サイトトップへ

更新情報

検索する

AKB48主演ドラマ『マジすか学園』記者発表レポート


  Last Updated: 2009/12/06
本記事を無断で複製・転載することを禁じます。画像直リンク不可です。
© copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

2010年1月8日(金)~3月26日(金)にテレビ東京系毎週金曜深夜0:12~0:53に放送されるドラマ24『マジすか学園』の記者発表が行われました。(2009年12月3日 都内ロケ地)

このドラマは秋元康総合プロデューサーの企画・原作で、内容は一見地味で普通なのに実はケンカ最強な女の子(前田敦子)が、なぜかヤンキーばかりいる『マジすか学園』に転校してきたことによって一大勢力争いに巻き込まれる物語で、彼女たちのケンカ三昧な日常を笑いとアクションを押し出しながら青春のきらめきを描くドラマにしていきたいとのことです。

会見にはSKE48、SDN48のメンバーも含めて25名が登場しました。

AKB48
前列左から大島優子、前田敦子、篠田麻里子、小嶋陽菜、奥真奈美、秋元康プロデューサー
中列左から なちゅ(SDN48)、渡辺麻友、高橋みなみ、板野友美、柏木由紀、松井玲奈(SKE48)、宮崎美穂、多田愛佳、片山陽加
後列左から倉持明日香、河西智美、秋元才加、指原莉乃、北原里英、高城亜樹、仁藤萌乃、小森美果、仲谷明香、米澤瑠美、田名部生来

秋元康「この『マジすか学園』というのはAKB48でドラマをやろうというときに、アイドルグループにないものは何かなということと、AKB48の人数の多さで何かができないかということで、ヤンキーもの――よくあるパターンだとは思うんですが、面白いんじゃないかということで、テレビ東京さんと一緒にこういうドラマを作りました」

前田敦子「前田敦子役をやらせていただく前田敦子です。今回、歌を歌っているAKB48と、ドラマの中のAKB48はまったく違ったものを見せられるように頑張ります」
大島優子「優子役の大島優子です。見たとおりいろんなキャラクターが揃っていて、これからどういう風にストーリーが進んでいくのかを楽しみにしながら、ヤンキーという今まで挑戦したことのないはずなので(笑)頑張りたいと思います」
篠田麻里子「サド役の篠田麻里子です。なんでサドなのかはみなさんのご想像におまかせしたいと思います。AKB48の魅力が詰まったドラマになりそうなので、新たなAKB48を見つけられるんじゃないかと思って楽しみにしています」
小嶋陽菜「トリゴヤ役をやらせていただきます、小嶋陽菜(はるな)です。私はまだ撮影に入っていないんですけど、今日衣装を着てみてすごく撮影が楽しみになりました。私は今までヤンキーになったことはないんですが、いろいろと勉強して撮影にのぞみたいと思います」

前田敦子大島優子
左:前田敦子役の前田敦子(「マジ女」の2年C組に転校。いつもクールで無口。友達も作らず、争いも避けているがケンカをすると実は最強)
右:優子先輩役の大島優子(マジ女最強軍団 吹奏楽部「ラッパッパ」部長)

――ヤンキーの格好をした印象や役どころでのポイントを教えてください。
前田敦子「私は見た目がヤンキーではなく、むしろ弱そうに見えるので、ある言葉をきっかけに、これ言っていいんですか?」
秋元康「いいです」
前田敦子「『マジすか?』という言葉に反応すると豹変して誰よりも強くなるっていう役柄なので、その変化をどう見せていけるかというのを考えながらやっていこうと思ってます」
大島優子「ヤンキーのドラマということでケンカのシーンや殴り合いのシーンがあるんです。それを練習するのがとても難しくて、演技として様になるのが難しいと思いました。たとえばプライベートのときも(ヤンキーの練習を)やってたりします」
篠田麻里子「この格好をしたときに結構古いヤンキーだなと思ったんですけど、以前からヤンキードラマはやってみたかったので、すごく楽しみです」
小嶋陽菜「私はこのドラマが決まったときからメンバーとヤンキーっぽい言葉で会話して練習しました」
――ちなみに一番ヤンキーが似合ってるのは誰でしょう。
大島優子「なちゅ?」(笑)
なちゅ(SDN48)「ありがとうございま~す!」(笑)
篠田麻里子「なちゅです(笑)」

篠田麻里子小嶋陽菜
左:サド役の篠田麻里子(吹奏楽部「ラッパッパ」の副部長。入院で不在の優子の留守を預かっている。ラッパッパ四天王を束ねるマジ女最強ヤンキー)
右:トリゴヤ役の小嶋陽菜(ラッパッパ四天王の一人。鶏をこよなく愛する、トリゴヤの主)

――秋元さんにおたずねしたいのですが、AKB48がこの1年間これほどまでに快進撃をいろんな場面で見せてこられましたけど、その人気の要因は何かとお考えなのかというのと、この番組をきっかけにメンバーのみなさんにこういう風に成長してもらいたいということろがあれば教えてください。
秋元康「AKB48は本当にここ最近いろんな形で評価していただいてとてもいい状況にあると思うんですけども、それはこの4年間秋葉原の劇場を中心に公演を繰り返し地道にやってきたことだと思うんですね。劇場に足を運んでくださった方、コンサートに足を運んでくださった方、あるいはDVDを見てくださった方、そういう人たちが少しずつドミノ倒しのように広がってきたことだと思います。もちろんいろんなメディアが取り上げてくれたことがトリガー(引きがね)になっていると思います。

