サイトトップへ

更新情報

検索する

あの黄色いのが、MAI(福成まい)おねえさんだよ

written by スクエアダンス

  Last Updated: 2009/10/17
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

プリマベーラ(Primavera)のメンバーのなかで、言わずと知れた「セーラームーン評論家」であるMAMI(まみ)が、2009年6月20日の『プリマベーラ ファン感謝祭イベント』(東新宿・Live Restaurant Daito)の特典DVDで、「今後やりたいイベント」として、プリマベーラ10人で、セーラームーン10戦士のコスプレをやりたいと話していました。その後、「毎日がキセキ!」特設サイトのコメント映像で、mixyの『プリマベーラS』日記のレスに「セーラームーン投票」を呼びかけました。

「セーラームーン投票」とは………武内直子さん著作の漫画(アニメ)作品『美少女戦士セーラームーン』に登場する「10戦士」について、『プリマベーラ』のメンバー10人の誰がどの戦士をやってほしいかを、投票するものです。

この投票結果が、9月30日のmixyの『プリマベーラS』日記で発表されました。

★セーラームーン(月野うさぎ)…… MAMI(まみ)
★セーラーちびムーン(ちびうさ) …… MAI(まい)
★セーラーマーキュリー(水野亜美) …… KUMI(くみ)
★セーラーマーズ(火野レイ) …… KAORI(かおり)
★セーラージュピター(木野まこと) …… AKANE(あかね) or YUI(ゆい)(同票)
★セーラーヴィーナス(愛野美奈子) …… MAI(まい)
★セーラーウラヌス(天王はるか)  …… RINA(りな)
★セーラーネプチューン(海王みちる)…… YUZUKI(ゆずき)
★セーラープルート(冥王せつな)  …… CHIKA(ちか)
★セーラーサターン(土萌ほたる)  …… TOMO(とも)

私はアニヲタではありませんので、深い投票の意味まではわかりません。それでも、木野まことちゃんは「体格がよくって力も強い一方で、お料理は得意中の得意でかなり家庭的なところがある」らしく、それって完全にAKANE(あかね)じゃん! と、思っておりましたので、おおむね投票結果には納得できます。

まあ、詳しい解説はMAMI(まみ)先生にたっぷり(1~2時間)やってもらいましょう。

プリマベーラの名司会者

「セーラームーン投票」結果で、唯一「二冠」に輝いたのが、MAI(まい=福成まい)ちゃんですが、さすがにプリマベーラのファンの方はよくわかっているな、と感心しました。

いつも自己紹介のときに、
MAI(まい)「ちびっ子パワフル野球オタク担当のMAIで~す」
で話し始めるとおり、他のメンバーに比べるとちょっぴり背が低いのですが、「ちびうさ」と同様にかなり考え方がしっかりしています。普段から、タレントというよりも、一般社会人の常識がたっぷり身に付いているのを感じさせる言動が多いです。

そして、私が高く評価しているのは、彼女の司会者としての「トーク能力」です。Hello!Project(ハロープロジェクト)では新垣里沙・清水佐紀・中島早貴が司会がうまいことで定評がありますが、MAI(まい)の司会はレベルが違います。

トーク内容はすべて暗記をしているのですが、そのうち、最も伝えたい部分の引き出しから=例えば、イベント予告なら「何を」「どうする」「誰が」「どこで」「いつ」「どんな風に」みたいな順番で、とても聞き手がわかりやすく話してくれるのです。そして驚くことに、これが棒暗記ではなく、アドリブがきくために、他のメンバーが急にツッコミを入れたり、質問したときにでも、普通に対応できるので、ウェットな楽しい会話になっているのが凄いんですよね。

野球を語らせればもの凄い女の子

MAI(まい)は、少女時代に長年「新体操」を、その後『チームジャビッツ21』というプロ野球球団・読売ジャイアンツのマスコットガールをやっていました。新体操→ダンス・パフォーマンス→イリュージョンと形は変化していますが、大観衆の前で自分を表現していく姿勢は、一貫しているわけです。

ジャビッツはその後『チームヴィーナス』に名称変更されるのですが、「セーラーヴィーナス=愛野美奈子」は月野うさぎたちに会う前から、『セーラーV』で活躍していたわけですから、MAI(まい)の生い立ちと驚くほど複合しています。

MAI(まい)は、プライベートでもかなりのジャイアンツファンであることは有名ですが、自分でも特技が「野球解説」を挙げるとおり、相当な野球好きです。9月4日の巨人-ヤクルト戦で、巨人の3人目の捕手がデッドボールで退場して、捕手がいなくなってしまい、延長12回に急遽、木村拓也内野手が10年ぶりに捕手として守備を就いたことについて、個人ブログで、『昨日は捕手がいなくなり、木村拓さんが10年ぶりのマスクを被って、なんとか引き分けで試合が終わるなど、総力戦でした(。・_・。)ノ』とさりげなく綴っています。さすが、見るところが違いますね。

黄色いおねえさんは、子どもに大人気

『プリマベーラS』は、2009年10月24日~25日に、サンリオピューロランド(東京都多摩市)で、『プリマベーラS meets HELLO KITTY マジカルイリュージョンパフォーマンス 「毎日がキセキ!」』 というイリュージョンショーを行います。見どころはなんといっても、あの「キティちゃん」と『プリマベーラS』がコラボレーションするところです。噂では「キティちゃんもイリュージョンをしてくれる」らしいので、絶対見逃せません。

ところで、「サンリオピューロランド」といえば、2004年の中島早貴(当時小学4年生)のコラム以来となります。「なっきぃ」ならぬ「サッキー」のような可愛い小学生の女の子に(そして男の子にも)、MAI(まい)は大人気なんです。

私は、2009年のゴールデンウィークの『プリマベーラS』近畿~東海9泊10日ツアーの際は、8割方イベントに参加させていただきました。特に「こどもの日」の5月5日の「ビバーチ大府店」(愛知県大府市)は子どもの観客がたっくさんいて、もの凄い盛り上がりを見せたのですが、声援の主役は「黄色いおねえさん」=MAI(まい)ちゃんでした。

イリュージョンは、子どもに夢を運んでくれるんです。。。

cover 毎日がキセキ!
コロムビアミュージックエンタテインメント
1,260円(税込)
CD
2009年4月22日

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

よろしければあなたの感想をこの下に掲載させてください。

満足度(必須) 5 4 3 2 1
コメント(必須)
ペンネーム
E-mail
※E-mailアドレスは掲載しません。
掲載の可否(必須) 可  不可
ダミー
(↑ここには何も入力しないでください。コメントスパム対策です)


(確認画面を出すように変更しました)

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連