さん(画像クリックで関係者向け拡大画像が見られます)

●関連サイト

主な出身者のオフィシャルサイト

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.