サイトトップへ

更新情報

検索する

YUZUKI(ゆずき)はオールマイティー

written by スクエアダンス

  Last Updated: 2010/08/11
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

昨年(2009年)の『24時間テレビ32』(中京テレビ)では『プリマベーラS』が移動募金隊を8月29日~30日の2日間行い、華やかなステージは各募金会場で大人気を博しました(→募金会場リポート)。ちなみに、このときメンバーが着た衣装は、当コラム「モノマネ大賞はAKANE(深水あかね)にあげる」で「プリマベーラ衣装大賞2009」に私が選定させて頂きました。

昨年あれだけ盛り上がっている現場を見ていたので、なんとなく確信めいた予感はしていたのですが、ズバリ今年(2010年)も、『プリマベーラ(Primavera)』が『24時間テレビ』に出演することが決まりました。おめでたい(パチパチ by YUI(ゆい)風)。

毎週金曜日の中京テレビ『ラッキーブランチ!!』にレギュラー出演している、プリマベーラ名古屋メンバーの3人(KAORI(かおり)、AKANE(あかね)、MAI(まい))が、『24時間テレビ33』(中京テレビ)の企画で、『マジカルキャラバン隊』として、7月31日から約1ヶ月間、東海3県(岐阜、愛知、三重)の全128市町村を、マジックやイリュージョンを披露しながら募金活動します。題して「東海3県1200万人のありがとう! マジカルキャラバン隊!!!」。この夏、彼女たちが東海3県の皆さんにありがとうの気持ちを届け、8月29日『24時間テレビ』メイン募金会場である名古屋の栄にゴールするという、少し壮大な(?)涙あふれる企画です。

初日の7月31日午前9時、三重県最南端の紀宝町・ウミガメ公園から『マジカルキャラバン隊』の募金活動がスタート。温暖な三重県の海岸や、けわしい岐阜県の高山を全部回って、最後に大都会名古屋に戻ってくる企画は、女の子にはかなりハードな試練ですが、福祉関係や「道の駅」、夏休みスポット等いろんな施設を回るので、老若男女に人気がある『プリマベーラ』にはピッタリな内容だと思います。

『マジカルキャラバン隊』の約1ヶ月間の活動報告は、専用のブログで毎日随時更新されています。東海3県のお近くの方は、ぜひスケジュールをご覧の上、彼女たちに、そして黄色いワゴン車「マジキャラ号」に、会いに行ってあげてください。

カードを手にしたYUZUKIに神が降臨

現在『プリマベーラ』は、名古屋と東京の2箇所に拠点が分かれたため、名古屋メンバーと東京メンバーの合同の『Prima Dream Live(プリマドリームライブ)』の回数は減っています。

名古屋と東京に分かれる直前の、3月22日は、プリマドリームライブが2回、東京・幡ヶ谷(プリマスタジオ)で開かれました。私は、この日は、東京・天王洲アイル(天王洲銀河劇場)で森咲樹主演の「金色のコルダ ステラ・ミュージカル」をどうしても観劇したかったため、プリマドリームライブ1回目は欠席。2回目も急いで帰ってきましたが、遅刻で途中入場となりました(開演時間的に遅刻は承知です)。

程よく、トークコーナーとなり、AKANE(あかね)、CHIKA(ちか)、MIO(みお)、YUZUKI(ゆずき)が登場。質問者のAKANE(あかね)が、

AKANE「私達にとって「カード(=トランプ)」は、皆さんに例えれば名刺みたいな物なのです。というわけで、『カードを使って自分を表現してください!!』」

という、大阪出身AKANEらしいムチャブリなお題が発表されました。かなり難題ですが、ちゃんと即興で回答するのがこの3人のえらいところ。

CHIKA「(カードをマイクにして)歌うの大好きなアイドル・ちかです」
MIO「(カードをまな板と包丁に見立てて)料理が得意な、みおです」

名答な2人に観客は大拍手。とりを飾るYUZUKI(ゆずき)は、この手の難問にはめげませんが、あまりに新人MIOの回答が素晴らしかったので、プレッシャーを感じている様子でした。ところが、

YUZUKI「(『ジョーカー』を持って)『ジョーカー』のように、オールマイティーになり、(『ハートのエース』を持って)ナンバー1で、(『ハートのクィーン』を持って)女王になります。そして……(その他大勢のカード達を広げてみせて)多くの人を魅了したいです」

まさに、YUZUKIに神が降臨した、と叫んでしまうほど、もの凄いものを見させていただきました。観客は大歓声に包まれ、私は後列座席からスタンディングオベーション致しました。