このドラマは、AKB48が面白いのはいろんなキャラクターがいるので、そのキャラクターの集大成になるのがこのドラマじゃないかと思うんですね。ですから、今回は多くのメンバーが出演して、演技初体験、ドラマ初出演の人もいるんですけど、その中でおもしろいキャラクターや演技を評価される方もいるでしょうし、ドラマや映画に出てるメンバーもいつもの役と違うので、どれだけ自分を壊せるかが楽しみだと思います」

――ヤンキー言葉を使うときにドスを効かせると思うんですけど、恐く見せるためにするコツがありましたら教えてください。
前田敦子「豹変するシーンを撮らせてもらったんですけど、自分が普段、どういうときに一番怒るかなとかを考えながらしゃべったら少しはドスがきくかなと思ってるんですけど、まだ探ってる段階なので私も勉強していきたいと思います」
大島優子「私、巻き舌ができなくて、巻き舌をしたら恐く見えると思うんですけど、できないので、ニューハーフの人をイメージしますね。声がしゃがれてドスがきいた感じがするので」
篠田麻里子「私はドスというよりも、巻き舌で頑張ってます」
小嶋陽菜「私は今までふわふわ生きてきたので、あんまりそういうしゃべり方をしたことがないので、今、メンバーが巻き舌と言ってたので巻き舌の練習をしたいと思います」
秋元康「たぶんみんな一生懸命役になりきろうとしてるんですけど、たぶんこの中に元ヤンキーがいると思うんですよね(場内笑い)。その元ヤンキーは昔がバレないようにむしら下手な風にやる、その人が本物のヤンキーだと思います」


【最強軍団ラッパッパ(吹奏楽部)】
四天王は前述のトリゴヤ(小嶋陽菜)と上の3人。
左:シブヤ(板野友美):ギャル
中:ブラック(柏木由紀):シングルマザー
右:ゲキカラ(松井玲奈):少年院おつとめ中で不在

左よりシブヤの舎弟・ダンス(矢神久美)、アニメ(仲谷明香)、ジャンボ(田名部生来)、ライス(米澤瑠美)、昭和(片山陽加)

――それぞれ役名がユニークですけど、役名を聞いてどう思ったかを聞かせてください。
前田敦子「私はそのまんま本名で、あだ名もないので、現場で『前田!』って言われるとちょっとびっくりします」
大島優子「私も本名なんですけど、みんなの役名を聞いているとみんなの特徴をとらえてるなと思いました」
篠田麻里子「私は“サド”なんですけど、どっちかって言ったらMなので(笑)、役的にサドの自分を演じてます」
小嶋陽菜「私は“トリゴヤ”なんですけど、呼ばれるようになってきてもまだ“トリゴヤ”がよくわからないんですけど、いつかわかればいいなと思います」
――このドラマは本気でぶつかり合うドラマですけど、みなさんはメンバーとぶつかり合うことはあるんでしょうか。
前田敦子「日ごろ、ぶつかり合うことはないです。お互い、思ってることを言うことはあるんですけど、ドラマみたいに『コノヤロウ』みたいになることはないです」
大島優子「あっちゃんが言ったとおり、言いたいことを言い合ってたりするので、手とか出したことはないです(笑)」
篠田麻里子「仲がいいので、タイミングも合わせやすいかなと思って、殺陣(たて)とか練習してるんですけど、よけ方とかタイミングが合ってます」
小嶋陽菜「私はAKBに入ってから一度もメンバーとぶつかり合ったことがないので、今回アクションを頑張りたいと思います」

――最後に秋元さんからメッセージをお願いします。
秋元康「AKBはいつも進化してなきゃいけないと思ってて、泳いでないと死んでしまう魚みたいなものだと思うので、いつも歩みつづけたいと思いますし、今回、後ろにいるメンバーが次々に現れて次々に自分のキャラクターがそこで炸裂するのでそれをぜひ注目していただきたいなと思います」

AKB48
【2年C組「チームホルモン」】教室でホルモンを食べながらだべっているヤンキー集団
左よりヲタ(リーダー:指原莉乃)、ウナギ(北原里英)、アキチャ(高城亜樹)、バンジー(仁藤萌乃)、ムクチ(小森美果)

AKb48

【続々と現れるマジ女のヤンキー】

AKB48 画像
左の2人:歌舞伎シスターズ(河西智美、倉持明日香)
右の2人:ネズミ女(渡辺麻友)、チョウコク(秋元才加)

AKB48 画像
山椒姉妹:小さいが3人集まると最強
(宮崎美穂、多田愛佳、奥真奈美)

このほかに、学ラン(宮澤佐江)、熱血生徒会長(峯岸みなみ)、松井(松井珠理奈)、エレナ(小野恵令奈)らが出演する予定です。


左:みなみ(高橋みなみ):前田の過去に絡む?
右:鬼塚だるま(なちゅ):勝利すると手羽先を喰らうヤンキー

放送は1月8日(金)深夜0:12~です。現在の『嬢王 Virgin』の枠です。テレビ大阪は3日遅れの月曜日深夜0:12から放送です。なお、番組のオープニングテーマ曲『マジスカロックンロール』は2010年2月17日発売のAKB48の15thシングルのカップリング曲として収録されるそうです。結構ロケ地は寒そうなので、メンバーは風邪をひかないように気をつけていただきたいです。(撮影・取材 岡田)

cover クイック・ジャパン87
太田出版
998円(税込)
2009年12月11日
cover AKB48の海外旅行日記
光文社
1,980円(税込)
2009年12月8日
・AmazonでAKB48のCDをサーチ
・AmazonでAKB48のDVDをサーチ
・AmazonでAKB48の写真集、書籍をサーチ

●関連記事

AKB48関連コラム

●キーワード検索

本記事を無断で複製・転載することを禁じます。
copyright(c)2002-2016 Scramble-Egg Inc.