男っぽいYUZUKIの魅力が開花

YUZUKI(ゆずき)は、保育士、幼稚園教諭2種、上級救命救護など多数の資格を持つ「資格マニア」として、プリマベーラのメンバーやファンには有名です。このあたりは、心優しい気遣いができて、とっても女の子らしい「ゆずちゃん」です。

ところが、2009年12月16日の「名古屋公演」の2日前に、かれこれ何年も変えていなかった髪型から、ばっさりショートカットに大変身しました。

このショートが人生を変えたとは言い過ぎかもしれませんが、今まで知らなかった「新しいゆずき」の魅力が、今年(2010年)になって、どんどん開花しています。

ときどきですが、急に男前になるんですよ。男性の私から見ても、考え方(=思考回路)は論理的なところが男性に近い気がします。外見でも、YUZUKIのオーバーオール姿はめちゃくちゃ似合っていて、少年みたいになります。今年になって始めたらしい「キックボクシング」の構えも実に様になっています。

ところが普段は繊細で、典型的なA型の女の子なんです。

男性役も女性役もオールマイティー

YUZUKIが、プリマベーラで、まさしく『ジョーカー』のように、男性役も女性役もオールマイティーにこなせるようになった、と実感できるイリュージョンが「折り紙イリュージョン」です。男性(殿)役と女性(姫)役の2人が平安絵巻風な出で立ちで登場する幽艶な題目で、プリマベーラを代表するイリュージョンの一つです。

●5月15日 第75回プリマハウス 殿=KUMI、姫=YUZUKI

YUZUKI姫は、本家KAORI殿やTOMO殿との組み合わせで何度も見ているのですが、KUMI殿は初めてですね。KUMIちゃんは映画『あずみ』の上戸彩の剣さばきを見て練習した、と話していました。

この日はYUI(本人いわく、デビューです)のスケッチブックを用いた参加型マジックで絵のモデルでご指名を受け、クロースアップ(新人SUMINAのカードマジック、KUMIのカップを使ったマジック)などすべてで私がご指名を受け、驚いたことに、「プリマ大抽選会」でRINAお得意の「ミリオンカード」というマジックのサイン付きカードまで大当たり!!!。この日はさすがに車に当たらないように、歩道側に寄って注意して帰りました(笑)。

●5月16日 第76回プリマハウス 殿=YUZUKI、姫=KUMI

これを見て一瞬驚きました。「そうだね、こんなパターン(組合せ)もあるよね。」 おかっぱKUMI姫も可愛くてお似合いでしたが、YUZUKIの殿も、精悍な感じがあらわれて、これはこれでとてもいいんですよね。YUZUKIは以前に剣道をやったことがあるらしく、剣さばきの際の腰の構えが生かされているんだと思います。

2日間組み合わせて、とっても得した気分です。「折り紙イリュージョン」の表メニュー&裏メニューってかんじで、新鮮です。今後この演目は、東京メンバーの出し物として目玉になれる気がします。

YUZUKIは表情の変化、特に「笑顔、楽しさ」←→「困り顔、とまどい」のスイッチングがとても上手いので、シルクのスカーフを用いたソロアクト(1人で演じるマジック)をぜひご覧ください。女性マジシャンという世間の認識(イメージ)をかなり変える「柔らかさ」を備えています。

キャラが少し地味にも映りますが、いろんなイリュージョン・マジックをバランス良くこなせるのが、「YUZUKI(ゆずき)はオールマイティー」なゆえんです。

え、歌はどうかって? 歌もそれなりに上手いですよ。以前から音程は合っていますし、声量も徐々に伸びてきているんです(笑)。

私は以前に「松浦亜弥はオールマイティー」というコラムを書きましたが、まさか8年経って、同様なタイトルのコラムを書くことになるとは自分でも驚きです。

YUZUKIが宣言通り、「プリマベーラの女王」になれるか、ちょっぴり期待しましょうか。

cover 夢の扉-DREAM GATE-
コロムビアミュージックエンタテインメント
1,800円(税込)
CD+DVD
2010年9月22日
cover あきらめないで ~ALL YOUR DREAM~(新録音版)
Fortune Records
1,500円(税込)
CD
2010年7月27日
※リンクはフォーチュンエンターテイメントです。

・Amazonでプリマベーラをサーチ

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2001-2016 Scramble-Egg Inc.

オンラインコラム目次

ライター別目次
上木憲文
岡田隆志
KEN
スクエアダンス
伊藤真一、ゲスト

カテゴリ別目次
ハロー!プロジェクト
アイドル
AKB48
オーディション
スクールその他

※マークの見方
上=上木,岡=岡田,K=KEN,ス=スクエアダンス,H=ハロプロ,オ=オーディション,ア=アーチスト,アイドル(ハロプロ除く),学=スクール関連